ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年1月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/17 どっちにしても怒られる人
2020/02/03 清く正しく、やかましく
2020/01/27 良いダメ人間、悪いダメ人間、普通のダメ人間
2020/01/18 二俣川に大河が来る
2020/01/09 未来と希望と、しょんぼりと

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2008/01/13(日) おいらは大河ドラマー
 激しくネタ不足のため、今回もテレビネタです。すみません。今回は大河ドラマについて。NHKの回し者みたいだなあ。

 前年の『風林火山』。放送を見ているうちにふと思い出して本棚を探してみました。中学生の頃買った、井上靖の文庫本。買ったはいいけど、読んだ記憶がありません。ずっと本棚の隅で眠ってたみたい。
 ご存知のように、井上靖の原作は短編です。改めて読んでみると、淡々と物語が進んでいく印象。
 ネット上では、今回の大河ドラマに対し「由布姫ウゼー、合戦をもっと見せろ」の感想がけっこう多かったみたいですが、原作を読むと主題は勘助と由布姫の物語です。由布姫ウゼーでは、原作を否定することになってしまう…。でも事実、脚本家のオリジナルストーリーである序盤こそが、評判が良かったみたい。個人的には中盤あたりからよく見るようになったので、見ておけばよかったなあと思います。
 淡々とした原作ですが、川中島で勘助が散るまでの盛り上げ方はさすが。この点、大河ドラマの川中島は間延びしていてがっかりしました。わざわざ2週に分けなくても良かったのに…。途中で「いつになったら死ぬんだろう」などと思ってしまいました(すみません)。

 さて、今年の『篤姫』。初回・第2回と見てみました。序盤の、人物紹介と時代背景説明をひたすらナレーションで済ませる展開に不安が募りましたが、宮崎あおい演じる篤姫が出てきてから、テンポも良くなってそこそこ面白くなってきました(『純情きらり』よりずっと好印象!)。前評判があまり良くなかった分、意外と楽しめそうです。まあ、正統派大河ファンには、軽すぎるとか、当時の女性はこんなんじゃないとか、いろいろ不満はあるでしょうが…。
 脚本は朝ドラ『さくら』を書いていた人とのこと。そう言えば、さくらも最初のうちはそこそこ面白かったなあ…。まだまだ安心はできませんが、この調子でいってほしいです。

 そんなわけで。二俣川のネタもそろそろ書かないとならないなあ。と言いつつ、今日はこれで。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.