みっちょん、ふぁいとぉ!
みっちょんは、イタ天からいつもお病気のペットちゃんを応援しています!
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年12月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2014/04/27 お引越ししました
2009/04/01 みっちょん日記のお引越し
2009/03/31 ボディースキャン/アボカドカッター
2009/03/30 アボカドカッター/1日4食はあかんよねぇ...
2009/03/29 ソルトおろし?

直接移動: 20144 月  20094 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2007/12/31(月) 高血糖は大丈夫なのか???
晴。

年末の買出しをしてから、母のお見舞いに行く。
毎日病院に行ってるから、大掃除もできてないし、年賀状も書けていない。とほほ。


母の咳は、少しは咳の間隔が長くなったようなきもするけど、相変わらず続いている。
でも、本人は、ちょっと楽になったと言っているので、少しは良くなっているのかな???


主治医から、

  血液検査の結果は、あまり良くなっていないけど、
  
  肺の音は綺麗になってきているので、薬が効いているみたいなので

  このままでいきましょう。


と説明があった。


う〜ん...前回の入院時と同じように、ステロイドを増やして、
一気に咳を止めた方がいいように思うのだけど...

 
それから、血糖値の薬を飲んでいないのも気になる。

母は、あまり食欲が無くて、食事の摂取量が少ないので、低血糖が心配らしく
ステロイドを飲んでいるのに、入院してからは、
今までずっと飲んでいた血糖値の薬を処方されていない。

でも、ステロイドを処方されていない時にも、血糖値の薬を飲んでいたのに
血糖値300オーバーが続いて、本当に飲まなくて大丈夫なのかなぁ...


みっちょんの糖尿病の時には

  高血糖では、急に死ぬことはないけど、低血糖は、即、命に関わるから

と獣医さんに言われて、多少の高血糖は大丈夫と言われたけど、
高血糖が続いてケトアシドーシスになって死にかけたのよねぇ...(>_<。


keikoには、家にある血糖値の薬を病院に持ってくるように指示した。
明日は、主治医は休みだっていうし...

  いざとなったら、勝手に飲ませるわよー!!!


※モノレールから撮った、今年最後の夕日...来年は、いい年になりますように!!!

2007/12/30(日) やっぱり間質性肺炎の再発らしい...
曇。寒かった〜!

ちょっと、買い物...のつもりが、両手一杯になってしまったー!(ノ゜0゜)ノ

ほで、荷物をいっぱい持ったまま、母のお見舞い行く。
荷物の中には、母の着替えも少々。>親孝行だわ〜。(自分で言っとこ!)


母の酸素吸入の量は、3リットルから1リットルに下がった♪

前回の入院では、ヤブ会病院でも、○大病院でも、酸素吸入はしなかったけど
新しい主治医の指示で、今回は、酸素濃度は足りているけれど、酸素吸入をしてもらっている。
動いてゼーゼーになると肺に負担がかかるので、酸素吸入をしたほうがいいらしい。
トイレも自力で行けるけれど、なるべく歩かずに、簡易トイレを使うように言われた。

ヤブ会病院で入院していた時は、酸素吸入をして欲しいといっても、
酸素濃度が足りているから大丈夫と言われた。
それで、ゼーゼーしながら遠いトイレまで歩いていたけど、
あれって、肺に負担がかかって、肺が壊れていってたんじゃないのぉ???(>_<;

そして、新しい主治医の話では、やっぱり今回の病状は、間質性肺炎の再発らしい。
再発の原因が何なのかが気になるところだけれど、それは不明。


keikoは「鳥の羽が原因っぽいようなことを言われたけど、
羽毛布団は押入れにいれたまま使ってないのになぁ」とウダウダ言っている。

  気になるなら、サッサと捨れっ!!!アホッ!(`ε´)


熱は下がっているけれど、咳は相変わらず続いている。
この咳が止まらないとなぁ...


