asonikki
香房 やまぶどうの日々を追っかけます。
染織工房、ティールーム、畑の管理と結構忙しい日々です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年10月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2019/11/14 急がないと
2019/11/13 嬉しい事
2019/11/12 よく眠る
2019/11/11 なんとなく終わる
2019/11/10 久しぶり 脱走

直接移動: 201911 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 月 

2008/10/18(土) 焼けたかも
いつもより少し早めに起きだして、今日は土曜日で開店日だけど臨時休業、今月は二週間もお休み無しにがんばりましたからねー、で、休業にしておいて久しぶりにPVの作業をお手伝いに波野までお出掛け、今日の作業は、3月に野焼きをするために輪地切りをしたところ、要するに防火帯になるところの野焼き作業、細長く帯状に草刈りをされた所に火を入れて枯れ草を焼くので、草を集めたり燃えた後の消火を確認したり、兎に角広い面積の所だし、火を原野に入れる訳だし、それに斜面の足場の悪い所もあったりするので、人手が必要な作業なんですねー、で、ボランティアが登場する訳、やっぱり阿蘇に住まいするからには、この阿蘇の特徴である草原の維持のための野焼きに協力しないわけには行きませんよ、かと言って、本物の牧野組合の方たちが3月に実施する野焼きには参加できないから(参加する方法はあるけど)このPVの作業は貴重な経験なのですよ
波野に集合して10時ごろからお仲間の人たちと草原に入って火入れ、残念ながら、草が良く乾燥していなくて燃やせない所もあったけれど、それでも燃やした所では火炎が3m以上もあがるような燃え方をして、近くで作業をしていて熱いこと熱いこと、ンで、急に風向きが変わって自分がいる方に火炎が来たりして、少ない髪の毛の先っぽがちょっとだけ焼けたみたいです、本番だと火の真ん中に入ることはないだろうけど、よく注意をして作業に当たらないとだめだと言うことは良く分ります
3時には帰宅したから、6時間くらいの作業だったけど、少々お疲れでした、帰宅して何かやろうと言う気が起こらなかった、夕食までお昼寝タイムになってました、ヤーですねー年寄りみたいで
これで明日から普通の生活に戻ります、来週末にはお客さまをお泊めするから、一週間はそのための準備、お片づけとお掃除、普段やってませんからねー
雑誌に小さな広告を載せるための写真を精査、いざ我が工房の写真をと思うとなかなか見つからなくて、外観の写真がいいかと思って探してもなくて、結局新たに撮影してみたけど、なかなか納得が行かない、最終的にタイムリミット、妥協の産物になりました


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.