ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2020年5月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/05 いだてん名セリフ集(第34回〜第36回)
2020/06/28 いだてん名セリフ集(第31回〜第33回)&女帝のあの人
2020/06/23 いだてん名セリフ集(第28回〜第30回)
2020/06/14 いだてん名セリフ集(第25回〜第27回)&麒麟がくる
2020/06/08 いだてん名セリフ集(第22回〜第24回)

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2020/05/05(火) いだてん個人的名セリフ集(第10回〜第12回)
 コロナの収束がいつになるか全くわからず、今月からついに車通勤を始めることになりました。同じ市内にある職場なので、電車を乗り継いで通勤するより速いし、帰りにスーパーに寄って買い物もできるし、正直言って電車よりずっと便利。でも、電車がメシより好きな(?)自分が、車通勤になるとはなあ…。
 全国の鉄道会社は、かつてない苦境にあると思います。たとえコロナがある程度収束したとしても、もう鉄道は以前の状態には戻れないのではないか…。そう悲観的になってしまいます。
 気持ちを切り替えて、今週も『いだてん』から気になるセリフを。

◆第10回「我らの一歩は日本人の一歩ばい!速かろうが遅かろうが、我らの一歩には意味があるったい!」(金栗四三)
 プレッシャーに押し潰されそうになり、窓から飛び降りようとする弥彦を押しとどめ、ベッドに押さえつけながら四三が叫ぶセリフ。
 この後、ベッドで抱き合う二人を目撃した安仁子の、「ああっ!いや……オーケー!」には笑いました。これはセリフというより演技に対してだけど。いいシーンのあと、絶対に感動で終わらせないのがいいですよね。

◆第11回「一緒に走る選手のことはライバルではなく、タイムという同じ敵に挑む同士だと思いたまえ」(大森兵蔵)
 この回は印象に残るセリフが多くて迷いましたが、病身を押して同行し、レース直前に弥彦にアドバイスする大森監督の一言に決定。それを受けての弥彦の「はい、もっと早く言ってもらえたら、もっと楽になったと思います」も、そりゃそうだよなあ、と思いましたが。
 次点は、弥彦の母の「字など読めなくとも息子の本心はわかります!」も良かったけど、ここは嘉納先生の「私の不在が君たちに成長を促した。フフフ、遅れてきて大正解!」で。本作の嘉納先生の適当おじさんっぷりが表れてもいますが、でもこういう鷹揚なところが皆に慕われるんだろうなあ、と感じるセリフです。

◆第12回「すいまっせん…すいまっせん…」(金栗四三)
 ストックホルムオリンピックでのマラソン本番。全編にどんよりした空気が漂う異色回です。四三を演じる中村勘九郎の演技が鬼気迫っていました。
 そんなわけでセリフは少ないのですが、一番印象に残っているのはラストシーン、ホテルの自室のベッドで寝ていた四三のセリフ。すいまっせん自体は口癖のように毎回言っているのですが、このすいまっせんは、もうそれ以外に言葉が無いという感じで辛かったです。

 では、今週はこんなところで。また来週!


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.