ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年9月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/26 いだてん名セリフ集(最終回)
2020/07/25 いだてん名セリフ集(第45回・第46回+第4回)
2020/07/20 いだてん名セリフ集(第43回・第44回)
2020/07/14 いだてん名セリフ集(第40回〜第42回)
2020/07/12 いだてん名セリフ集(第37回〜第39回)

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2008/09/24(水) 走る走るパノラマカー
<前回のあらすじ>名古屋へ研修に出かけたひまひま管理人。肝心の研修もそこそこに、翌日に乗るパノラマカーを楽しみにしていたのでした。

 翌日は雨。天気予報では、週末にも台風が接近すると伝えています。研修期間の二日間は晴れてたのに。遊んでばかりいないで働けという天のお告げでしょうか。
 7時前にホテルを出て、名鉄の金山駅へ。お目当てのパノラマカーは、定刻より3分ほど遅れて入線してきました。独特の、ぎょろっとした目玉に丸っこいフォルム。真っ赤な車体色。金魚のような、一度見たら忘れられない外観です。(今回は写真が撮れなかったので、以前撮ったものを下に載せました)
 車内に乗り込むと、通勤通学客でかなりの混雑。2つドアのクロスシートでは、ラッシュ時にはいかにも辛そうです。
 次の名鉄名古屋駅で大量に下車。降車用ホームに押し出されます。と同時に反対の乗車ホーム側の扉が開き、あっという間に再び満席になってしまいました。何回か利用しましたが、この駅の人の流れにはなかなか慣れることができません。仕方なく、展望席後ろのドア脇に立ちながら、前方を眺めることにしました。
 ロックでまいりますで有名な(?)布袋でまとまった下車があり、やっと展望席に座れました。最近の固い座席とは一線を画す、柔らかい扁平な座席。電車はチンチンというベルを鳴らし、いかにも昭和の電車ですといううなりを上げて加速していきます。安定した乗り心地に、このまま2時間ぐらい乗り続けたいとも思いましたが、あっという間に目的地の犬山に着いてしまいました。
(調子に乗って、動画をアップしてしまいましたので、どうぞhttp://video.fc2.com/content.php?kobj_up_id=200809194Ff2W02M

 犬山城などを見学した後、JRの高山線に乗って高山へ。曇天ながら雨は降っていませんでした。ここからバスに乗って、世界遺産にもなった白川郷へと向かいます。一度行ってみたいと思いつつ、なかなか行けなかったのです。
 高山を出たバスはすぐ高速道路に入り、長大なトンネルだらけのまっすぐな道をひたすら走ります。白川郷というと山々に囲まれた辺境の地というイメージがありましたが、そんな所へ向かう感慨は全くありません。
 わずか1時間足らずで白川郷に到着し、そのイメージはさらに覆されました。大きな駐車場にマイカーや観光バスがずらりと並び、大勢の観光客がわいわい言いながら闊歩しています。ツアー客らしき中年団体に、大学生ぐらいのグループにカップルたち、外国人の姿も多く見かけました。観光地化しているとは聞いてはいましたが、なんだかむしろ、昔の日本家屋を再現したテーマパークにでもやって来たような錯覚を覚えました。世界遺産登録って何なんだろうな、こうしてテーマパーク化していくことなのかな…と思ったりしました。
 予約した帰りのバスが夕方6時前に発車とかなり遅かったので、時間まで何度も町をぶらぶらしました。夕方も5時過ぎになると、商店もほとんど閉まってしまい、裏通りなどは昼間の喧騒が嘘のような静けさになっていました。昼間は見当たらなかった地元の人たちが通りに出てきて、近所同士でおしゃべりしたり、おばあちゃんとお母さんが孫と一緒に遊んだりしていました。テーマパークではない、生活の場である白川郷を少しだけ見たような気がしました。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.