asonikki
香房 やまぶどうの日々を追っかけます。
染織工房、ティールーム、畑の管理と結構忙しい日々です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年12月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2018/05/23 早い
2018/05/22 やっぱり駄目です」
2018/05/21 結局70%処分
2018/05/20 天気良好につき
2018/05/19 今日もダメ

直接移動: 20185 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 月 

2008/12/31(水) 寒い日になりました
いよいよ12月も31日、大晦日ですねー、今年の最後の仕事は神棚のしめ縄作りでした、全く上手には作れていないけれども、一応自分でイメージした物にはなったように思うのですが、どんなものであれ自分で作ったと言うことがベスト、と奥さまが申されるのでがんばって見たのでした、夕食の前に、しめ縄を新しいのに取り替えて、みんなでお参りをしてから、テーブルを囲んで夕食、煮しめにブリの照り焼き、大根のなます、ごまめに吸い物、マアマア時季の惣菜になってました、例によって紅白を見て、テレビで除夜のカネを聞いて、新年が明けました
外は薄っすらと雪化粧、それ程寒いとは思えないけど、夜になってから氷点下が続いてますね〜、明日はお近くのお知り合いと初日の出を拝みに行こうと思うのですが、お天気が心配、昔、遠州灘でご来光を見て以来かなー、ここ何年かは新年が明けてからすぐに地元のお宮さんに初詣をして寝てしまっていたから、ご来光とは縁がなくて、今年はどうなりますか?
今日のお昼はとっても幸せなことに、温泉に行ってゆっくりして、昼食は芦屋がご馳走してくれました、良かったですねー、他人からご馳走していただけると言うのは

2008/12/30(火) 贅沢な食卓
薄曇りで強風の吹く肌寒い日になりました、今日から芦屋が3人、2日までステイです、彼らはもう十数年以上、我が家を実家のようにして、盆暮れを規則正しく我が家で過ごしています、歳は我々とそんなに沢山は違わないと思うのですが、決して彼らの親になりうるものでもないし、でも、嫌がらずに訪ねてくれるのは嬉しいもので
お昼前に空港に迎えに行って、我が家でみんなと昼食、それからはみんな何をするでもなく、食っては寝てテレビを見てのグウタラ生活、これが何時もの我が家の年末風景ですなー、その彼らが、今回はこの日に合せて、海産物のお取り寄せを手配していたようで、夕方、宅急便で届いたのは、ナント、四国からの活きのいい新鮮な生牡蠣が30数杯、5人で食べて一人6個以上ですよ
と言うことで、今夜の我が家の食卓は蒸した殻付きの牡蠣が一杯、それにこれも彼らのお持たせの、神戸中華街のシュウマイと餃子、キッチンで作ったのはご飯と味噌汁だけ、なんとも我々には楽でそれでいて豪華な食卓になりました、朝の内は、夕食はどこかへ食べに行こうか、なんて話していたのですが、そんなことをする必要もなく、とっても贅沢な食卓となりましたよ、結構結構
明日からは、お餅と作り置きの煮しめや酢の物だけで、食べることは心配なし、ホントにノンビリ過ごせそう、したがって、奥様のもやっと年賀状に筆を入れることができると思うのですよ、でも、投函は年が明けてからかなー

2008/12/29(月) いよいよ年の瀬
お天気がくもりの予定だったから、何となくやる気がなくてノンビリ、でも思った以上にいいお天気、そうなると何もじっとしている理由はないから、年末でもあるし、芦屋も来ることだし、ちょっとは年末らしいこともしなきゃ、と言うことで工房とティールームのガラス拭き、ロフトの方もほぼ一年ぶりくらいのガラス拭き、掃除機も掛けてちょっとは綺麗になったかなー、と思います
夕方になってから、水道の蛇口に付ける浄水器なるものを買いに行ったのですが、町のショッピングセンターに入っている電気の量販店、会社としても結構大きな会社だと思うのですが、7・8種類並んでいた浄水器の中から一点をチョイスして、店員にこれ下さい、って言ったら、ナント、この商品はお取り寄せです、との返事、驚きでした、ソ〜言う時代なのか、ソ〜言う量販店なのか、ここが田舎だからなのか、兎に角、電池や蛍光灯その他の消耗品や小物は別にして、その他の殆んど物が展示してあるだけのようです、買う人がいるとその都度商品を取り寄せて売っているみたいでしたよ、今まで住んでいた所だとこんなことは考えられないことで、よほど大きく高額の商品でない限りすぐに手に入ったものですが、ここでのルールはちょっと違うみたいです
奥様がお正月のために煮物を作っていたのですが、その中に我が家で作った里芋と頂いた里芋を使っていて、これが明らかに差異があって誰が作ったものか分るのですねー、これはかなりのショックです、当然、頂いた農家の方が作った里芋の方がはるかに柔らかくてホカホカしていてオイシイ、のです、自分が作ったのも不味くはないのですが瑞々しさやホクホク感がない、のです、いただいた時に、まだ掘ったばかりで土がかなり付いており、おや、我が家の土となんか違うなー、と思ったのですが、ど〜考えてもこの差異の一番の理由はこの土の違いじゃないかと思うのです。きちんと管理され手入れの行き届いた畑の土はやっぱりおいしい作物を実らせるのですよ、やっぱり基本は土

2008/12/28(日) おとうはテラスで藁打ち仕事
お天気が悪くなると言う予報だったので、室内のお片づけ、奥様の方も工房を片付けて、不要なものはダンボールや衣装箱に入れて、隣のお家に運びました、ダンボールに10個ほどは運んだと思うけど、なんかそれ程片付いたと見えないんだけど、隣は倉庫代わり使う心算なので、行く行くは下の倉庫に入れている反物や布団なんかも移したいのですが、今日はそこまでは出来ませんでした
午後、数日前にお正月のしめ縄を作ろうと思って、お知り合いから稲藁を貰っていたので、見よう見まね、縄なんてなったことはないのですが、耳学問だけでテラスにシートを敷いて、木槌で少しずつ藁を叩いて柔らかくして、先ずは二本の縄をなってみました、どうにかよれて縄のような形にはすることが出来ました、そんなことをしていたら、タイミングよく農家のお知り合いが里芋を沢山持って来てくれました、これ幸い、しめ縄作りのレクチャーを受けることに、さすが地元農家の方は大したもので、これはこーする、と見本を作ってくれました、それもものの5分か10分程の間でですよ、そもそもしめ縄にする藁は黄色くなるまで乾燥はさせないそうで、日陰に干して作るもので、藁打ちは少し水で湿らせながら、前の日の夜にやっておくものだそうで、なるほど、で「おとうは土間で藁打ち仕事」になるわけですねー、伺うと、村の人でもしめ縄を作れる人はそんなには多くないそうで、私は国宝級と笑ってました、作り方が大体分ったので、帰られてから自分でも再度まともなものを作ってみましたが、見本にははるかに劣るけれど、マ〜使えるかナ〜、と言う程度の出来で、少々満足、今年はこれに飾りを付けて玄関と神棚のしめ縄飾りにしましょう、結構、結構

