asonikki
香房 やまぶどうの日々を追っかけます。
染織工房、ティールーム、畑の管理と結構忙しい日々です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年4月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/28 何と言う日だ
2020/01/27 搬入作業
2020/01/26 いよいよ明日
2020/01/25 ノンビリ気分
2020/01/24 一応終了

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 月 

2006/04/05(水) 上々でした
志布志の朝は大雨の大風、明け方の四時過ぎまでは星が見えてたんだけどダメでしたねー、でも、天気予報は午後から晴れ、それを信じていざ出発です、最初は日南海岸を走って鵜戸神宮、ここは小雨の中、でもそんなにひどい降りはなくて観光OK、そしてここを最後に雨はなし、良かったよかった、天気予報どうりですよ。この後のコースは宮崎のシーガイアだけど、ここはいけませんでしたねー、と言うか、我々の最初の予想通りというかなー、ホテルは最高級だけど人はいないでしょ、ドームは入るだけで二千円も掛かるって言うし、見るところ何もなしで簡単な食事をする所もなし、と言うことで、ここはアウトでしたね、でもね、そんなさびれきった観光スポットだから長居も出来ず早々に退散したでしょ、そのお陰で時間が出来たので霧島に入るのに遠回りのドライブコースを取ったわけですよ、そしたらこれが大正解、小林から生駒高原を通ってえびの高原で韓国岳を見てそれから七折れの滝と鳴尾の滝を見て5時には宿に到着したんだから、お天気も良かったしものすごーくいいドライブでしたよ、ビジターセンターで食べたお饅頭はなかなか結構でしたよ。
今日のお宿は全室15部屋の小さな旅館、お食事は全部部屋食で仲居さんが付いてお世話をしてくれて布団の上げ下ろしもしてくれる昔ながらの旅館ですね、こんな所に泊まるのはほんとに久しぶり、温泉も部屋から出て階段を下りるとすぐだし、おまけに貸切状態でゆっくり温泉タイムを楽しんじゃいましたねえ、ちょっと古びていて襖がちょっと破けていたりお風呂が暗かったりしたけど、お食事はとってもGood、お造りおいしい、黒豚のしゃぶしゃぶおいしい、黒毛和牛の石焼ステーキおいしい、量も適当、大変結構、ただ、食前酒のレモン酒だけはダメでしたねー、 でもでも、朝のお天気からは想像も出来ないような回復振りで、まっこと結構、上出来の一日でございました


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.