今日の血液検査の結果は、白血球は下がってきたけれど、
アレルギーの数値(CRPだったかな?)はあまり下がっていないらしい。

5月にヤブ会病院に入院していた時の2倍なので、かなり悪い状態だと思う。(>_<;

水曜日の血液検査の結果も、かなり悪かったのに、何故、主治医は大丈夫と判断したのかは、謎。
その後、二日で、もっと悪くなったし...

ステロイドをもっと増やさないと、治らないように思うのだけど...


私も年々、アレルギー反応が出やすい体質になってきているので、
化学繊維の寝具を、少しづつ天然素材に変えていこうと思い(一気は無理なので〜)、
今日は、天然素材の敷毛布を買いに出かけた。
でも、アクリルやポリエステル製がほとんど。
綿や羊毛でも、一部には化学繊維が使われているものばかり...
結局、目的の敷毛布はみつからず、綿100%の掛け毛布を1枚だけ買った。

あこがれのラクダの敷き毛布は、洗濯ができないので検討中。(^^;;

帰りは、あんぱん旦に迎えに来てもらって、keikoも一緒に帰ってきた。
荷物がいっぱいだし、寒かったので、助かった〜。
でも、母は、ちょっと淋しかったかな...

2007/12/29(土) 主治医の判断ミス...?
雨のち曇。

今日は、母のお見舞いには行かず、自分の美容院。
入院したら、ちょっと安心だからね...>薄情者?(^^;;


【母の容態】

肺の音は、少し良くなった。>新しい主治医談。


母からのメール:昨夜は、良く眠れた。
        昼食は、ごはん半分。おかずは全部食べた。
        1週間前にもどったような気がする。

   1週間前にもどったような気がするって...
 
  それなら、水曜日に、先生に「入院したい?」って聞かれた時に

  先週よりしんどくなってるから入院したいって言えっちゅーねんっ!!!(−−#



keikoがいうには、母は「○○ですか?」と聞かれると「はい」、
「○○じゃないですね?」と聞かれても、「はい」と答えるらしい。

年寄りは、一般的に、先生に聞かれたことには、何でも「はい」と答えることが多いらしい。

う〜ん、そういえばそんな気もする...


主治医は、母に「入院したい?」って聞くんじゃなくて、
自分が入院させるかどうか判断するべきなのに、
高齢の母に、それを決断させたのは間違ってるよなぁ...

私も、母が入院したくないんだと思って、連れて帰ってきたけど
あの時、強引に「入院させてください!」って言えばよかったのかも...
あの時に入院していたら、嘔吐も下痢もなかったから、一般の病室だっただろうし...

でも、主治医は、「入院しても、家にいても同じです」だって言ったのよねぇ...

しか〜し、後で分かったことだけど、血液検査の結果は、良くなってないどころかもっと悪くなってた...

   これって、どおよ???



しかも、外来にいる看護士さんは、何度も連れて行っているのを見ていたので、

   入院までが、少し長すぎましたよね...

って、言ってくれた。

外来で待っている母が、ひどい咳をしてかなり容態が悪そうだったから、
それを覚えてて、「早く入院させた方がいいんじゃないの?」って思ってたみたい。 

主治医は、ヤブ会病院からの転院では、すごく頼りになったから信頼してたのに、
今回のことでは、ちょっと不信感が...

2007/12/28(金) 結局入院...しかも救急車でGO!
雨。

【母の容態@keiko談】

昨夜から咳が止まらなくなった。

朝の4時過ぎに、ひどい咳をしたので、熱を計ったら37.1度。
ウガイと喉スプレーですこし落ち着いた。

前回(5月)の時のように、座ったままで横になれない状態ではないけれど
うつ伏せで寝ないと咳が出る。


朝は、起きるなり「ヤクルトが欲しい」といって飲んだ。
その後に計った血糖値は、94。下がりすぎてたのかな???

息が荒くて体調も悪そうなので、会社を休もうかと思ったけど「大丈夫だから...」っていうので、出勤。

9時前に会社から、電話したけど出ない...
10時半の休憩で、もう一度電話をしたら、「死にそうや...」と息も絶え絶え...