2008/12/27(土) いまだ出来ず
お天気が良いので、今日こそはと心に決めて、野ざらしにしていた薪を切り揃えて小屋に積みました、朝から初めて夕方まで、やったのはこれだけ、切っては運び、積み上げる、至って単純作業の連続、の筈なのですが、もう一年以上放置してあったサクラの木でありまして、腐れや虫食いで状態はかなり悪いわけで、薪に使えるのは当然木質のしっかりしたものでなければ困る、で、腐れの酷いのは取り除き、皮を剥いで虫を除去しながら、選別をしながらの作業となったのでありました、運んできた時に間を置かず薪にしておけば何のことはなかったのですが、放置したのは自分、仕方ありません、そんなことを言いながらも、まだぶどう棚の下に薪にしていない木が積んであります、こーなった理由は薪小屋の不足、集めてきた木に見合うだけの小屋を用意できなかったのだから、ホント、致しかたのなかったことなのですよ、この冬になって薪を使うようになって、小屋にスペースが開いたから、ぶどう棚の下も処理が出来る筈、もう一段と馬力をかけなきゃ
今日は27日、今年も残す所4日です、4日しかないのに、まだ、まだ年賀状が発送できずにいます、と言うより書けていないのです、毎年のことだけど、明らかに去年より遅れてます、年賀状は全部PCで作るけど、ここまでは昨日になってやっと完成、でも、一年に一度のことだから、ちょっとした言葉を添えたくて、これが出来ない、お天気が良いと思うと昼間の時間を室内で過ごすことに使うのが勿体無くて、夜しか時間がない、でも夜は疲れてテレビを見て終っちゃう、というのが現実、奥様の方もタピ作りに追われているみたいで、夜はダラダラになっちゃう、年賀状は完成しない、たぶん、たぶん、ですが、今年の年賀状は1月になってからペンを持つことになるんじゃないでしょうか、とりあえず、出来た分だけでも順番に出していこうと思います

2008/12/26(金) 師走と言えども
なんか久しぶりにお日様の顔を見たような気がします、毎日、雨だったり曇っていたり、ハッキリしませんでしたから、今日は朝から快晴、夕陽が西の空に沈むまではっきりと見えましたし、夜の星空も誠にきれい、それ程の冷え込みもなかったので、7時ごろにカメラを担いで畑に出て、星の写真を撮ってみました、PCの画面で見る限り、天の川の満天の星たちが写っているように見えるのですが、果たしてプリントにして分るかどうか、でもでも、自己満足してますよ、オリオンは形がハッキリしていて分りやすいと思うけど
師走と言えども我が家はいたってノンビリ、奥様だけはお正月用のタピを納品したいからとちょっとだけがんばってるけど、今日は午前中だけ二階のお掃除、ベッドメーキング、その程度で、午後からは外で土いじり、結構ゆっくりしてしまいました、本当ならもっともっと綺麗に片付けなきゃいけないところでしょうが、これも歳を取った所為か、気力のなさで、正月と言うけじめの時をど〜過ごそうとど〜でもいいような気になっていて、片付けたり掃除をしてりと言うことに熱心になれませんナ〜、そんなことよりも、畑はマルチがそのままに放置してあるし、夏野菜も枯れたままでそのまま放置、ハウスの中なんて枯れたトマトでお化け屋敷みたいになってます、私的にはこちらの方が先に手をつけなきゃいけないような気がするんですねー、マ〜兎に角、ここでの生活は自由奔放勝手気まま制限なし、出来ることを出来るように、やりたい事をやれるように、ダレも文句を言う人はいないから

2008/12/25(木) 昔と違う?
朝のうちは少し雨も残っていたけど、次第にお天気は回復、でも終日、陽が射さないから肌寒いこと、冬なんだから当り前だけどストーブがなければ生活はできません
朝、ちょうど着替えを終ったころにお知り合いの農家の方が、お米とお餅を持って来てくれました、まだ髪の毛はボウボウだったけれど、マ〜田舎でのお付き合いだから細かいことには気を使わないことにして、でもちょっと恥ずかしかったかなー
午前中に、南のお友達を空港まで送ってあげて、帰りにちょっとお野菜や食べるものを買って帰ってきましたが、行く時の峠越えの時、視界100mを切る位の酷い霧の中を走りました、元々車の数の少ない所だから良いけど、少々緊張を強いられましたよ、買ってきた野菜は早速カートンに詰めなおして京都に発送、これで今年中の地方発送は終了、これからは対外的には何もない予定、年末に芦屋が来るまでは家の中のことだけに専念します、一応正月を迎える前には、大じゃなくて中掃除くらいはやらなきゃいけませんからね〜、昔と違って、イブだクリスマスだ、と言って何かやるわけじゃなし、自分たち二人だけだと全く何時もと同じで、ど〜と言うことはない、でも、年末近いとお掃除だけはやらないと、なんかいけないような気がして、まだ数日有るから、少しずつ片付けようと思いますネ

