ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年1月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/26 いだてん名セリフ集(最終回)
2020/07/25 いだてん名セリフ集(第45回・第46回+第4回)
2020/07/20 いだてん名セリフ集(第43回・第44回)
2020/07/14 いだてん名セリフ集(第40回〜第42回)
2020/07/12 いだてん名セリフ集(第37回〜第39回)

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2017/01/01(日) 年の初めのひまひま紅白日記
 大晦日、文句を言いながら結局最後まで紅白を見てしまいました…。習慣というのはなかなか変えられないものです。いつものように適当に箇条書きで感想を。

・久しぶりにパフィーを見たなあ。紅白のオファーを蹴って、TVKの年末特番に出ていたのが20年前か…。パフィーもおばさんになるし、私もおじさんになるわけです(泣)。
・前半は、わけのわからないグループが、集団でわけのわからない歌を歌ってるだけだなあ(老人か)。
・審査員に見知らぬおじさんが…と思ったら、こち亀の秋本治さんでした。
・司会はどうにもいっぱいいっぱい感が…(前回のイノッチは優秀だったのだと再認識)。時間に追われている、というセルフつっこみ的な演出のせいもあったけど。武田アナが出てくるとニュース7にしか見えない。
・セカイノオワリとか思わせぶりなバンド名なのに、甘い声で甘い歌詞を歌うんだなあ…って、前回も同じようなことを書いていた(老人か)。
・椎名林檎の都庁中継、演出(プロジェクションマッピング?)がかっこいい! 受信料をふんだんに使っています。
・シンゴジラ、観てないから、パロディにこんなに力を入れられても笑えない。そう言えば今回は朝ドラ特別編は無いのか。
・…と思ってたら、武田アナまでゴジラコント(中継)にかり出される羽目に。報道の顔ともいえるアナウンサーが、こんなことしててNHK的にいいのでしょうか。と言うか、これをやりたいがための武田アナ起用!?
・恋ダンス、実は初めて見ました。NHKが民放のブームに乗っかるとは嘆かわしい…と怒る方もいましょうが、これはここ最近始まったことではなく、むしろ紅白の伝統と言えるかも知れません(ちなみに、友人に教えてもらったのですが、星野源がPVで相鉄湘南台駅で踊りまくっています)。
・美輪明宏枠(何だそりゃ)は、大竹しのぶに受け継がれたのか。
・紅組のトリは石川さゆりの天城越え。何回目だよ!とも思いますが、トリにふさわしい曲(&歌手)が他に無いのも事実。
・嵐の5人はピリピリしてなくていいですね。
・視聴者や会場の皆さんの大勢の意見を無視して(?)紅組優勝!
・タモリとマツコのコントは何だったのか。

 全体の感想。飽きさせないように工夫しているのを感じますが、やっぱり長過ぎ。昔みたいに9時スタートでいいんじゃないかなあ…。あと、もはや紅白で戦ってないですよね。
 そんなわけで、今年もこんな感じで適当にやっていきたいと思います。本年もよろしくお願い申し上げます。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.