    トイレで嘔吐したらしい。

○大病院に電話して、診てもらえるか聞いたら、いつものように外来にくるようにと言われる。

    そんな悠長なことはしてられないっちゅーねん!!!


もう一度母に電話して、「救急車を呼ぶ?」って聞いたら「うん...」って答えたので
救急車を呼んで○大病院に連れて行ってもらうように指示。

○大病院には、救急車で行くからと連絡して、会社を早退。
保険証等を取りに家に戻ったら、母は、ちゃんと持って行っていた。
(救急隊の人が、持っていってくれたのかも)

○大病院に行くと、処置室で点滴と酸素吸入をしてもらっていた。
病院に着いてからも嘔吐したらしい。熱も高い。

緊急で診察してくれた先生に「肺がゴボゴボと音がしているから、水が溜まっているのかも」
と言われる。

     白血球:30,000オーバー。 熱:38.7度(ノ゜0゜)ノ


それなのに、主治医は、救急車できたんですか?
ステロイドを増やしたから、もう少し我慢したら良くなったのに..と言った。

    アホかー! どんどん悪なってるっちゅーねん!!!


主治医の上の先生(と思う)に、すぐに入院の手続きをするようにと言われたので
「入院予約は入れています」と言ったら、
「入院の予約をしてるのに、なんで入院させなかったの?」と主治医に聞いていた。


そして、「19日にヤブ会病院でもいいから、入院したらよかったのに」と言われる。

主治医は「急に悪くなったんだと思う」と言い訳...(−−#

※主治医は、ヤブ会病院でもめた経緯を知っているので、
ヤブ会病院は勧めなかったのかも...(−−;;


                              【以上、keiko談】
   


ってことで、母は、この年末に、結局、緊急入院した。(−−#

最初の外来から入院までの経緯は、前回のヤブ会病院の対応と全く同じ。

8月に退院したときに、

    少しでもおかしいと思ったら、すぐに来てください。
  
    風邪をひくとよくないので、十分注意してください。


って言ったのは、なんだったのよぅ!?


母は、嘔吐と下痢をしたので、感染症の疑いがあるため、個室限定と言われた。
でも、一般の個室は空いていなくて...


      特等室(A)に入ったのよぅぅぅ!!!(>_<;;


     
特別室じゃなくて、特等室ですよ、特等室!!!


     しかも「A」
(「B」は、3千円安い)ですのよっ! 奥様っ!!!


    んでもって、この特等室(A)が、なんと 一日26,250円!!!(ノ゜0゜)ノ

 
 
       これって、悪徳政治家が、悪行がバレて逃げ隠れするところじゃ...(−−#     



特等室(A)は、さすがにお高いだけあって、そこいらのビジネスホテルより豪華!

トイレとお風呂付きは、まぁ個室だから当たり前かな...
トイレやお風呂とは別に、ベッドの横には、洗面所がある。

テレビは、ワイドテレビで、DVD付き。

大きな机、洋服箪笥、革張りのソファーの応接3点セット。
横長の方のソファーは、私の身長より長いので、ベッドにもなりそう。

冷蔵庫は、大・小2台。
大きいほうは、うちのよりデカイかも...>情なや〜。(;_;)

電子レンジ、電気コンロ、シンク(お湯も出る)があり、自炊可能。

  う〜ん、こうなったら、高級ホテルに泊まったつもりにならないと仕方ないか...

   散らかった部屋を脱出して、大晦日はここで過ごそうかしら〜。(^^;;

2007/12/27(木) 母は、本当に大丈夫なのかなぁ...
晴。

【母の容態】

朝は、昨日と違って今日は元気です。熱は出るけど、熱はないです。と、メールがきた。 
  
21:40 お昼は、咳が止まらなくて、頭が痛くなって鎮痛剤を飲んだ。
      鎮痛剤を飲んだせいか、夜は熱も下がったとメールが来た。


熱もだけど、問題は、その止まらない咳...(−−;



会社の帰りに、鍼灸院に行く。

鍼灸院の先生に、母の話をしたら

    え〜っ!?間質性肺炎なのに、風邪で熱があるのを大したことないって言うのは
    絶対におかしいよ!!!