2008/12/24(水) 今日も寒い
多少陽は射すけど曇り空、夕方には雨が降り出しました、ただ、午前中はまだ少しは陽射しがあったので、二日ぶりに切り干し大根を外に出して天日干し、お昼過ぎまで干して取り込みましたが、今日でほぼ完成、蛇腹切りにした方はまだまだ乾燥が必要ですが、で、切り干し大根を作るために出していた台やすだれ、ネット等を雨の降る前に全部倉庫に片付けてしまいました、一応今年の大根作業は終了ですから
夕方近くになってから、薪の運び込みをしました、前回は確か一週間前の頃だったと思うのですが、それが今日で終了、もう下から運んでこないと燃やすものがない状況で、がんばって一輪車3杯分を運び込みました、たぶんこれで4・5日はもつと思います、毎度の事ながら手元に薪がないのはなんとも不安で、たとえ3日分でもベランダにストックがあるとちょっと安心するんですねー
明日から南のお友達は東に一時帰省されるので、今夜は久しぶりに我が家でお食事会になりました、南のお友達とご一緒するのはほんとに久しぶり、食事の後も何やかにやとお話は尽きず、ちょっと気になったこと、来年の村長の選挙にお知り合いが立たれるとの事、また村議にもお知り合いが出ることを予定されているようで、来年は、ことに2月はいろいろありそうな感じがします、そんな話しとは別に、また4人でカナダに行きたいねー、なんて、夢のようなお話に花が咲きました、でも、ホントに行けると嬉しいけどなー
今朝も寒い朝でした、朝、8時前の30分ほど、外に出て我が家の周りをカメラで覗いて、寒さの象徴、霜柱や葉っぱに着いた霜、バードバスに張った氷、小さなものを写真で大きく見ると、また違った美しい造形美があったりして、面白かったなー、寒い朝もいいもんダ

2008/12/23(火) 寒い日
寒い日になりました、一日中薄曇り、空気がとっても冷たくていかにも冬、って感じがしましたよ、こんな日だからいくら祭日だと言え絶対にお客さまはないだろう、と思いながらも、昨日みたいなことが起こるから、ですねー、今日は出足が少し遅くなったけれども、9時過ぎからパンを作り始めて、12時半にはこれを完了、折角オーブンに火を入れているので、同時進行でパウンドを二本焼いて、もう一つ、久しぶりにチョコレートケーキも焼いてみました、これはクリスマスも近いことだし、焼くのに150度程度のオーブンに入れるので、燃料を余り気にしなくてもイイから、それに、たまには作っておかないと手順を忘れてしまうから
で、予測どおりお客さまは無し、オーブンをフル稼動してパンとパウンド二本とガトーショコラを一台焼いたのですが、奥様の方も今日はお店の仕込がなくて、お正月用の料理の予行演習みたいなことやっていらっしゃいました、レシピを見ながら伊達巻卵に初挑戦、それから我が家の里芋や椎茸を使って筑前煮を作ってましたよ、勿論これらは夕食のおかず、年末も近いし、今年は別にして、来年はおせちを自家製にしようか、なんて、今から来年、じゃなくてその先の年のお正月の話しをしてましたねー、こんな時、鬼は笑うのか泣くのか、どうなのかなー
朝の寒さ、余りに寒いと地面は氷の柱に持ち上げられてしまうのです

2008/12/22(月) 効果あり
雨が降ったり、一時は白いものが混じる寒い一日になりました、こんな日だから、我々の感覚ではもうお客さまはないだろう、と、マア何時ものノンビリさで午前中を過ごしておりました、12時半後に電話、お客さまです、自分たちが勝手な予測でないと思っている時に限ってこういうことになるのですねー、とってもありがたいことなのですが
お客さまは関東から車でご旅行中の方のようで、我が家を観光雑誌を見て来て下さったとか、すごいですねー、雑誌の威力ですよ、自分たちが広告を載せているわけじゃないけど、相手の方で載せて下さっていて、だからそんなに目立つような記事じゃないと思うけど、活字はすごいですねー、効果あり、です

2008/12/21(日) ダメだー
朝早くから一日中雨です、お昼を過ぎてからは少しは小振りになったけど、全く止む気配のない雨模様、こういう雨も久しぶりです
雨だから、でもないのですが二人揃って今日はやる気なし、どうしてもやらねばならないことは昨日の内に済ませているので、今日はお客さまが来られたらその対応をするだけ、だから客待ちと言えばカッコいいけど元々お客さまが来られる確立は少ないわけで、いつもなら何か仕事を見つけてゴソゴソと動いているのですが、今日はダメでした、奥さまは我々の食事の支度とちょっとしたお買い物に出ただけで、後はTVの番でしたよ、こちらはPCに向かって、今頃になってやっとのこと、年賀状の作製準備、まだ準備です、どの写真を使ってどんなデザインにしようかと考え中、で、どこかから素材を探そうと思ってCDドライブにディスクを入れたのですが、ど〜したことか、動きませーーーン、ドライブが反応しない、調べてみたらドライバが見つかりませんと出る、ど〜したものやら、一時間ほど格闘したけどダメでした、昔の経験で、困った時は一度電源を落として再起動、しかしダメなものはダメ、毎年、いざ使おうとするとトラブル、って事が良くあります、ヤーですねー、とりあえずディスクを使わないで年賀状を作ることに専念した方がいいように思います、ドライバはどうにか探して入れようと思うけど、できるかなー

2008/12/20(土) 今日でお終い
はじめは雲が多くて、このままお天気は崩れるのかと思って大根を出すのをためらっていたけど、10時過ぎ辺りから雲が取れていいお天気になりました、そしたらやらなきゃいけません、干す場所を整えて簾を出して切干の大根を天日にさらします、夕方まで干して3枚のうち一枚は今日で完成です、綺麗な切り干し大根が出来ました、残りの2枚はまだ乾燥が必要です、大根の作業はまだあって、蛇腹に細長く切る方の大根は今日の夕方まで掛かってやっと全部切り終えました、切る方の作業は今日でお終い、これからは毎日お天気を見て天日乾燥の作業が続きますが、速くやってしまわなくてはならない作業はとりあえず終了しましたから、ちょっと安心
さて、今日は土曜日、年末でお店のお客さまももうないだろうと思うのですが、かと言って早々と閉めるわけにもいかないので、朝からパンを焼いて、お茶に出すクッキーもなかったので、これも焼いて、奥様もランチの準備をして準備万端、いつでもOKの体勢を整えました、でもね、こういう時に限ってお客さまはないのですね〜、焼きたてのパン、出来たてのジューシーなハンバーグが、最高のおいしさで食べれるチャンスなのですが、ナンなんですかねー、いつも今日お客さまがあれば良いのに、と思う時にはなくて、今日はお客さまは来ないでしょうと思っていて、心の準備のない時にお客さまがある、思うようにはなりません、こういうことがあるから決意をしてもダレちゃうんですよねー
昨日の夜、余りに星空が綺麗なので、夜空の写真を撮ってみました、夜空を写すことは今までなかったのですねー、フィルムの時は仕上がりを見るまでに数日の時間が掛かったから、それに写してもプリントは相手任せですから、でも今はデジカメ、写したらすぐに確認が出来るから、やはり三脚を載せても多少のブレがあるのか何か分らないけど、思ったよりは綺麗な星が写ってました、これ、なかなか結構

