ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年1月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/26 いだてん名セリフ集(最終回)
2020/07/25 いだてん名セリフ集(第45回・第46回+第4回)
2020/07/20 いだてん名セリフ集(第43回・第44回)
2020/07/14 いだてん名セリフ集(第40回〜第42回)
2020/07/12 いだてん名セリフ集(第37回〜第39回)

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2014/01/14(火) ひまひま大河ドラマ日記・『八重の桜』総集編
 録画した『八重の桜』総集編を見てみました。また例によって箇条書きで感想を。

・通しで見てみて、ここ数年の大河ドラマになく生真面目な作風だったのだなあと改めて感じました。特に鶴ヶ城開城に至る前半〜中盤にかけて、その特徴が顕著。かえって新鮮に感じました。
・登場人物は全体的に小ぎれいな感じで、龍馬伝や平清盛のインパクトに比べると若干物足りず。見栄えの良さを優先した印象。まあ、清盛が汚すぎて不評だったから、反省を活かしたとも言えるけど…。
・慶喜、容保ら殿様勢(?)は似合ってました。
・以前も書いたけど、後半は作風が変わっちゃったなあ。「恨みや憎しみをどう乗り越えるのか」がドラマ後半の大きなテーマだったように思うけど、なんかよくわからないうちに解決してしまった。まあ、龍馬伝みたいに「憎しみからは、なんも生まれん」なんて最初から達観しちゃってるのもどうかと思うけど。
・新島襄の見せ場が無さすぎ。杖で自分の手を殴打していた印象しか…。
・ラストもいまいち良くわかんなかったんだけど、まあ映像がきれいだったからいいか。西田敏行(西郷頼母)のひげが長過ぎ。

 毎回きちんと見ていたわけでも無いのに批判するのはなんだけど、後半の作風変更(脚本家追加投入)は良くなかったなあと思います。最初から予定していたことなら仕方ないですが、「暗過ぎる」という批判に耐えかねてのテコ入れだとしたら安直。まあ、脚本が回らなくなってしまってやむなく複数体制に…という可能性もありますが。
 それにしても綾瀬はるか、テレビで見るご本人はすっとぼけた感じの方なのに、演技では全然そう感じさせないですね(役者なんだから当然か)。良かったです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.