    う〜ん...その病院、大丈夫?
    呼吸器専門の病院を探した方がいいかも...


と、言われた。

先生のお父さんは、今年の夏、間質性肺炎で亡くなられたので、
間質性肺炎については、詳しいし、母のことも気に掛けてくれている。

先生のお父さんは、毎年、冬になると、今回の母のように体調を壊して大変だったらしい。
母も、これから毎年、今回みたいなことになるのかなぁ...どよ〜ん...


んでもって、私も、熱と咳が20日以上続いているのは、やっぱりおかしいと思う。

○大病院の主治医は、大丈夫って言ったけど、本当に大丈夫かなぁ...

2007/12/26(水) 不安の残る母の外来検診
晴。暖かい日だった。

母の外来検診。

朝、10時過ぎに実家に迎えに行くと、母は熱が出て解熱剤を飲んだと言った。
昨日の朝は、少し良くなって食欲も出てきたって言ってたけど、
夜は、「keikoが色々作ってくれるけど、食欲が無い」とメールが来た。
少し動くだけで、ハァハァと苦しそうで、全然良くなってないやん...(−−;

タクシーは、またまた相性の悪いM菱タクシー。
運転手に途中まで道案内して○大病院の敷地まで来たので、
もう大丈夫と油断したら、そこから思いっきり遠回りをされた。
○大病院の敷地を約1週...キーッ!!!

病院は、予約時間の30分前に行ったけど、診察まで約2時間待ち。(ノ゜0゜)ノ
その間に、レントゲンと採血を済ませたけど、まだ1時間以上の待ち。
母がかなりしんどそうなので、空き部屋のベッドを借りて横にさせた。
持参の体温計で計った熱は、36.6度。
ハァハァしているので、看護士さんが心配して計ってくれた酸素濃度は、95%。


【主治医の診断】

医:レントゲンは、先週より綺麗になってます。
  白球血数は、20000とまだ高いけど、
  普通の風邪でもこれくらいの数値になることはありますから。

私:アレルギーの数値はどうですか?
  膠原病の再発ってことはないんですか?

医:アレルギーの数値も大丈夫です。
  先週より元気そうだし...

私:でも、今まで、隣の部屋のベッドで寝かせてもらってたんです。
  少し動くだけで、ハァハァになるし、大丈夫そうに見えないんですが!

医:そのハァハァは、入院した時から気になっていたんですが、
  何か、そういう呼吸になる要素が肺の奥のほうにあるのかもしれませんねぇ...

私:今回の肺炎とは、あまり関係なくハァハァになってるってことですか?

医:まぁ、肺が炎症を起こしているせいもありますが...

 (母に向かって)どうですか?先週より楽でしょ?
  
母:はい...先週よりはちょっと楽になりました...
 

   ほんまかいなっ!?
   さっきまで、死しそうな顔してたくせにー!!! 



私:でも、本当に、さっきまで車椅子にも座っていられなくて、
  ベッドを借りて横になってたんですよぉ!

医:でも、先週は、こんなふうに座っていられなくて、前のめりになっていたから、
  そのときに比べたら、元気になっていますよ。


 そんなに具合が悪いのを見てて、
   「近所の診療所で診て貰え」って追い返したんかいなっ!?



医:入院していた時に、ステロイドが良く効いたので、もう1錠増やしましょう。

 (母に向かって)どう?入院したい?

母:いえ...子供が休みになるから、家にいてくれるし...もごもご...

私:入院しても、家にいても、同じ薬を飲むだけだから変わらないってことですか?

医:同じですよ。

私:急に悪くなるってことはないんですか???