2008/12/19(金) とっても心配です
このところお天気が続いていて、朝起きると一面霜が降りて真っ白、とてもきれいデス、これも毎度のことだけど、9時ごろになると霜も段々解け始めて草や土の色になっていくのですが、なんでもないホンのちょっとした影の所だけは解けないで白いまま残るのです、物干しの細い竿だったり桂の幹だったりその影だけが白い、畑の畝も左側は解けて湯気が上がっていて、右側は影で白いまま、改めて太陽の力強さに驚きます
午前中、もう年末に近いしお客さまもないだろう、なんて勝手に思って簡単に準備だけして、二人とも大根を切ったり里芋を整理したりして、テラスでおにぎりの昼食を食べてました、そしたらナント電話でランチの予約があって、来られたのは東京からの旅行客、レンタカーで観光されているようだったけど、何度も道を確認しながらお訪ねくださいました、で、かなりゆっくりとお過ごしになって、帰られる折、空港まで何分?と言うご質問、飛行機の時間をお聞きすると、もう既にフライトまで一時間有るか無いかのギリギリの時間、急いで我が家を出ていただきましたが、間に合ったか、とっても心配です、レンタカーの返却まで考えると、とても無理な時間だったと思うのですが、ご来店のときにでも、所要時間を確認くださると良かったのですが、無事にご帰宅であれば結構なのですが、心配
お客さまがないなんて思っていてはダメなんですねー、前のお客さまが帰られてすぐに今度はお茶のお客さまがお見えでした、こんなのまったくの想定外、なんて言ってる様では、これから先またまた心配です、明日は朝からパンを焼いて、お客さまがお見えになっても焦らないよう、ちゃんとやるべきことをしっかりしようと思います、ちょっとした、決意

2008/12/18(木) がっかり
ついさっきまでテレビを見ていて、PCの前に戻ってきたら、このPC、勝手に自動更新をして再起動が掛かってました、TVは「風のガーデン」の最終回、楽しんで見ていたものだから、この日記も書きかけのままで約一時間放置、まさかねー、勝手に再起動をかけるようにはセットしていなかった心算だから、どこでど〜したものやら、がっかりでした
風のガーデン、結構でしたねー、キャスティングも良かったし富良野でガーデンと言うのも誠に結構、広い草原、森、風、雪景色、どこかイギリスの庭園を思わせるような花の庭で、ハウスには大きな窓、白いカーテン、ピアノ、ユリ椅子、薪のストーブ、ラストシーン、車の跡だけが土のままに残った周りに咲いていたエゾエンゴサクは綺麗でした
がっかりがもう一つ、朝から夕方まで、薪切りのお仕事で、もう一年以上畑の隅に放置していた木で、殆んどがサクラ、いつもやらなきゃいけないと思いつつ、何となく後回しにしてもう一年以上も雨ざらしにしていたもので、サクラは腐食が早いと知ってはいたのですが、案の定で、長さに切って叩いてみると、軽くてすぐ折れてしまうものが幾つも出てきて、それでもある程度太いのは芯までやられてないから、薪にはなるのですが、切っては叩いて腐食したり虫に食われてボロボロになっているところを排除して、小屋に積み上げていました、伐採してきた時にすぐに薪にしていれば、これらの木ももっと有効に使えたものを、グズグズしていたばかりに、余計な手間も掛かってしまって、オソマツでした
今は月の出が遅くなていて、今日の夜空も真っ暗の闇の中で沢山の星がキラキラ綺麗に輝いています、月明かりも良いけど、月のない星空もいいものですねー

2008/12/17(水) お仕事沢山
12月の中旬としては暖か、風もなく穏やか、とても気持ちのよい一日です、こんな日は何となく落ち着かないんですねー、時間が勿体無い、畑でやることは一杯あるから、もっともソ〜思いながらも朝起きるのが遅いものだから、実際の活動は10時ごろからになってしまうのですがね
今日のお仕事、蛇腹の切干にするために天日干ししている大根を外に出す、普通の切干を干すための場所作り、大根をベンリーナで切る、畑の大根を全部抜く、抜いた大根を水洗い、洗ったら切る、切ったらそれを干す、ここまでやって午後3時、結構時間の掛かるものなのです、それから暗くなるまでは里芋の収穫、まだ種類の違う里芋が3分の2ほど残っていて、今日はそれを全部掘り起こしました、残念ながら前回のような立派な里芋は少なくて、でも、マアマアの出来で、とりあえず倉庫に収めて今日の作業は終了、収穫したり手を加えなければならないものはここまでですから、これからはほんとに片付け仕事になります、明日もお天気が良い様だから、次の最優先は薪つくりですかねー、野積みしている木を長さに切る作業、これをしないと何となく不安になってきてます、本格的にストーブを使うようになって、目に見えてストックの薪が少なくなっていくのです、薪がなくなるというのはかなりのプレッシャーになりますからね〜
改めて食卓の上を見て二人で笑ってしまいました、夕食は、昨日から煮ていたブリ大根、大根葉の炒め物、切り干し大根、大根のお味噌汁、大根のオンパレードでした

