asonikki
香房 やまぶどうの日々を追っかけます。
染織工房、ティールーム、畑の管理と結構忙しい日々です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年10月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/12/03 初めてのこと
2020/12/02 心算じゃなかったけど
2020/12/01 寒い
2020/11/30 本格的に暖房
2020/11/29 またまた寒い

直接移動: 202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 月 

2016/10/29(土) 失敗です
なんか異様に暖かな日でした

2016/10/28(金) 余裕なし2
今日もなぜかこれを記入する余裕がありませんでした、どちらが先か後かということもあるけど、それだけじゃなくて、なんか慌ただしい感じで一日が過ぎます、今日はNが車いすと紙パンツを持参、使用を考慮すると言います、協議の上一部了解し、車いすを配置しましたが、残念ながら奥さまにそれを使用する力はもう減衰しているように思います、紙パンツは様子見です
東のお友だちは、奥さまの朝の様子を見て、帰宅を一日延期されました、滞在の延長は我々にはとてもありがたいことですが、申し訳ない思い、

2016/10/27(木) 余裕なし
一日が早いです、このところ二人で交代に夜を過ごしているけど、どうにか夜間は安泰ですというか、かなり強い薬効で抑えられている感じ、確かに見る方は楽だし、本人も楽なのかもしれないけど、人としてもクオリティーは確実に低下です
東のお友だちはとてもエネルギッシュに我々をサポートしてくれています、とても助かるし励まされます、我々の食事も確実に向上しました
今朝は自分が仮眠中、皆さんは少々緊張されたようで、明け方からいつもよりバイタルが低下していたようで、様子が違っていたとのこと、7時過ぎにNに電話、早めの来訪を要請、でも、結果的にはそのうちに全体像が落ち着いてきて、そのまま一日を過ごしました
兎に角一日が早い、なんか余裕がありません

2016/10/26(水) 明るい
昨日の夜遅く、東のお友だちの来訪、今年、心臓の病気をされたと聞いているけど、とてもエネルギッシュ、パワーを感じます、お付き合いをさせていただいていて、こちらも元気のお裾分けを頂きます、なんともありがたい存在、今日もみんながその恩恵に与りました、奥さまはマッサージをしてもらい、しっかり励ましを頂き、パワーを受け取ったようです、我々は久しぶりのしっかりしたお食事のお陰で心も体の栄養も十分に補充させてもらいました、お昼はスパゲッティ、夜は旬の鰯にキノコたっぷりの炊き込みご飯、野菜の煮込みにほうれん草のツナ和え、それに汁物、鰯にも汁物にもたっぷりのスダチの汁を振りかけて、とても美味しくて、とても幸せなお食事でした
午前中にNの訪問があって、バイタルチェック、問題なしです、お昼にDrの訪問、今の様子、OK 、このまま注意深く見ていきましょう、午後からは自分たちはしばしお昼寝タイムを頂いて、体のクールダウン、南のお友だちも午後から来訪、東のお友だちと楽しく会話が弾んでいるようでした、奥さまも比較的落ち着いており、明るい雰囲気のある一日でした

2016/10/25(火) 夜がダメ
今12時、奇妙に暖かい夜です、この時期にこんな気温?と思います、お天気はうす曇り、なんとなくスッキリとはしませんが、雨でないだけいいかも、です
奥さまは昨日から比較的穏やか、投与でうまくコントロールできているような気がします、午後からは入浴のサービスも受けられたし、良かったと思うのですが、夜遅くになってからはいけません、ちょっとオーダーが多い、ことに腰、仙骨の傷が気になって痛みを訴えます、夜になってから東のお友だちともう一人が訪ねてくれて、いつになくいろいろと関わる人が多くなって、そんなこともぐずる材料になっているのかも
今日も自分が先に休みます