医:大丈夫だと思いますよ。
  薬を2週間分出しますから、これで様子を見て下さい。
  多分、良くなると思いますよ。
    
  念のため、肺の音を聞かせて下さい。
 (聴診器をあてて)大丈夫ですね。

私:変な音はしていなんですか?
  間質性肺炎の音は大丈夫なんですか???

医:大丈夫ですよ。
  次回も診察前に採血してください。レントゲンは要らないでしょう。


えええ〜っ...肺炎なのに、レントゲン撮らなくていいのぉ???


な〜んか、不安がいっぱいのまま帰ってきた。(−_−;;


母は、通院で疲れたのか、家に帰ってくるとすぐに横になったけど
相変わらず変な咳が定期的に出て止まらなくなる。

夕食は、少しだけ食べた。


ステロイドを止めて、ちょうど2ヶ月。
主治医が大丈夫と言っても、間質性肺炎の再発の不安はぬぐいきれない。

keikoに報告したところ、先週の白血球数は、13000だったらしい。
今日は、20000...ってことは、7000も増えてるやん!!!

う〜ん...本当に大丈夫なのかなぁ...(−_−#

2007/12/25(火) 母の容態は良くならない
曇。

keikoの話では、母の容態は、先週からステロイドを飲んでいるけど、
イマイチ良くなっているようには見えないらしい。

相変わらず定期的に熱も上がるし、咳は全然治まらない。
それで、keikoは、熱と咳もだけど、ステロイドの再開で血糖値が安定しなくなるのも心配で
先週は、水曜日から3日間仕事を休んだ。

有給休暇はマイナス3日になり、給料がカットされるらしい。(>_<;

明日の検診の結果はどうかなぁ...

2007/12/24(月) メリー・クリスマス!
晴。

    Merry Christmas!!!

うちのフェレッ子達も、イタ天で楽しくクリスマスを過ごしているかなぁ?
あ、そろそろ、お正月も近いし、帰ってきているかも???(^^;;



母は、少し食欲も出てきて、少し良くなってきた...かな...?
でも、咳は続いているので、やはり間質性肺炎の再発は心配。
年末年始は、どうなるのかなぁ...(−−;


今日はお天気が良かったので、布団を干してたけど、気がついたら雪雲。(ノ゜0゜)ノ
慌ててお布団を入れたけど、あんまり干した意味がなかったかも。とほほ。

年賀状製作は、イタチがいないと、制作意欲がわかず進まない...

今日、唯一仕上げたのは、整理ボックス!
9月に買ったまま、組み立てずにいて、先月、組み立てようと思ったら
材料が違っていて組み立てられなかった整理ボックス。

 ※詳しくは、11月11日の日記をどーぞ。
  http://diary1.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/micchonn-925/?Y=2007&M=11&D=11

でも、無事に交換してもらえて、今日、やっと組み立てた〜♪
しか〜し、またダンボールが増えた...(−−;

2007/12/23(日) 4ニャンコちゃん、安らかに...
雨のち曇。

今月、1年ほど、毎日応援していたニャンコちゃん2匹が、続けて空に旅立ちました。
それから、みっちょんの糖尿病でお世話になった「5ニャンコカンパニー」の元気ちゃんとみぃちゃんも...(;_;)

飼い主さんの諦めない気持ちが通じたのか、
ニャンちゃん達は、奇跡のような頑張りを見せました。

    にゃうちゃん、ごえもんちゃん、元気ちゃん、みぃちゃん
    みんな、よく頑張ったね!お疲れ様でした。
    
    明日は、ニャン天で、楽しいクリスマスを送ってね♪♪♪


このニャンコちゃん達が頑張れた理由のひとつに、
獣医さんの前向きで熱心な治療がありました。

やっぱり、獣医さん選びって大切だな...と改めて思いました。

私は、もしもまたお迎えしたら、あんなふうに頑張れるかなぁ...
一緒に頑張ってくれる獣医さんに、巡りあえるかなぁ...
そう思うと、やっぱりまだ新しい子をお迎えする自信がありません。
獣ナシ生活は、まだ続きそうだわ...