2008/12/16(火) 今日のは上出来
車のパンク、ディーラーが朝8時前に来てタイヤを外してもって行きました、タイヤだけを工場に入れて修理をし、夜9時ごろになって修理したものを装着して完了、と言うことで、車は目の前にあるけど一日使用不可でした、で、午前中に軽トラでゴミ捨てに行ってついでにホームセンターでお買い物、改めて、ここでは車がないと生活できないと実感です、普段はそんなに意識することはないけど、今日みたいな日は軽トラでもあって大助かりですよ
初めてのことですが、お近くのオーナー夫妻とお昼のランチにお出掛け、これもはじめは我々の車で一緒に行く予定だったのですが、昨日になって急遽変更、相手の車に乗せてもらいました、ランチのお店は、20分くらい行ったところの新しく開かれた別荘地の中の一角で、開店してまだ一年未満だそうで、洋食、メニューが4つくらいで1800円から、アラカルトは無し、ロケーションは北に大きな開口部があって五岳が正面に見えて、これは最高にGood、雰囲気お味も良、この辺りで時には食べにいっても良いかなー、と思えるお店でしたねー、でも、別荘地の中で、メインルートから少し山に入らなきゃならないから、集客は難しいかも、オーナーは市内から通っているようで、1月は開けるけど2月は一ヶ月間閉店すると書いてありました、それが正しい判断なんでしょう、道中での話だけど、この辺りの人たちは外食をするという習慣が余りない様で、レストランがあっても地元の人ではなくて殆んどが観光客と言うことが多いと言うのです、何をするにしても商売は難しいです
畑の大根、今日もお知り合いにおすそ分けして、ついでに里芋も貰っていただきました、で、少し在庫が減ったので、畑の里芋を掘り起こしました、今日掘ったのは以前のと種類が違うのか、よく分らないけど、掘り起こしてみたら大きくて立派な里芋が出てきました、今日のは市場に出しても十分売れそうな芋で、上出来です、この位のだと親芋から外すのも楽で綺麗に収穫することが出来ましたよ、時間が無かったので畝の半分くらいしか掘れなかったけど、コンテナに7分目くらい、夕食前にちょっと味わってみたくなって、手ごろな大きさのを5・6個、蒸かして柚味噌で食べてみました、やはり大きいのはおいしい、フカフカ、ホクホクで、お陰で夕食のご飯はほんの少ししか食べれませんでした

2008/12/15(月) 不作、不出来の日
お日様の照らない肌寒い日になりました
今まで奥様の方の予定が入っていて、何となく余裕のない日が多かったこと、なんかを理由にして、畑の大根を抜かずにいたのですが、今日から我が家の大根の収穫を始めました、今までの成長具合から、決していい出来ではないと思ってはいたのですが、抜いてみて、予想以上に不出来でした、長くて立派なできばえのは3分の1くらいで、大半は短くて細くて、何とも貧弱な大根でした、我が家用に50本くらいを取って、オソマツなできばえではあるけれど、南のお友達が貰って下さると言うので数十本、お近くのオーナーが切干大根を作ってみたいと言うので、ここにも差し上げることにしました、不作だからと言うこともあるけど、いろいろなことをやるのも数回の回を重ねてくると少々興味も薄れてきていて、切干も沢山一杯作ろうと言うモチベーションが上がってこないのですよ、だから大根でも里芋でも、畑で放置されたままで、懸命になってどうにかしなければと言う切迫感はないのです、いいことではないと思うけど、歳の所為もあるかなー
昨日、奥様が買い物から帰る途中で何かを踏んだようだと言っていたので、夕方になって買い物に行く直前にタイヤを点検した所、ナ、ナント、ピンクの丸いプラスチックが後輪のタイヤにへばり付いていました、厚さが5ミリ、経が15ミリ位、ナンだ、と思って取ろうとしたら、ちょっとした力で取れました、取れたそのとたん、シューっと言う音と共にタイヤの空気が抜けていきましたよ、最悪です、取れたのは経5ミリ長さ10ミリくらいのナットみたいでした、それがうまい具合にタイヤに刺さっていたみたいで、抜いてしまえばチューブレスのタイヤは空気が抜けるのは当たり前、最悪なのは、今時の車はスペアタイヤを積んでなくて、パンク修理はエアーゾルのエマージェンシーセットが積んであるだけ、でもこれでは5ミリの穴は修復不能だと思われたので、モ〜諦めです、すぐにディーラー電話して修理を依頼、しかし修理を完了させるには相手の都合もあって2日くらいはかかりそうです、お買い物は仕方なく、軽トラに二人で乗ってお出掛けしました、なんか付いてない一日でしたねー

2008/12/14(日) ご近所様とお餅つき
朝の内はお天気が心配だったのですが、徐々に良くなってきて、そりゃ冬ですから寒いことは寒いのですが、風もなく穏やかで気持ちに良い日になりまして、今日は以前から予定されていたご近所様とのお餅つきの日、ペンションのお庭をお借りして、ご近所、6軒でお餅つきをしたのです、今年で4回目、かな? 会費は1000円、つくもち米はそれぞれの家庭の必要量だけ、我が家は1臼分だけ、多い所は4臼とまちまちだけど、焚き火をして暖を取りながら、薪のカマドでお米を蒸して、木の臼で餅つき、ついた餅は丸めてそれぞれ持ち帰り、途中でおでんを食べたりつきたてを大根おろしや餡餅にして食べたり、勿論、飲める人はお酒を飲みながら、ホントに和やかなご近所様とのお付き合いの一時です、終了後は、今年はイタリアからの若い女性が居候していると言う別のペンションに場所を移して、ご飲食の会、皆さん本格的にお飲みになって、イタリアのお嬢さんがピザパイを焼いて、我々は山芋をたっぷり入れたお好み焼きを焼いて、和気あいあい、おでんもおにぎりもあって、お腹も気持ちもすっかり満足、帰宅もすっかり遅くなって8時を回っていました
一年に一度、年末の年中行事、結構な一日でした、その間、奥様はお一人でお店のお留守番、ティールームにお客さまがあったそうだけど、がんばっていただけたようです、オツカレサマデシタ

2008/12/13(土) 何でか不調です
少々寝不足だけど、そんなのが理由であるわけは絶対にないけど、前回からどうもパンが何時ものように焼けません、なんか違うんですねー、一時醗酵からして生地の出来が違う、滑らかな綺麗な肌に仕上がらないのです、今日も、お昼にお客さまがある予定で、朝一でパンを作り始めたのですが、手順は何時もと同じ、何回もやっていることだから、ソ〜は間違った手順を踏んでるとは思えないし、でも、醗酵後の生地は綺麗じゃない、粉を国産に変えたから、少しは今までと違うのは理解できるけれど、国産は今までも使ってきて同じようにパンを焼いてきているのに、今回はなぜか綺麗な生地が出来上がらない、室温の所為もあるのかナ〜、兎に角、今日は二度焼いたけど、二度目の方は完全に失敗作になってしまいました、こうなったら、次回は粉を変えて別の粉を使ってパンを焼いて見ますかねー
失敗とは言っても焼いたばかりのパンですから、十分おいしく食べていただけるもの、お昼のお客さまにお出しして、残りは大牟田がお友達とご一緒にお見えだったので、お土産に差し上げました、明日はお近くのオーナーさんたちとお餅つきの日で、朝からお出掛け、よって、もしお昼のお客さまがあっても、ご飯だけでパンは無し、にしようと思います、たまには良いでしょう、パンが無くても