2016/10/24(月) 楽でした
助っ人の力は大きいです、ほんとに一人と違ってこんなに楽、気分的にも、緊張感がそもそも違います、ありがたいことです、ほんとドイツに感謝です
昨夜は前半を自分が見て、後半をお任せしたので、明け方の4時ごろから朝の8時ごろまで、しっかり、ぐっすり休ませてもらいました、なんか体が軽いような、確かなリフレッシュ感を覚えます、奥さまの方は昼夜を通して比較的落ち着いた状況で、夜間も穏やかに休んでいる時間が多くありました、とは言えやはり薬効は期限があるわけで、終わりに近づくころには不安定さが増すようです、午後、来訪してくれたDrはしばらくこのままで様子を見るかなー、と言ってました、NはこれがHpならチューブを全部取ってしまうでしょう、と、とすると急速に体力は低下すると思うのですが、その分本人の苦しさは軽くできるということでしょうか?なんとも難しい判断です
午前中、銀行、支払先、役場、給油、買い物等、2時間ほどでやっておくべきこと、かなりの作業をすますことが出来ました、午後は奥さまも穏やかに過ごしていたので、寝具を干したり、台所の整理をしたり、家の中のいろいろのことがはかどった感じ、結構でした、お天気が良かったのもうれしいことでした、
夕方、館長来訪

2016/10/23(日) かなり楽です
曇り空、暑からず寒からず、いい気候の時期だと思うのですが、なかなか外に出るチャンスがないので、残念ですねー、恩恵に与ることはことはないですねー、
ドイツからのお助けは昨日の夜になってからのご到着で、早速状況を簡単に説明して、買ってきてくれた駅弁で夕食を済ませて、お世話の一端を一緒に経験をしてもらいました、で、早めにお休みをいただきました、
今朝は久しぶりに二人でのお食事、それも昨夜、ご飯を炊いていたので、完全に和食のお食事、ご飯に味噌汁、煮物、つくだ煮、お漬物、たまにはご飯の朝食もいいものです、お昼は福島からの頂き物のラーメンを、夜はたっぷりの餃子で、ほんとにしっかりお食事をさせてもらっている感じ、これだけでも手助けに来てくれた効果大ですが、奥さまのお世話の方も一人の時とはまるで違います、なんといっても精神的な疲れが違います、日中にも休ませてもらえるし、当然体の方もうんと楽、向こうの家族にはとても申し訳ないことと思うのですが、助けてもらえることにただ感謝、身内もお友だちも、みんな優しい人たちばかりに囲まれて、ありがたいこと思います、
今日は午後から南のお友達が来てくれて、サポートが二人になったので安心して仮眠をとらせてもえました、奥さまは相変わらずの状況で、昼夜を分かたず不調の訴えは続きました、それにしても感心するのは、二昼夜もほんの少ししか眠らない中で、不調の訴えを発生し続けるということ、その間に何度もトイレに立って、それとは別にベッドサイドに立つだけの行為を何度か、これはある意味薬のなせる業?見ている自分には本人の状態を安定させるための投薬、薬効よりも、ご本人のいろいろな不安感上の方が勝ってしまっているって感じがします、それほどまでに本人の不安が大きいということではないでしょうか、だとすればそれはとても心の痛むことです、今夜も処方された必要な処置は取りましたが、今も断続的に声が聞こえます、お母さん、お爺ちゃん、どこかに助けを求めているような

2016/10/22(土) 前と一緒
参った、23時過ぎから朝の8時ごろまで、ほとんど絶え間なく悲鳴に似たうめき声を発して、苦しい、暑い、寒い、重い、だるい、動かない、動かせない、立たせて、何がどうなっているのか、本人にもよくわかっていないのでしょう、オーダーは次々に変化して、その間に何度かのトイレタイムがあって、お茶タイムがあって、マー忙しいこと、もちろん眠ることはできないし、9時間余り、延々と続くこの状況にはいささか参りました、冷静でいようとしてもつい本人の前で愚痴ってしまったり、声がかかってもちょっと無視をしてみたり、でも、朝になった最終ではDrに電話しての要求についにナースコールしてしまいました、でも面白いもので、Nステーションに電話で状況を伝えただけで特別な指示もなかったのですが、それと、南のお友達が訪問してくれて、第三者が入室したり、第三者に連絡をしたということで、これらのたくさんのオーダーが収まり、穏やかになり、そのうちにお休みになってしまいました、ドー^言うこと? 自分と二人だけの時のあの暴れよう、我がままのようにも見える動きは何だったの、話を聞くだけの人には誰かが嘘をついているような、そんな感じ、もちろん病気がそうさせる、というより、投与された薬剤の蓄積が幻覚や幻視を生じさせていての結果だと思うのですが、正直、それに真正面から100%付き合うのはきついものがあります、
夕方、6時過ぎ、誰もいません、やっぱり始まりました、さっきまではお向かいがいて、静かにお休みだったのに、お茶、トイレ、立つ、座る、暑い、寒い、次々とオーダーが変わります、おかーさん、あー、はー、つらいんですよね、本人はもちろん、周りも辛いものがありますよ、
とってもひどい人間のようだけど、そんな状況の中でも自分はご飯を用意して食事をします、先ずは自分が心身ともに健康を保っていなくては何にもならないから、今日からしばらくの間、助けてくれる家族がいて、奥さんが我が家に滞在をしてくれます、ありがたいことです、まもなく到着でしょう

