ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年12月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2020/08/08 オオクワ材割り 今年は低調っぽい
2020/08/06 EM200異常なし
2020/08/04 去るオオクワいれば やってくるカブトあり
2020/07/26 オオクワ脱走!
2020/07/25 タカ 中総体で(多分)頑張る

直接移動: 20208 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  20168 7 6 5 4 3 2 1 月  20157 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2011/12/10(土) 奇跡の月食観望
12月10日は皆既月食が日本全国で見られました。非常に良い時間帯での月食で、自分がこれと同じような時間帯に見たのは、確か1983年の12月以来ではなかったかと記憶しています(ザ・ベストテンのスペシャルが放送されていたような気がします)。
昔の遠い記憶を思い出しつつこの日の観望に臨みましたが、こういうときに限って分厚い雲に覆われ、たまに小雨がぱらつくあいにくの天気。まるで以前の皆既日食(当地は部分日食)を思い起こさせる状態でした。

一縷の望みを託して望遠鏡をセッティングしたものの、月食が始まってもブルーシートをかけたり外したりの繰り返しで、前半は全くと言っていいほど観望できませんでした。
が、皆既に入る直前から僅かながら雲に切れ間が出始め、皆既中はスカッと透明度の高い夜空が広がりました。まさに奇跡の瞬間でした。後半も雲が広がり初めて一旦撤収しかけたのですが、再度晴れだしてきたため、望遠鏡を再設置して観望継続。
そういうことで、ダメかと思った月食観望は、皆既から後半までを楽しむことが出来ました。
赤く光る月が大変美しい月食だったと思います。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.