2008/12/12(金) みごとです
昨日もそうだったけど、今夜もみごとな月夜です、満月ですねー、月の出は早くて暗くなり始めた頃には東の空の中ほど、11時ごろにはほぼ真上にありました、お風呂に入るころは二階の東の窓から眺めて、眠る前にはロフトの西側の小窓から眺めて、何となく心穏やかになったような気分になったりして、月の光は暖かさや激しさはないけどなんかいいですネ〜、でも、外国では月の光はどうも嫌がられる物のようですね
午前中、奥さまは保健センターでこの前受けた健康診査の事後指導、血圧が高いのと血糖値が高いので継続指導になったようで、保健センターの指導も、国のメタボ対策の流れで、積極指導という呼び名の継続指導がされるそうですよ、年ですからねー、いろいろと気をつけないと
来年の香房営業のために、商工会に書類を出してきました、保険は後日で今回はとりあえず事業開始だけ、もう動き出しましたから、これからは本格的に帳簿もつけて利益を求めることも考えなければ、正直余り積極的にお店をやりたくない気もするのでちょっと矛盾してますけど、兎に角、何かが動き出した、と言う感じがします、来年はお店の事もしっかり考えて動くことにしまーーす

2008/12/11(木) 本当に遅まきながら
晴れの天気予報が出ていたからと言って必ずしも100%じゃない、今日はそんなお天気に振り回された、かな?
一応お店をやっているという意識はあるので、普通我々の寝具、布団干しは定休日である火、水、木に限定して干す訳で、今日はその日、で朝のうち少々雲が多かったけれど干しました、布団も洗濯物も、陽射しもあるし十分干していると言う環境にあったのですが、お昼ご飯を食べた辺りから急に黒い雲に覆われて、アレッと思っているまに大粒の雨がポツリポツリと降ってきちゃいました、慌てて取り込みましたよ、それでもちょっと遅れた洗濯物は乾燥機を利用しなければなりませんでした、でもその雨はものの2・30分だけ、そのうちにまた雲が薄くなって夕方には晴れ、夜はほぼ満月に近いお月様が煌々と辺りを照らして明るいこと、たぶんこの雨のときに阿蘇の上空を前線が通過したんですかねー
で、マ〜、お昼の雨の間は別として、今日は一日畑です、毎度の私の性格で、やらねばと思いつつも手をつけるまでに時間が掛かるのですが、やっとケヤキのアリアのお手入れを始めましたよ、ほんとにやっとですね〜、予定していたよりも遅くなってしまったけど、球根を植えつけました、花桃の辺りを掘り起こして、除草して、元肥を入れて、チューリップを100球ちょっと、色は混合でかなり詰めて狭いスペースに植えてみました、今思うと、もう少し間隔を取ってあげたほうが良かったかなー、とも思うのですが
今まで草刈りをするだけで殆んど放置していたエリアだから、起こして除草、と言うだけでも結構な時間と労力が掛かります、だからチューリップや水仙、ムスカリなどが植えられただけで、まだ他にもラナンキュラスやアネモネなど球根があるけど、これの植える場所はまだ準備ができませんでした、リンゴの周辺を耕しただけで夜になってしまって、明日のお仕事で、この辺りを修正して残りの球根を入れてみようと思います、ワイルドフラワーシードも少しあるので、これも播いてしまいましょう、元肥も入れるし、きっと手をかければそれだけの見返りもあるだろうから、来春を楽しみしたいと思います

2008/12/10(水) 試用期間終了
穏やかで暖かい気持ちの良い一日、でも、可愛そうに奥様はお勉強のために久留米にお出掛けです、朝霧、雲海の漂う南郷谷を何時ものように立野までお送りをして、帰ってきてからはこのお天気ですから外で土いじりですよ、当然今の時季ですからしっかり着込んでいるわけで、それで少し体を動かせば薄っすらと汗をかくような陽気、これが気持ちいいのです、先週運び込んだ土砂の処理をするのですが、なんと言っても一馬力、今日一日でトラック一車分程度を処理するのがやっとでした、やはり奥様がいないと言う事は家事全般を自分がやらねばならないと言うことで、掃除をして洗濯をして風呂掃除をして洗濯物を干して、夕方は洗濯物を取り込んで、昼食を作って食べる、ここまでは自らやるわけで、残った時間がお外での作業になるわけで、お天気は良かったけれど決してまとまったお仕事にはなりませんでした、残念でした
午前中の数十分間、我がティールームの営業許可を変更していただくためのお役所の現地調査がありました、役所の担当の方が一名お見えになって、ティールームと厨房設備やその他の設備を点検し、こちらが用意した水の検査結果とその他の書類を持ち帰られました、調査の結果、OKとのことで、週明けには許可証を郵送していただけるようです、結構なことです、これで奥様も一安心、今までと異なることはないのですが、許される条件内であることがこれで確定するわけですからね、今度は商工会に出向いて来年からの届出のご相談をしようと思います、これが終れば本当に本格的な香房 やまぶどうの営業開始ということになります、本格的に、です、あくまでも今までは試用期間、ナのです

2008/12/09(火) ちょっとしたお勉強会
夕方には回復したけど、一日雨のそぼ降るうっとおしいお天気でした、でも気温は平年並み、厳しい寒さはありません
午前中、奥様の方は福岡に送る製品の仕上げや手直しに忙しくしてました、でも、私の方は特別なこともなくて、お天気が悪いと外に出れないからいけません、PCの前に座ればやることは山ほどあるのですが、こちらの方は気が向かなくて、結局目的も無くそこいらをウロウロ、何となく時間だけが過ぎていくと言う時間を過ごしてしまいましたネ〜、でも、今日は美術館でセミナー参加、午後からの数時間だけど、村に居ながらにして喫茶のちょっとしたアイディアをお勉強、これがなかなかいい時間なのです、午前中の無駄時間を帳消しに出来る感じ、今日一日はこれで満足、なのです、我々の生活はそんな程度、一日に数時間で良いから、楽しく充実した時をもてればヨシ、このセミナー、も先日の夕方からの会も我々にちょうど良いのです、いろんな世界の方々とお話が出来、おいしいレシピも手に入れることができて、穏やかな時間が皆さんと共有できる、ということ、こんな生活、なかなか良いものです