*********************************

今年最後の古新聞の回収が、雨のため中止になった。
古新聞とダンボールを山積みのまま、新年を迎えるのか...とほほ...

母は、熱は下がったけれど、咳がやっぱり止まらないらしい。
ほで、食欲もなく、身体が重くてしんどいらしい。
低血糖かな?と聞いたら、血糖値は100を超えているので大丈夫そう。

う〜ん、ステロイドを飲んでたら、もう少し食欲が出てもいいはずなんだけどな?

昼は、素麺を少し。
でも、夜は、無理をして、お餅1個・ミニバナナ1本・茶碗蒸しを食べたとメールが来た。

水曜日の検査で、入院になるのかなぁ...
お正月を病院で迎えることにならないといいんだけど...(−−;

2007/12/22(土) プレミア出たー!@倖田來未
朝から、一日中雨。

母の様子を見に行きたいところだけど、keikoも風邪気味だというので
移されると大変なので、止めておく。
今、私が風邪でダウンしたら、来週、母を病院へ連れて行けないからねぇ。(>_<;;

雨だし、洗濯も少しだけして、ボ〜ッと過ごしたけど、
夕方からちょっとパチに行きたくなって出かけた。

倖田來未ちゃんで、大勝利〜〜〜。

プレミアのドラム君も出たー!!!(^^V


なんか、勝てる予感があったのかも〜。>勝手な言い訳。へへッ...

2007/12/21(金) 071221熱が下がっても解熱剤?/腰痛の通院
晴。

母の咳は、相変わらず止まらないらしい。
この容態だと、多分、また間質性肺炎の再発かもなぁ...
来週、また検診だけど、入院かなぁ...どよ〜ん...

熱は、今朝も低すぎて、35度台。
それなのに、keikoは解熱剤を飲ませていると聞いて、ビックリ!

飲まなくていいと言っても「また上がると困るもん!」と言い張って、私の言うことを聞かない。(−−#

「もう、ほっといて!!!」と言うので、「勝手にしー!」と喧嘩になる。

熱が下がっているのに、解熱剤を飲ませるなんて...
マジ、あんなにアホとは、思わなかったわ(−−;;


今日は、主治医が心配して電話をくれたらしい。
ほで、熱が下がっているなら、解熱剤は飲まなくていいでしょうといわれたらしい。>やっぱりねぇ。

keikoは、

12日にもっとちゃんと見てくれたら、こんなにひどくならずに済んだのに!!!

と、また激怒だったらしい。

12日は、先月の28日に撮ったレントゲンを見て綺麗だったので、聴診器も当てなかったらしい。
聴診器をあててくれてたら、肺炎になっているのが分かったのになぁ...

今回は、主治医の油断もあったと思う。

******************************

会社帰りは、自分の腰痛の病院。

先週貰った薬で、腰の痛みは少しマシになって、夜中に痛みで目が覚めることはなくなった♪

でも、会社の事務机は、ちょっとレイアウトを変えてみたけど、
机の高さを変えられるわけじゃないので、あんまり変わらないなぁ...
大体、普通の事務机にデスクトップ型のパソを置いて、
書類を書きながらパソ入力って、無理があるっちゅーのっ!

これ、絶対に業務災害だってばさ!!!

実際、同じ仕事をしている女性は、み〜んな腰痛と肩凝りで、マッサージや整体に通っている。
おっさん連中が、腰痛・肩凝りにならないのは、チンタラサとボってるからで、
仕事してないから、腰痛にもなる分けないってことだわね!?
ほんと、ムカツク職場だわ!!!(`ε´) 

次の通院は、来年。
先生は、「年末始の休みで、少しは良くなるしょう」って言ったけど、
年賀状製作が待ってるのよねぇ...(^_^;;

2007/12/20(木) 熱が下がりすぎ/電車のマナー
晴。

母は、薬が効いたのか、良くなってきたのかわからないけど、熱は下がった。
でも、今度は、下がりすぎて、35度台...これって、いいの???

