asonikki
香房 やまぶどうの日々を追っかけます。
染織工房、ティールーム、畑の管理と結構忙しい日々です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年10月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2022/11/29 気まぐれ、気分任せ
2022/11/27 全て成り行き
2022/11/26 なっていう日だ  
2022/11/25 暖かい・温かい
2022/11/24 お問い合わせあり

直接移動: 202211 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 月 

2017/10/14(土) 売っちゃった
今日は雨の予報が出ていたけれど、降りだしたのは夜になってからでした、二週間続いた「谷人たちの美術館」が今日で終了、最終日でした、やはり気分的にはお客さまがないかも、なんて思っていたのですが、嬉しいことにちゃんとお客さまがありました、それも3組の4人、ひとりでお見えになったお客さまが2組あって、そのうちのお一人はこの期間中の二度目のお客さま、前に来られた時に自分が織った布、65p幅の6mの布で、小波さんが染めた糸で織った物でした、これをお見せしたところ、いたくお気に召されたようで、是非に譲ってということでお見えになった訳、何度も来て下さっているお客さまだし、もちろん小波さんのこともご存じ、ご自分で洋服を作られるし、ハクスバーナーのミシンをお持ちということだし、マー手放しても変なことにはならないでしょう、と思い、ン万円でお渡しをしました、正直なところ、もうしばらく手元に置いておきたい、なんて気持ちもあったのですが、でもでも、布地が生きるのならそれが一番いいことで、小波さんと二人で喜ぶことにします
その他のお客さまは見学だけ、でもまた来ます、と言っていただけて、良かったと思います、2週間が終わって、なんとなく来年も参加できそうな気がするし、5月には有志だけのフェスタもあるし、これも参加できそう、今回は一人で初めてということで、戸惑ってしまったことが多々、いろいろ勉強もできたので、次からはうまく回転できるでしょう、今回の参加で、収支マイナスにはならなかったけれど、以前からの持越し品がかなり残ってます、出来ればどなたかにでも差し上げて作品を入れ替えたいところ、とは言え、工房で売るものは皆し好品、相手のお好みで売れるもの、好みでない物を貰っても相手が迷惑かもしれないし、処理処分するのも難しいもの


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.