みっちょん、ふぁいとぉ!
みっちょんは、イタ天からいつもお病気のペットちゃんを応援しています!
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2003年11月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2014/04/27 お引越ししました
2009/04/01 みっちょん日記のお引越し
2009/03/31 ボディースキャン/アボカドカッター
2009/03/30 アボカドカッター/1日4食はあかんよねぇ...
2009/03/29 ソルトおろし?

直接移動: 20144 月  20094 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2003/11/03(月) またケトアシドーシス(>_<)
9時過ぎから、みっちょんの様子が、また少しおかしくなり始めた。

歩く距離が1mでペッタン→50cmでペッタン→2、3歩でペッタンと
30分おきくらいに、どんどん歩けなくなっていく...
11時半頃には、ペッタンポーズの後、体が横倒しになりはじめた。
先週と同じような状態だから、多分ケトアシドーシスかも...

と、この大事な時に、せっかくしたオシッコを取り損ねたー!ばたり...
仕方ないのでペットシートに検査紙を押し付けてみたら、一瞬で深緑になった。
高血糖...ってことは、やっぱりケトアシドーシスに間違いない!!!
 
救急病院での治療は、この間行ったところだから分かっている。
採血・血管確保の点滴・レギュラーインシュリン注射。

血管確保は、腕を切って血管をむき出しにして、シリコン針をつける。
この血管は、潰れてしまうから、もう採血や点滴には使えなくなる。
みっちょんの右手は、この間の点滴ですでに血管が潰れている。
このシリコン針を外して、2針縫ったところなのに、また切るなんて...
それに、両腕の血管が潰れてしまうのは、次に何かあった時に困る。
みっちょんの体力と精神的ダメージが心配。
私も3連休明けに、ポカ休はできない...
でも、このままだと明日の朝には、もうダメかもしれない....(;_;)


色んなことが、一気に頭を駆け巡った(@_@)
そして、無謀な行為なのは分かっていたけど、一か八かで、インシュリンを追加で打った。
インシュリンを病院で打つのも、家でつのも同じやん!>ほんまか〜?
うまく下がれば、病院に行かなくても、ケトン体は抜けるはず!!!

インシュリンは、夕方7時半に打ったから4時間半しか経ってないから、
打低血糖が心配だけど、低血糖の治療は慣れているから、何とかなる!
何故か、不思議な自信があった...というか、病院での処置も同じだとわかっている...

それに、インシュリンを打ちすぎて、低血糖で死なせかけたのは獣医の方。
獣医より、私の方がそばにいて看られるから、絶対に大丈夫!!!

注射器にセットされているインシュリンは、0.3ml。
0.01にするか0.02にするか迷ったけど、少量で下がらなくて追加するより
一気に全部打つ方がいいかなと思い、0.03ml全部を打った。


暫く様子を見ていたら、みっちょんがヨロヨロと寝床から出てきて、頭からゴロンと倒れた。(>_<。)

「みっちょん、低血糖か?高血糖か?どっちやねん!」と旦那がみっちょんに聞いた。
「みっちょん、どっち?言ってごらん」私も釣られて話し掛けた。
そんなこと聞かれても、みっちょんが答えるはずがない。
なんておバカな夫婦...(−.−;


でも、その時、みっちょんがヨロヨロとトイレに行きかけた!!!
みっちょんを抱っこして、急いでトイレに連れて行き、
今度は失敗しないように慎重にオシッコを取った。
さっきは、一瞬で深緑に変わった検査紙が、1分たっても黄色のまま!!!
全く色がが変わらない...低血糖やーん!!!
急いでガムシロップとニュートリカルで、手当てした。
30分ほどしたら、みっちょんの状態が落ち着いた。ほっ...
夜中の1時半まで様子見て、私も寝た。
朝は普通の状態に戻っていた\(^0^)/


この間の救急病院で経験が役に立った。
無謀な行為だったかもしれないけど、これでよかったと思う。

でも、獣医さんに話したら怒られるやろなあ...


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.