2016/10/21(金) 穏やかに
なんかいつもドキドキしている感じがありますねー、なぜだかわからないけど、何かちょっと不安の気持ちがどこかにあるんでしょう、昨日、京都からお知り合いの奥さんが来たけど、彼女もきっとそんな感じを持っているのかもしれません、
今日は比較的に穏やかに過ぎた感じがします、と言っても、奥さまの不快感がなくなったわけじゃなく、相変わらず苦しい、怖い、気持ち悪い、痛い、いろいろオーダーが出てはいますが、気になるのはうわ言のように出てくる言葉、その中にはっきりとお母さんと聞こえるときが何回もありました、時々見えないところを見ているような、別の世界で遊んでいるような、なんかとても複雑な感じがします、穏やかと言っても、ほとんど静かに眠っている、眠っていなくても半分くらいは眠っている、って感じで穏やかなのですが、
午後から、Nの来訪、少し時間をおいて夕方にはDrも来訪、バイタルチェック、特に問題はない様子、あまり変わりはないということで、マーそれでいいでしょう、夜になってお向かいさんが様子見に、その間に少し雑用を片付けることが出来ました、ほんと、みんなの助け、ありがたいことです
ドイツは先ほどヘルシンキに着いたとのこと、多分明日のお昼ころにはセントレア着、それからまた8.9時間、ちょうど明日の夜にこちらということになるでしょう

2016/10/20(木) みんなの助けがあって
今日もいいお天気で、洗濯物が全部干せて助かりました、何しろ今日の洗濯はどうしても今日中に完了しなくてはならなくて、奥さまの着替えがほぼ全部、夜のうちに汚してしまっていて、このところ間に合わなくて失敗が多いのです、
昨日の夜はまあまあ順調で、でも、朝からしばらくと午後からは不調の訴えがあって、なかなか収まらなくて、可哀そうな奥さまでした、日中はいろんな人がサポートに来てくれたり、電話があったり、そんなで洗濯に行く時間も食事の時間もある程度取れて、ありがたいことですよ、DrもNもちゃんと見てくれているし、今日は京都からのお知り合いが訪ねてくれて、明るい内の時間はすぐに過ぎていきました、
今日の夜、やはり予想的中、間に合わなくて失敗することから始まりました、朝まで何回あるのかなー
遠くからの援軍が期待できそう

2016/10/19(水) 比較的静か
この頃早起きだけど朝寝坊ですねー、マー自分の意思じゃなくての動きだから仕方ないけど、今日も暗いうちから起きて、何度か睡眠をとりながら明け方を迎え、再度睡眠、8時を過ぎてやっと本格的に起きなきゃと心に決めて行動開始、でないとそのまままだまだ寝ることが出来そうな感じで、でも起きないとそろそろ誰が訪ねてきてもおかしくないし、起きてないとおかしいでしょう、案の定、9時過ぎには南のお友達が訪問してくれました、それもフレッシュサラダを持って、ちょうど朝食を摂ろうと思っていたところだったので、さっそく頂戴しました、彼女がいてくれている間にまづはお洗濯で、昨日の夜はちょっと失敗が多くて、普段使っているパジャマを全部夜のうちに汚してしまっていたので、今日は絶対に洗濯、乾燥機にかけなくては、今夜が困ります、午後、洗濯物を整理したら、下着だけで7枚ありました、
お昼にDrが見に来てくれて、午後からはNの訪問があって、夕方からはお向かいのお知り合いのサポートを受けて、夕食もお向かいのご主人が作ってくれたものを出前で頂きました、もう今となっては誰かれなく、助けていただける方からは遠慮せず、喜んでサポートを受けることにしています、正直、そうしないとやっていけません、
今日の奥さまは比較的穏やか、だけど浮腫、かなりひどくなってきたので、Drと相談して24時間だけ輸液を止めることにしました、エネルギー、カロリーは24時間のストップでも特に問題にはならないとのこ、むしろ止めて体の水分をコントロールする方がいいかと、で、明日の午後まで止めました、これが少しでもいい方向に進むといいと思います、夜もここまで穏やか、時々覚醒したときは腰が痛いと、で、揉んであげると少し落ち着いて、今夜はどんな過ごし方になるか、苦しさが出なければいいけど