咳は、相変わらず、止まらないらしい。>あかんなぁ...(−−#


帰りの電車では、ちょっとした事件。

電車に乗って、座ったものの、な〜んかイライラ〜!!!

理由の一つは、隣の無神経おやぢ。
座席をキチキチに幅寄せして座った上に、変な週刊誌をペラペラ、ペラペラ...
ほとんど読まずに、ただペラペラとページをめくっているだけ。
ほで、ずーっと、クソおやぢの肘が私の腕に当たって、きーーーっ!!!

なんで、人に当たってるのに、平気なのか???

  私を電車の壁と間違ってるんかー!?

と、怒鳴ってやりたいくらい、無神経に人に肘鉄するクソおやぢ!!!


ほで、少しでも気を紛らそうと、iPod を聞き始めたけど、な〜んか、音に集中でず、イライラ...(−−#

と、その時、前の座席の私と反対側の一番端のおっちゃんが

   「やかまいしいぃぃっ!!! 向こうに行けっ!!!」


と怒鳴った。


何が起こったん???と思うのと、車両がシ〜ンと平和な音になるのが同時だった。

な〜んかイライラする原因は、お喋りオバサン二人の声だった。
本当に、大きな声で、ベラベラと、途切れることなく喋りまくってたから、耳障りだったのね...
まん前に座ってるおっちゃんが怒鳴ったのも無理ないわってくらいやかましいかったもん...(−−#

んで、おばちゃん二人は、「むこうに行こっ...」と言いながら、電車を降りた。
それで、電車は静かになったけど、隣のクソおやぢは相変わらず肘鉄の連続。

私も、

  おっさん、肘が当たってるのわからんのかー!?

  あっちに行って読めっ!!!


と言えたらなぁ...と思いながら我慢の30分だった。

結局、お猿の駅までは我慢できず、途中下車して、パチに寄り道。(^^;;
パチは、ちょっと負け...

 クソおやぢのせいやー!きーーーっ!!!

2007/12/19(水) 母は、また入院...かも...
晴。

母は、近所の診療所で再検診。
相変わらず、熱があるし、咳も良くならないので、
診療所の先生が、

 「このままでは、仕事にも行けないでしょう?
  もう一度、○大病院に行って、できれば入院手続きをした方がいいのでは?」


と、紹介状を書いてくれたらしい。


ほで、それから、また阪大へ行って、主治医と相談。
主治医は、こんなに長びくとは思っていなかったようで...

春も、今回と同じように、内科・耳鼻科・ヤブ会病院で、
「ただの風邪だから大したことない」と言われて、
それでも咳が長びいて、結局入院...
それでも、全然良くならずに、死にかけて、転院ってことになったのよねぇ...(−−#


 だ〜から、先週、連れて行った時に、もっとちゃんと見てくれてたら
 こんなことにならなかったのにっ!!!

    ○大病院の医者もヤブやーーーっ!!!


とKeikoは、大激怒!!!(>_<;;


んで、ベッドに空きがないので、予約して帰ってきたらしい。う〜ん...いいのか?

薬は、またステロイド再開。
これで、咳が治まってくれてばいいのだけど...

母は、病院の掛け持ちで疲れたのか、家に帰ってきてからグッタリらしい。

Keiko、おかーさん、お疲れ様でした〜!!!


ほで、私は、keikoと母が大変な時に、会社の忘年会。
プチ幹事なので、ドタキャンはできないし...仕方ないわ...(><;;

2007/12/18(火) 母は、一向に回復せず...
【12月17日の続き】

お昼に、母から「熱は上がったり下がったりだけど、咳は大分治まってきた」
メールがきたけど、朝のkeikoのメールでは、どんどん弱ってきているらしい。



・熱の原因は、風邪なのか、また間質性肺炎の再発なのか???

・風邪なら、このまま抗生剤。間質性肺炎ならステロイド。
 ステロイドは、まだ残っているので、勝手に飲んでいいのかどうか...
 私なら、飲むかもなぁ...(^^;;

・もう一度、阪大に行っても、また追い返されるなら、行くだけ無駄。

・近所の診療所で、紹介状を書いてもらって、強引に阪大へ行くべきか?


