ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年1月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/26 オオクワ脱走!
2020/07/25 タカ 中総体で(多分)頑張る
2020/07/24 EM200もアトラ化したか??
2020/07/23 リンガーハットのチーズちゃんぽん
2020/07/19 オオクワさなぎ 全部成虫になりました(1匹除く)

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  20168 7 6 5 4 3 2 1 月  20157 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2018/01/13(土) そろそろ古赤道儀も復活させねば
先週新しくやってきたAXDを組んだときに、未だ倉庫で眠っているサターン赤道儀(ビクセン製)と並べてみました。サイズ的にはAXDが大きく重いのですが、存在感という点では、不思議とサターン赤道儀の方があるように感じます。

このサターン赤道儀は2013年にポチってから5年経ちました。あまりの重さと自宅に据えるスペースがないことから、すっかり倉庫の肥やしとなってしまったんですが、そろそろ実戦投入したいところです。

サターンを使うに当たっては、常々悩みの種が3つありました。
 1つめは、極軸望遠鏡がないこと
 2つめは、アリミゾ台座を取り付けるためのプレートを準備する必要があること
 3つめは、ピラーが重くて背丈が大きいこと
です。

そのうちの1つめは、Polemasterなるものを導入することで極望なしでも極軸あわせができることがわかりました。時代の進歩ってやつですねー。
あとは、これを赤道儀に取り付けるためのプレートを準備すればいいわけで、2つめの項目と合わせて「コスモ天文工房」さまに製作を依頼することにしました。

しかし3つめのピラー脚。これが悩ましいところです。できればサターン赤道儀をEM200の三脚に乗せられるプレートがあればいいんですが、どこにもありそうにないですし、特注するにしても値段が高くつきそう。
いっそのことピラーを短く切ってWB25が乗せられる高さにするか?と考えるも、なかなか踏ん切りがつかなくて。。。

まずは1つめと2つめの事項に片をつけて、一度ホタロン乗せて使用感を確認してから次のステップに移ることにしたいと思います。

*この丸太ん棒を縦横にくっつけたようなブラックボディは相変わらず迫力があります。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.