2016/10/18(火) すぐに忘れるはいい事
今日はまた暑い一日にありました、真夏のよう、ここで26度を超えていました、10月も半ばを過ぎているのに、昨日は暖房、今日は扇風機を使いました、最愛の奥さまのため、温度管理は慎重に、でもきっともうこれ以上の高温はないでしょう
昨日の夜はもう全くの別世界の時間だったように思います、あまり覚えていないけど、奥さまは海外旅行中だったようで、もう降りようよ、どこから、飛行機から、もう帰りたい、何処へ、病院、行こうよ、何処へ、アメリカ、もう失礼しなきゃ、ベッドから起きる、どうして、自分の布団で寝る、etc、確実に夕方から使った投薬が増量されたためだと思います、お昼頃、Drが訪ねてくれて、たぶん一過性でそのうちに収まるでしょう、とのこと、でも大変でした、夜の10時から朝の6時過ぎまで、断続的にこんなことがあって、その間に4・50分おきにトイレで、言うことに完全否定でもなく肯定でもなく、あいまいな返答を繰り返して、トイレを介助して、その合間にちょっと眠って、マーなんともはや、ですねー、これが在宅というものなんでしょう、でも一日経ったら忘れてる、忘れるのも悪いことじゃない
午後から移動入浴車を回してもらって二週間ぶりに入浴、でもご本人は初めに拒否、なだめて、説得して、体幹の洗体、入浴のみ、狙っていた洗髪はダメでした、
6時、アッ始まった、苦しい、あっあっあっ、はっはっは、苦しい、どうもお薬が終わるころの発作のように見えるのですが、これがどこまで続くか、最近は2時間とか3時間、絶え間なくこの声を聴いていました、どうにもしてあげられないから、つらいものがあります、長時間続くと、こちらの精神状態にも変化が出てくるし、あ、でも今回は落ち着いてくれたようです、浅い眠りに入ったみたい、
夜になって、お向かいのお知り合いにお願いしてベッドサイドんついてもらいました、その間に自分は入浴、久しぶりに湯船に浸かってゆっくり、少し元気が出た気がします、今夜はどんな夜になるか、静かだといいのですが、
昼に来てくれたDr、呼吸が浅くなっていることに注目、要するに進行しているということでしょう、それはすなわち、一番恐れていることが近づいているということでしょうか、多分そうです

2016/10/17(月) すごい夜だった
いやー参った、17日の午前0時から9時ごろまで、ずーっと断続的に不調、口からはお茶だけで、投薬はできないので、何を言われても薬効を期待することはできません、寄り添ってお手当をするだけ、6時までの間にトイレが10数回、平均すると40分おきにベッドから起こしてトイレに座らせて、トイレから立たせてベッドに横にして、トイレとトイレの間はほとんど絶え、間なく苦痛の声、明るくなってからはまだいいけど、よほど心を強靭にしていないと、萎えてしまう、如何にせん、弱音を吐くまいと思ってはいたけど、ここに至って少々愚痴も言いたくなったようで、ここで見ると決めたのだから、今少し頑張ろう、です、誰か来てくれたら少し休みましょう、とにかく自分が寝なきゃ
午後からお隣が来てくれて、しばし休憩、その内にNの来訪があって、3時ごろにはDrも来訪、4時ごろまでは何となく過ぎていきました、奥さまは不調が続いているにしても、この時間は比較的穏やかで、今朝がたのようなことはありません、でも、5時から7時、与えられた通りに投与したところ、少々不安定、どうも見えないものが見えているような、あるいはテレビの音や画に過敏に反応しているような、言葉もはっきりしないけど、言われていることがこちらにはすぐに理解できないことが何度かありました、これも致し方なし、でしょう、何に重点を置いて対処するかということで
まだ7時半、今日はもう、寝る

