ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年7月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/17 どっちにしても怒られる人
2020/02/03 清く正しく、やかましく
2020/01/27 良いダメ人間、悪いダメ人間、普通のダメ人間
2020/01/18 二俣川に大河が来る
2020/01/09 未来と希望と、しょんぼりと

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2012/07/21(土) ひまドラ日記・梅ちゃん先生途中経過
 「ひまひま朝ドラ日記」だと長いので「ひまドラ日記」に短縮しました(どうでもいい告知ですが)。
 さて、梅ちゃん先生について。全体的にこのドラマ、男性陣のキャラクターはクセがあって面白い。比較して女性陣は、いま一つ魅力に欠ける気が…(母親と祖母に至っては、ただ梅ちゃんを後押しするだけの役割)。
 そして主人公の梅ちゃんは、回を追うごとに「余計なお節介ばかりして、どれも結果的に解決して、皆に感謝される」という、共感しづらい朝ドラ主人公パターンになってきた。
 何となく、主人公(とこぶ平ナレーション)に関しては、脚本的に割り切って書いているなあ、という感じがします。「梅ちゃんの物語」としてより、「梅ちゃんをとりまく男たちの物語」として見たほうがいいのかも知れません。
 などと、勝手かつ無意味な分析をしつつ、今回はこのへんで。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.