ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年1月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/08/08 オオクワ材割り 今年は低調っぽい
2020/08/06 EM200異常なし
2020/08/04 去るオオクワいれば やってくるカブトあり
2020/07/26 オオクワ脱走!
2020/07/25 タカ 中総体で(多分)頑張る

直接移動: 20208 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  20168 7 6 5 4 3 2 1 月  20157 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2014/01/02(木) 新しいカメラ使ってみました。
昨日は夜晴れたので、新調したカメラ(QHY5U)で木星を撮ってみました。
シーイングが悪くて輪郭があまりはっきりしないコンディションでしたが、処理後の木星は思った以上に模様が出てくれました。LU075Cでも撮ってみましたが、明らかにQHYの方に軍配が上がりました。LU075CはQHYに比べて新品価格で3倍もする代物ですが、10年近くの歳月による技術的進歩には勝てないのか?はたまた、長期間使い続けてCCDが劣化したのか?
今回の写り具合の差を見ると、今後はQHYが惑星撮影でのスタンダード機になりそうな感じです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.