2016/10/16(日) 今日はダメ?
昨日は夕方から夜中まではしっかり寝てくれていたのですが、0時以降はいけません、0時から7時ごろまで、断続的に不調、寝てくれません、もちろん寝かせてもらえませんし、トイレの要求が何度もあると、その都度重い体を抱えて座ってもらうのが大変、右腕、右膝、左腕もかなりの筋肉痛になってきました、まだ下半身にも力が入るからいいけど、力が入らなくなったらどうしよう、です
朝から夜まで、今日は終日断続的に不調の訴え、今日は南のお友達が来て、染のお友だちが来て、みんな親切です、みんな気を使ってくれます、お手伝いをしてくれます、ただ、奥さまはそんな人のいるときは比較的穏やかに過ごされていて、皆さんが帰られると、そのすぐ後辺りから断続的に不調を訴えられるのですねー、なんでかなー、ソー感じるのは自分だけなのか、実際にそーなのか、よくわからないけど、夜になると不調が強くなるのは事実見たい、今も夕方の7時ごろまではまだ穏やかだったのが、今はだめ、今日はいつになったら静かにお休みななられるのか、分かりません

2016/10/15(土) よく寝た
このところ何がどうなのかよくわかりません、調子がいいのか悪いのか、疲れているのかそうでないのか、惰性で動いているようなところがあるような、それよりも何より、時間のたつのが早いような遅いような、数分おきにオーダーがある時にはその間の数時間がとても長いような気がして、でも、静かに眠っているときには、この時とばかりに食事をしたり、掃除や洗濯をしたりなので、すぐに時間は過ぎてしまって、マー何がどうあれ、毎日が無事に過ぎているのは何よりなのです、
今日は0時から5時ごろまではほんの短いインターバルで不調の訴えがあって、その都度傍についていて、やっと眠りについて10時前までお休み、その後は少し眠っては起きての繰り返し、で、その後です、夕方17時過ぎ辺りからうつらうつらし始めて、18時からはぐっすり、で、0時までお休みでした、お陰で自分もほぼ6時間はしっかり睡眠がとれました、日中は大牟田が訪ねてくれて夕方まで、午後からはお向かいが来訪してくれて、お陰でゆっくり安心して家の中のことが出来ました、また昨日は大牟田からなしが届いて、今日は長野からリンゴをたくさん贈っていただきました、早速にお世話になっている方々にお裾分けをさせてもらいました、皆さん、とても親切、とても我々のことを気にかけてくださいます、ありがたいことですねー、土曜日だけど、お昼過ぎ、Drが一人で見に来てくれました、これもとも有り難いことで、何より自分が安心できます

2016/10/14(金) 不調が続く
今日は日付が変わったところから一日中、不調です、どうも最大の原因は不安感なのかも、と思えるところがあります、
夜中の零時から明け方の6時、7時まで、断続的に不調、不安の訴えです、かなり不安定な様子が心配になって、6時にはNに来訪の要請をしてしまいました、それから後も断続的に不調の訴えで、何か落ち着くことがありませんでした、夜になっても投与はちゃんとできていると思うのですが、なかなか安定が望めません、残念だけど、ほんとに残念だけど、
夜、お近くの方の助けてもらって、久しぶりに自分の入浴タイムを持ちました、節々筋肉痛、関節もちょっと痛い、でも、ちょっとすっきり、でした

2016/10/13(木) ちょっと風邪気味
お天気は良好、かなり涼しくなりました、奥さまにはちょうどいい時期間も知れません、夜中は少しだけヒーターの暖房を入れたけど、今日も昨日と同じ、昼間は比較的安定していて、ことに南のお友達がきてくれているときや、Dr、Nなどが訪問してくれているときにはとてもいい感じ、でも自分が一人で対応している
時に限って、マーそー言う訳じゃなかろうけれども、奥さまは何かと訴えてくださるので、ちょっとねー、お薬の対応でどうにかなるものならまだいいけど、そーでない訴えはなんとも対応のしようがなくて、応対に困るのです、何もしてあげられない、ということがたくさんあるから、ほんと、困ります、ただできるのはほんとのお手当だけ、それを不調を訴えている間、ただお手当、なんとも無力、残念
明け方の不調で、珍しくNを呼んでくれとか、南のお友達を呼んでくれととのオーダー、で、Nには夜中の3時に南のお友達には8時に来てもらいました、南のお友達がいてくれている間に家事仕事を済ませ、遅い朝食も摂って、10時過ぎにDrが来てくださったので、奥さまと一緒に自分の方もお世話になるお話をして、そのまま下の医院に通院、結果的に自分も転院することにしました、これで無用な動きを減らせます
昨日あたりから少し風邪気味、鼻かぜ、気を付けないと、です、もう寝ましょう