2008/12/08(月) 新しい申請
お天気は目まぐるしく変化する毎日ですよ、昨日と違って今日は雨模様、気温は昨日よりも高いようだけどお日様のない分だけ寒さを感じてしまいます
予定をしていたので、ちょっとゆっくりになってしまったけれど、午前中に保健所に出向きました、今頂いている営業許可を変更するための手続きです、相手の方が随分忙しかったらしく、1時間以上の待ち時間があったけれど、申請の書類提出はホンの5分か10分程度、手続きのためのお金を払って、それだけでもうお終い、でした、改めて現地検査があるから、役所ではこれでいいのでしょうが、少々待ちくたびれました、数日後が現地検査です、たぶんそれ程のことなく通過すると思うのですが、商工会のアドバイスも頂いたし、来年からはしっかりと営業をしてみようかなー、と言うところ、今日はその手始め、でした
余りいいお話ではないけれど、帰宅の途中で新しく出来た食堂に入ってみたところ、プロの料理人さんがOpenしたと聞いていたので、以前からちょっと覗いてみたかった、と言うか興味があったので行って見た、けれど、残念でしたね〜、予想を下回ってしまったのです、ロケーションOK、家具OK、メニュー普通、内容NG、我が家はお店の収入が生活の糧ではないのでノンビリしてるけど、他のお店はその収入で生活を維持するとすれば、ここのお店はど〜ですかねー、なんて、要らぬ心配をしてしまいました

2008/12/07(日) よく出来ました
寒いけれどよく晴れた気持ちのいいお天気になりました、お昼にお見えになる染めのお客さまのために、染め場の準備をしたのですが、寒さの証拠にストックしていたアカネの染液やその他のバケツに入れてあった液はことごとくみんな凍っていました、水道の蛇口からは7〜8cmのツララが下がっていましたし、庭のバードバスは水が全部下まで凍ってましたよ、それから染めに使うために、下の農道を歩いてセイタカアワダチを収集に行ったのですが、畑は立派な霜柱が立ってました、歩くとクシュッと潰れる音、もうちょっと早い時間だったらサクサクって音だったかも、セイタカは三日前に見たときはまだ十分使えそうだったけど、この寒さで殆んどが枯れていて、使えそうな所を探すのに一苦労、でも、十分に集めることが出来て、しっかりした染液は取れました
お客さまは4人、皆さん元気、それぞれに布を選び、染める色合いを決めて、奥様のリードでスカーフを染色、ティールームの方はリンゴのジャムを作りながらお茶の準備中、染め場の方からはとても楽しそうな雰囲気が伝わってきます、とても気持ちのいい穏やかなお天気に、とてもステキな4人のお客さまに導かれて出来上がったスカーフが風になびいていて、ここには何とも幸せな時間が流れていましたよ、今日はイーー日でした
珍しく、お客さまの写真を撮らせていただきました、ブログに載せてOKということだったけれど、残念、我がブログは数ヶ月前から止まったままになってます、この日記だけは毎日更新してるけど、ブログや携帯のHpまではなかなか手が回りません、でも、お客さまに親しくしていただくには、ブログに力を入れるべきなのかもしれませんネ〜

2008/12/06(土) ごめんなさい、です
時々雪の舞う寒い朝、一日中、と言っても夕方前までだけど、晴れたり曇ったり雪が舞ったりと言う変なお天気模様、兎に角こんな日は寒いのです、で、何時ものようにノンビリと朝を過ごして、今日なんかお客さまは無いだろうなー、なんてのんきな事を言いながら、それでもとパンを焼き始めたのです、奥様も全くお客さまがあるなんて思ってないから、11時過ぎにちょっと腹押さえにとティールームでパンなんかをかじっていたら、なんと、車が入ってきたのです、お客さまでした、それも鹿児島から来て高千穂に行くというお二人で、我が家に来たくてわざわざ立寄ってくださったということ、でもでも、我が家ではこの時間では殆んど何も準備が整ってなくて、30分待って頂ければどうにか出来たかも知れないけれど、お客さまにはそれ程の時間が無くて、ホント、申し訳ないことをしてしまいました、ごめんなさい、です、一応も二応もお店を開いている以上はその責任が果せなきゃいけませんよね、もうちょっとしっかりと意識をしなきゃいけません、気をつけたいと思います
夕方から、美術館でのイベントに遅れて参加、ここで夕食、久木野のソバを二杯も食べてしまいました、普段は奥様のアレルギーに遠慮して蕎麦屋さんに行くことは全くないので、ソバを食べる機会のない身、この前に食べたソバもここのイベント時だったと思うんですねー、何ヶ月ぶりかでソバを食べたわけで、オイシカッタです
明日はまたまた今日よりももっと気温が下がるようで、昼間は晴れるそうだけど、最低気温はマイナス6度の予想、我が家の今日の最低気温がマイナス3.5度でした、今夜は何時ものように薪ストーブに火を入れているのですが、常にドンドン薪を追加して燃やしていないと室温を保持できない、と言う状況、やっぱり普段よりも冷えているのですよ、勿論山頂も雪で白くなって、外輪も高い所は雪、夕陽で照らされた白い山は何時になく綺麗でした、が、明日は黒川にお泊りのお客さまが染色に見える予定なのです、何事もなくスムーズに来られるよう祈りたいです

2008/12/05(金) 私ではなくて
昨日と一変して寒ーーい一日なりました、夕方には雪も舞ったりして、明日は氷点下6度ですって、マ〜、これが阿蘇の冬ですけれど
どこでどう言う話しが流れたのかは良く知りませんが、お知り合いを通して新聞社の取材がありました、勿論対象は草木染の事、だから直接は私ではなくて奥様の方だけ、なのですが、予定の段階で聞いていたのは、肥後ナスでの染織がメインかと思っていたら、今日の取材では、水前寺菜から始まって肥後の伝統野菜で染織をすること、地もとの農家と繋がってこれが行なわれていること、などが記事の中心で、その取材と言うことのようでした、しかし、これが何時どのように記事になるかは全くの不明、偶々何かの切っ掛けがあれば記事にしましょう、と言う程度の要するに埋め草、ストック用の記事の取材だったようですね、何枚か写真も撮って行きましたが、サーほんとに記事になりますかね〜
お昼前から数時間、取材にお付き合いをして、それから後は昨日の疲れが残っているのか、寒さの所為か、何かをやろうという意欲が無く、何をするでもなく、床暖の効いたティールームで雑誌を見たり食器を片付けたり、ボーっとしてしまいました、マ〜こんなのもたまにはいいでしょう

