ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年4月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/26 いだてん名セリフ集(最終回)
2020/07/25 いだてん名セリフ集(第45回・第46回+第4回)
2020/07/20 いだてん名セリフ集(第43回・第44回)
2020/07/14 いだてん名セリフ集(第40回〜第42回)
2020/07/12 いだてん名セリフ集(第37回〜第39回)

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2008/04/04(金) 第324回(←ウソ)ひまひま朝ドラ日記
 早いもので、またひまひま朝ドラ日記の季節がやってまいりました。
 まずは、3月で終了した『ちりとてちん』。予想通り、視聴率は悪かったみたいですが(何と関東では過去最低とか。あの『天花』を下回るとは…泣)、個人的には楽しめたドラマでした。テンションを落とさずに半年間完走した朝ドラは、近年では無かったのではないかと思います(特別枠(?)の『芋たこなんきん』を除く)。そして、母親役の和久井映見がとても良かった。半年間見て、「おかあちゃん」が真の主役のドラマなのだなあと思いました。

 そして、4月スタートの『瞳』。「下町の人情」「子育て」というテーマに、『こころ』を思い出して不安になりましたが、2回見た限りではこころのような不快感(ファンの方すみません)や、『純情きらり』や『どんど晴れ』のようなあざとさも無く、あっさり見られそうな感じです。でも、ちょっとあっさり味過ぎるかも…(前作がこってり過ぎたので、その反動かも知れませんが)。
 とりあえず、西田敏行が出てればドラマの筋に関係なくそこそこ面白いような気もしますので、今後の盛り上がりを期待したいと思います。

 ちなみに、『瞳』の脚本家は、以前『あすか』を書いた人とのこと。あすかも、個人的には「朝から藤岡弘」というインパクト以上のものは無かったなあ…という気がします。
 あすか放送後間もない頃、ボランティア関係の大会があり、そこで藤岡弘の講演を聞きました。テレビのイメージそのものの、暑苦…熱い人なのです。
「私が主演した『あすか』で訴えたかったことは…!!」
 …主演は竹内結子だったと思うのですが……。

 そんなわけで。また半年後の朝ドラ日記をお楽しみに(まだやるの…)。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.