asonikki
香房 やまぶどうの日々を追っかけます。
染織工房、ティールーム、畑の管理と結構忙しい日々です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年3月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/13 ほぼ予定通り
2020/07/12 終了
2020/07/11 見つかった
2020/07/10 予定通りには
2020/07/09 また探してる

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 月 

2007/03/04(日) うれしい誤算
泊まったホテルはほんとまずまず良でしたねー、スリープインだけど安くて部屋綺麗、広い、朝食OK、ロケーションも悪くないし、ここに二泊だから良かったですよ
今日は朝から虹を見ました、これが良かったのかなー、思いもかけない誤算でしたよ、雨の予報が晴れ、何ということでしょう、とってもうれしい、有り難い外れ天気予報でしたねー、午前中小浜島で午後竹富島に、見ましたよー、コバルトブルーの珊瑚礁の海、白い綺麗な砂浜、昨日とはものすごい違いなのでありまして、何とも気持ちの良い快適な観光になったのであります、なんと贅沢なことに暑くて困るくらい
小浜では特にどうするか計画もなかったので、先ずは桟橋で客集めをしていた観光バスに乗ることにして島内を一周、これがゆっくりゆっくり走っても一時間強、このバスもアタリでしたねー、運転手兼切符切り兼ガイドの方のお話がとっても愉快でなんとも楽しい時間でしたよ、それにとても親切だったから気持ちのイ〜一時でしたね〜、そのバスのお勧めではいむるぶしで竹富島までの船の時間まで休憩兼昼食、ここでも風はあったけど、青い空と青い海、そして白い砂浜、そこに居るのは我々だけ、十分南国の島の旅を味わいました、結構、結構
竹富には2時ごろに着いて、先ずは竹富島で待望のグラスボートに乗ってさんご礁の海をお散歩、キレイキレイ、サンゴにブルーや黄色なんかの沢山の色があるのを始めて知ったし始めてみましたよ、水槽の中でしか見たことなかった熱帯の魚が実際にコバルトや黄色やオレンジの色で泳いでいるんですからね〜、感動ものですよ、それから、これも最初から予定に入れていた水牛車に乗って、竹富の古い建物が保存されている屋並の中をお散歩、引っ張ってくれた水牛はカイジ君という牛さんでした、このあとちょっとだけ時間があったので、以前の職場でのお知り合いが学生時代に長逗留をしていたと言う民宿を探して行ってみたのですが、残念ながら何処にも人影が見えず、でした
夕方6時ごろに石垣着、同じホテルに連泊、ここは朝食のみで夕食なし、じゃによって、またも食事場所を求めて町をふらふら、やや歩き疲れたところで結局昨日と余り変わらないようなお料理屋さんでアラカルトメニュー、最後に町で買ってきたマンゴーを切ってもらってみんなで頂きました、マ〜、みんなでワイワイ、ガヤガヤやって食べる食事もいいもんです


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.