2016/10/12(水) 書けない
少し暑いくらいのお天気で、洗濯物も安心して干せました、幸いにこちらには降灰もないので、外に干せるし、
この数日、夜中が厳しくて、その分日中に眠くなったり、やることが進まなかったりで、夜にこれを記入するのが難しいことがあります、今は13日の21時、そうなるともう昨日のことが思い出せない、そんな感じですねー、それを努力して思い出しながら、とりあえず記録
夜中から未明、明け方まで、ほぼ二時間平均でオーダーがあって、それに対応、細切れの睡眠、でもマー、それなりに休めました、というのも、前日の夜は19時ごろから寝る体制を整えて、夜中までの間に、事前の睡眠がとれていたから、で明け方から夕刻までは安泰、DrやNの来訪があったり、お友だちが差し入れを持ってきてくれたりで、日中にやることは全部できたし、輸液の交換でちょっとトラブったけど、大したことなくクリアしたし、でも、予測通りというか、案の定というか、21時ごろから夜中まで、断続的にお声がかかって、で、夕食を済ませたあたりからは何もできない状況、ただただオーダーに対応するのみ、だから書けない、
マー、書けないだけで、どうにかやってますが、

2016/10/11(火) 少しはいい?
いいお天気です、代わりに冷え込みはあります、昨夜は今シーズン初めて暖房を入れました、この部屋は基本薪ストーブだけど、いつもシーズン初めは小さな石油の反射型ストーブで、外が10度以上あって、部屋が15度以上あれば、石油ストーブで十分で、昨日の夜、2時間ほど、そして今朝も陽が高くなる9時ごろまで2時間と少しの間使用しました
奥さまは、昨夜の夜中の輸液ポンプのストップからそのままを維持、Drの来訪は14時で、それまでは酸素だけで他のチューブはなしでした、この輸液がされていない日中の時間は比較的穏やかに過ごせました、ところが、2時の再開から数時間、5時を過ぎたあたりから何時もの不快感の訴えが絶え間なく22時ごろまで続きました、Nに何度か電話してアドバイスを受けるも不調です、奥さまは昨夜から液体はいいけど、タブレットは拒否、それもかなり頑強に拒否します、だからいくら本人が不快を訴えても、成す術もなく、ただ水薬に頼るのみ、1時間ごとの頓服を使うことも教えられたので、今日はこれで陵よりほかなしです、
お昼前、大牟田が突然に来訪、家にいても変な心配をするだけだからと、眼の治療中にもかかわらずの来訪でした、午後からは南のお友達が来訪、ほんとは自分が外出して、留守をお願いしようと思っていたけど、奥さまのリクエスト自分が残って、お買い物や送金、出金などの手続きに走ってもらいました、いずれにせよ大助かりでした、

2016/10/10(月) アクシデント
朝からいいお天気です、お天気のいい分気温はかなり低くなりました、いよいよ本格的な秋、ここらしい気温になったのですが、今度は冷房でなく暖房を考えなくてはいけません、忙しいことで、奥さまの適温がどうなのか、よくつかめないから、これからはほんとに難しいコントロールを強いられそう、
今日のイベントは夜中、12時を過ぎてかトイレに起きて、その時に輸液のチューブにテンションがかかったのだと思うけど、ポンプが停止、いろいろ試みたけどダメで、Nに来訪を求め、彼女もチェックしたけどダメ、最終的にニードルを抜去、朝のDrの指示を待つことにしました、それ以降は静かで、10時ごろN来訪し別のもを腕からの輸液に切り替えたのですが、これも次のトイレの時にチューブが引っ張られて輸液が止まり、そのまま抜去、以降輸液なしで過ごしてます、マーアスノ朝になればDrが新しいチューブを設置してくれると思います、それまでしばらくお休みです
午前中、南のお友達が来てくれて、しばらく同席、その間に洗濯ものの処理と、自分の分だけ衣類の入れ替えをしました、もうさすがに半そでだけでは過ごし難いから、
奥さまは朝からずっと、殆どの時間眠ってます、起きていてもほとんど反応がなく、眠っているのとさほどの変化がありません、何をするにも介助、協力的には動けないから、とても重い、で、かたい、支えるのにかなりの力を要します、こんなに重くなるとは想定外、何か考えないと自分が倒れちゃ何にもならない、と思うけど、今更筋トレもできないし、とりあえずサロンパスのお世話になって

10月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.