ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年4月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2020/08/08 オオクワ材割り 今年は低調っぽい
2020/08/06 EM200異常なし
2020/08/04 去るオオクワいれば やってくるカブトあり
2020/07/26 オオクワ脱走!
2020/07/25 タカ 中総体で(多分)頑張る

直接移動: 20208 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  20168 7 6 5 4 3 2 1 月  20157 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2005/04/10(日) 捨てる神なくても拾う神あり
実家に置いてあるカブトムシの幼虫。最初40匹以上もいて、どうやって育てようか思案に暮れていましたが、その後有志の方に引き取ってもらった結果、18匹にまで「リストラ」することができました。

しかし、ここから全然数が減りません。18匹と言えば結構な数です。去年は9匹で大騒動だったのに、今年はそれが2倍以上になるかと思うと頭が痛くなります。
ここで自分は一計を案じました。
「そうだ、オクヒデ君に引き取ってもらうのはどうだろうか」と。
オクヒデ君は小学校の先生をやっています。小学生と言えば、昆虫にも興味がある児童が多いでしょうし、何より生きた教材としてカブトムシはうってつけです。オクヒデ君個人に引き取ってもらうのはむりでしょうが、オクヒデ先生の学級に引き取ってもらうことにすればうまくいくかもしれません。これだ、これしか自分の生きる道はない!

ということで、昨日の花見当日、酒で賑やかになってきた頃を見計らって、この話を持ちかけてみたのでした。

Y: 「オクヒデ君、どうかね?クラスにカブトムシを飼ってみないかね?」
オ: 「え?本当ですか。いや、本当だったら明日にでも引き取りに伺いますよ。カブトムシだったらみんな喜びますよ。是非、欲しいっす」

なんとあっさり承諾してもらったのでした。元々18匹の半分の9匹を里子に出そうと考えていた自分ですが、あまりの嬉しさと酒の勢いも入って1匹サービスして(せこい)10匹差し上げます!!

そして本日、オクヒデ君に引き取ってもらいました。水槽の中身は見ていないので本当に10匹入っているのか分かりませんが、2週間前に見たときは10匹入っていましたので、多分大丈夫です。
これで子どもたち喜んでくれるかな?おそらく5月の待つには成虫が続々出現するかと思いますが、無事に育ってくれることを願っています。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.