2008/12/04(木) お疲れでした
思っていたよりも良いお天気で、一日しっかり土方仕事が出来ましたよ、しかし疲れた
奥さまは博多にお出掛け、キルトジャパンのイベントがヤフードームであるとかで、それにお出掛け、お知り合いの方がどこかのブースのお手伝いをされているとか、キルトの世界の今が見れるとか、いろいろと刺激を受けることがあるようで、略往復の所要時間6時間を掛けてのマ〜お勉強ですか、朝9時に立野にお送りして6時過ぎにお迎えに行ってきました
と言うことで、私の方は全くフリーランス、予報よりもお天気が良かったので、先ずは洗濯物を干して、切り干し大根を庭に広げて、やっとそれから身支度を整えて作業開始です、昨日は斜面の下を杭と道板で土留めをしたので、今日は上から土を入れて斜面を修復、夕方まで掛かってやっと少し目処が付いたか、と言った所、仕方ないですよねー、何しろ全部完全人力、一馬力でやってるんですから、スコップとレーキだけが道具で、今日は運んでもらった土、2トントラックで2杯分を処理しましたよ、幸いにして土は石を殆んど含んでいない畑の土のようなものだったから、扱いやすかった、ラッキーでした、土はまだまだ2山あるから、これは平らに広げるだけのつもりだけど、きっとこれも結構な作業になるでしょうねー、余り慌ててやるつもりは無いけど、マ〜がんばりましょう、なるべく早いうちに、ネ

2008/12/03(水) 土木工事
今日も良いお天気で、最初につくった切干しの第一号が完成です、今までとてもよいお天気が続いてラッキーでした、とても綺麗な切干が出来たように思います、数十本の大根も乾燥させてしまうとビニール袋にふんわりとつめても3袋、数日間の作業の結晶です、まだ乾燥出来ていない分が沢山あって、これからもしばらくは切干の作業が続きますねー
久しぶりに、ホントに久しぶりだけど、染織の終わったコウゾをお届けに水源まで歩いて往復しました、ゆっくり、ノンビリ、畑の中のあぜ道を歩いて30分位、途中でリンドウの小さな紫の花があちこちに沢山咲いていましたね〜、とても気持ちのよいお散歩でした
東側の土地に土砂を搬入しました、あまりにも斜面の崩壊が激しいので、その補修のため、明日からは土方の作業員になって土木工事の開始です、そのためにもう夕方になっていたけど、斜面の下の部分約8mほどに杭を行って板で土留めをしました、最終的にはこの斜面は階段状に土留めをしようと思いますが、とりあえず、斜面の補修と言うことで、一番下の部分だけの土留めをしましたが、まだまだ先の長い話になりそうです

2008/12/02(火) ご当地では
今日も良いお天気になりました、嬉しいですねー、この寒い時期にお天気が続くのは、何よりも切り干し大根の乾燥が進みます、安心して外に出しておけるしねー、お陰で最初の日にやった分はほぼ完成です
この辺りの年中行事の様なのですが、バーベキューパーティーに呼んでいただいて、お昼から焼肉、ホルモン、トントロ、馬肉のソーセージ、しっかりご馳走になってきました、こちらに来てすぐの年にも秋の終わりごろ、トマト農家のお手伝いをした打ち上げにバーベキューでした、近頃は美術館でお客さまがあるとバーベキューに呼んでいただいてました、今回はリンゴ農家での今年の作業終了の日、事ほど左様にこの辺りでは農作業の節目節目でバーベキューをするのが極普通のことのようで、ここは和牛の産地、馬肉の産地、だからですかねー、こちらの方々は皆さんよく飲まれる方々、そしてやっぱり焼酎ですねー、皆さんでこの銘柄が良いとか、この銘柄は何万円もするとか、芋がいい、米がいい、いろいろと楽しげな会話が飛び交っていましたが、飲めない私はその雰囲気を楽しむだけ、でもでも、ホント、気持ちのよい人たちに囲まれていい時間でした、真昼間だったけど
午後からは、しっかり食べたお肉を消化しなきゃいけないと思って、里芋の収穫をがんばりました、マルチを外して芋を掘り起こすだけだけど、それなりの労力が必要で、収穫した後の保存しておくための作業もあるわけで、多少はエネルギーを消耗させたと思います、メタボは特に気をつけなきゃいけませんから

2008/12/01(月) 寒い朝
予定通り、寒い朝になりましたよ、朝の8時ごろまでは一面真っ白、畑は霜柱、芝生もお隣の屋根も霜が朝日に輝いてとても綺麗、寒いけれどこのこの景色はなかなか捨てがたいもの
これから毎日、朝の最初の仕事は切り干し大根を干すために外に出すこと、今日は波板でもう一つ棚を作って全部で3箇所の棚と3枚のざるに、千切りにした大根を干す、これがまだ水分が抜けてないから少々重い、毎日それを出したり入れたりするわけですネ〜、今日で千切りにする大根は終了で、明日からは蛇腹に切る細長い切干を作る予定
畑の方は里芋を起こすのが最優先なんだけど、ナンか気が乗らないと言うか、他のことに目が行ってしまってます、春咲きの球根が買ってあるので、ここ数日、その球根をどこにどのように植え込もうかと思案中で、いろいろ考えるけどなかなかイメージが出来なくて、ついつい別のことをやっていて、一日が終わってしまう、昨日なんか何を思ったのか小鳥の巣箱なんかを作っちゃいました、まだ完成してないけど、ダメですねー、やりたいことはやりたいことで、やらねばならないことはやらなきゃねー、兎に角、明日は少しでも良いから芋を起しましょう
今夜も夜空がきれい、五時前には外輪のかなり南に寄った方に太陽が沈んでいって、それから二時間くらいもすると、太陽が沈んだ辺り三日月と木星と金星が並んでこちらを見てます、ホント、二つの星が目で月が口のように並んで見えるのですよ、月の口が笑ってる様に見えたけど、私だけかなー


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.