ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年1月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/26 いだてん名セリフ集(最終回)
2020/07/25 いだてん名セリフ集(第45回・第46回+第4回)
2020/07/20 いだてん名セリフ集(第43回・第44回)
2020/07/14 いだてん名セリフ集(第40回〜第42回)
2020/07/12 いだてん名セリフ集(第37回〜第39回)

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2012/01/17(火) 近くの秘境温泉
 「三浦半島にものすごい秘境温泉がある」とネットで知り、そのうち行ってみたいと思いつつ、そのうちがずるずると先になり早4年が過ぎ…(過ぎすぎです)、ようやく実行してきましたので報告いたします。
 横須賀市内で用事を済ませた後、駅前からバスに乗って15分ほど。ここから、プリントアウトした地図を片手に歩きます。事前情報では「かなりの山道」「道に迷ってたどり着けないぐらい」とありますが、道はしっかり舗装されているし、周囲には小奇麗な住宅もある。
 何だ、大げさだなあ、と余裕で歩いていると、右手に、崩れそうなバラックが見えてきました。近づいてみると、壁面にごてごてとした手書き看板が。「大観音」とか「夢男」とかいろいろ書いてある。あ、あやしい…。

 温泉は、ここからさらに脇道を歩かないとならないみたい。地図を見つつ、この道でいいのかな…と恐る恐る歩を進める。
 やっぱり道に迷った末、それらしき山道を登っていくと、林の中に何とも言えない光景が広がっていました。山積みされた木材の中におんぼろの小屋が…と言うか、もはや木材と小屋の区別がつかないぐらい。
 すると、バイクに乗ったおじさんがやって来ました。仙人みたいな風貌の偏屈じいさんだったらどうしよう…と不安になりましたが、バイクを降りたおじさんは物腰の柔らかい人でほっとしました。
 おじさんの案内で小屋の中へ。写真の通り、家庭用のステンレス浴槽が無造作に置かれています。「昨日はなぜかたくさんお客さんが来たけど、今日は来ない」との話。一部の温泉マニアには知られた存在なのでしょう。
 さて、いよいよお湯の中に入ってみると…。外見に負けず、お湯もかなり個性的です。つるつる、ぬるぬる、浴槽が傾いていることもあって、お湯の中で滑ってしまいそう。
 外からはお湯を沸かす薪のにおいが漂ってきます。本当に近場の秘境温泉でした。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.