ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年7月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2018/10/22 囲い込みに嵌った男
2018/10/13 リベンジ出張り
2018/10/11 香りよい季節がやってきました
2018/10/08 またも痛恨の出張り
2018/10/02 サターンとVC200Lの組み合わせ

直接移動: 201810 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  20168 7 6 5 4 3 2 1 月  20157 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2018/07/09(月) ブランクに大泣き
当地も梅雨明けし、夏らしい青空が広がりました。
この青空に刺激され、やっとこさ腰を上げて火星観望も始める事にしました。

およそ3年ぶりにWB25とEM200を引っ張り出してセッティング。
*サターン赤道儀にWB25という組み合わせも考えましたが、火星大接近という大切な時期でもあるんで、ここは安定のEM200をチョイスすることにしました。
WB25は鏡の状態が心配されましたが、見た感じカビや曇りはなさそうで一安心。EM200も問題なく動作してくれました。

これなら撮影の方もサクサクッと進められるだろう。。。と楽観視していましたら、撮影ソフトやRegistaxの使い方を忘れてしまって、久しぶりとなった惑星撮影は散々な結果に終わりました。
長らく直焦撮影にばかりうつつを抜かしてましたからね−。。。

撮影ソフトであるEZPlanetaryは、以前から使い方がよく分からなかったのですが、撮った対象が写しやすい木星だったためか何となーく撮影出来ていたので、気合い入れてソフトを使い込んでいませんでした。そのツケとブランクがここに来て効いてきた感じです。

Registaxも最新のVer6はそもそも扱い慣れていなかったので、処理のノウハウがさっぱり。昔の記憶を頼りにあれこれ処理してみたんですが、出来た画像はざらめな火星でうーん。。。
やっぱり日頃の鍛錬は必要だな、と痛感した次第です。

*火星の他、土星も撮影しましたが、いずれもロクな結果になりませんでしたので、写真のアップは謹んで控えさせていただきます!


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.