ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年1月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/26 いだてん名セリフ集(最終回)
2020/07/25 いだてん名セリフ集(第45回・第46回+第4回)
2020/07/20 いだてん名セリフ集(第43回・第44回)
2020/07/14 いだてん名セリフ集(第40回〜第42回)
2020/07/12 いだてん名セリフ集(第37回〜第39回)

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2018/01/03(水) 子どもに、夢と現実を
 ひまひまなので連続更新です。いま、テレビでアニメ映画『君の名は。』をやっています。録画して後日見るつもりですが、何でこの映画がこんなにヒットしたのかというと、昭和を思わせるやや地味目な絵柄の要因も大きいと思う。昭和生まれとしては、安心して見られるのです。これが今風の萌え系アニメの絵柄だったら、一気にいかがわしい雰囲気になってしまい、こんなにはヒットしなかったでしょう。
 …と、まだ見てもいないのに好き勝手なことを言ってしまいました。

 男女入れ替えというシチュエーションでは、ドラえもんのある短編を思い出します。
 ざっと粗筋をかいつまむと、ドラえもんの道具でのび太としずかの身体が入れ替わり、何をやっても大活躍で皆に人が変わったようだと驚かれるしずか(体はのび太)。一方でのび太(体はしずか)は何をやっても失敗ばかり。元に戻してとドラえもんに泣きつくも、「男とか女とか関係なく人間としてのきみが…」と説教され、「これは当事者の合意の問題だから」と突き放される。
 しょんぼりと家に帰るのび太。その頃、お風呂に入ろうとしたしずかは、自分の身体(のび太)を見て、「今ごろ向こうでは…」と驚愕。「お互いさまだよね」と服を脱ごうとしていたのび太を「だめーっ!」と止めてオチ…という内容(我ながら、よく覚えているもんだなあ)。
 まあ、もっと早く気づけという話で、若干オチまでの流れに無理がある感じもしますが…。
 ドラえもんを、「子どもに夢を与えるファンタジー漫画」と評する人がいます(というかそれが大半か?)。その実、この話に象徴されるように、ファンタジーの要素を使って子どもに現実を見せつける冷酷さも併せ持つのがドラえもん(と藤子・F・不二雄)なのです。
 …などとどうでもいいことを書きつつ。明日から仕事だ。現実に戻らなければいけないのは私でした。すみません。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.