asonikki
香房 やまぶどうの日々を追っかけます。
染織工房、ティールーム、畑の管理と結構忙しい日々です。
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2022年9月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2022/10/02 不遜ではあるけれど
2022/10/01 乗り切ったゾー
2022/09/30 予想通り、深夜まで
2022/09/29 またまた何をやってんだか
2022/09/28 作業進まず

直接移動: 202210 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 月 

2022/09/06(火) いっぱいやった
拍子抜けだった台風、かなり北寄りに進んで韓国に上陸、で、この辺りは風も雨も少なくて、警報が出たり、交通が止まったりしたけれど、全く平温そのもの、ほとんど台風らしい感じもなく過ぎていきました、
今日は水引作家のお仲間が来訪予定、白の水引を草木染で染めたいとの事、以前一度だけ藍染で水引を染めてあげたことがあって、今回は自分だけの作品としての特色を出したい、と言う事らしい、午後からということで、午前中はのんびり過ごしてました、
で、午後2時前に来訪、それからいろいろお話を、ご希望を聞いて、自分なりにこちらで染め材を調整、水引と麻を染めることに、一応お客さまの染め体験ということで実施、  藍が染めたかったようだけどそれはお断りして、アカネ、タマネギ、マリーゴールド、ビワ、ログウッド、で、媒染は自家製の灰汁媒染で、ログウッドは銅媒染、いろいろトライしたけれど、ビワはほとんど色が出ず、ダメでした、アカネはストックを利用したけれど、これもほとんど色が上がっておなくて、新しく染液を調整してクリア、マリーゴールドもどうよう、ログウッドは最初から新しく液を作って染め、出来上がり、奇麗でしたすべて終了は18時、よく長い時間を頑張りました、水引を染めてみて、水引の糸は絹糸が使われているけれど、硬く巻き付けられていて、その上しっかりノリ付けの処理がしてあるように見え、草木染の染料はなかなか糸に入っていかず、とても染めにくい存在だと学びました、で、思うに水引なら、藍かウコン,柿渋のような染料がイイのでは、


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.