深夜、母が、寝る前に飲むコウセイ剤(マイシン)を
食間の咳止めと間違って飲んでいたと、keikoからメールが来た。(>_<;;
38.5度の高熱は、薬を間違えて飲でいたせいかな?とkeikoが聞くけど、
間違ったのは、今日一日だけみたいなので、それが原因じゃないと思うなぁ...

う〜ん...どうしたもんか...



【12月18日・晴 母の容態】

朝は、フルーツヨーグルトとホットミルクを飲んだらしい。

母は、薬を飲まないと治らないと思ってる。
なので、薬を飲むためには、少しでも食べないといけないと思っているようで、
無理をしてでも、食べるので、まだ少し安心。

keikoは、とうとう会社を休んだ。
これで、有給休暇は、マイナス...来年3月まで、どーするのか???(>_<;


11:30 熱:36.8

 午前中 咳が少なくて、よく寝た感じ。
 朝、熱が上がらなかったのは、朝方に飲んだイブが、効いてるせいかな?
 
 ちょっとお腹空いたと言うので、keikoがとろろ蕎麦を作って食べさせたらしい。


 1人でいると、熱があっても、自分で食事の用意をするのに動くから、熱が上がるのかなぁ。>keiko談


12:00
 
 沢山の薬が処方されているので、イブ錠を飲むの嫌がったけど、
 ご飯食べた後に、咳が出始めたので飲ませる。
 咳が出ると、熱も出てくるから...>keiko談


12:30 熱:37.0度。 また上がってきた。


16:00 咳がひどくなってきたので、ウガイをさせたら、少し治まった、
      熱:38.1度。また、上がってる〜!!!(>_<;;


17:40 熱:37.4度  沢山汗をかいたから、下がるといいけど...


18:30 熱:37.1度  咳が出始めた。 お雑煮を食べる。


19:30 咳が少し治まる。


20:40 熱:38.1度。 母は、「もう少ししたら熱は下がる」と言って
               イブ錠を飲むのを嫌がるので、暫く様子を見ることにする。


う〜ん、やっぱり熱は薬で下がっているだけで、本当は、全然下がっていない。
普通の風邪で、こんなに長く熱が続くのは、やっぱりおかしいよなぁ...(−−#

2007/12/17(月) 母の熱が下がらない
晴。

母の風邪?は、一向に良くならない。

微熱は、もう11日も続いている...
○大病院の主治医は、風邪だと言ったけど、
前回の入院になるまでと同じ経路を辿っているような...

大丈夫かなぁ...



5日 18:00 熱:38.1 
   23:00 熱:37.4 血圧156/108

 6日 12:00 熱:36.8 下がったのは、薬を飲んでいるから???

 7日 11:24 熱:37.1 血圧145/15 脈拍88 のどの痛みは、少しマシになったらしい。
   22.25 熱:37.0 夏が、なかなか下がらない。咳が出始める。

 8日 朝     熱:36.7 喉が痛くて、あまり食事を取っていないので、血糖値の薬はパス。
         咳がひどくなってきた。  

 9日  9:50 熱:36.9 微熱が続いているし、咳が出始めたので、明日○大病院へ行くことにする。

10日  7:40 熱:37.4 咳はちょっとマシかな?と母からメール。

11日  7:30 熱:37.1 昨夜から、咳がひどくなってきた。昨夜は、イブ錠を飲んで寝る。
    21:40 熱36.4〜37.8を行ったり来たりしていると、母からメール。

12日 

 深夜の1時過ぎから2時過ぎまで、5分も間隔が空かないくらいに咳が出る。
 
 ○大病院の主治医からは、以前の咳とは全然違うから、大丈夫と診断される。
 前回の入院騒動になる前に、ヤブ会病院で処方されたのと同じ薬が処方された。
 咳止め、痰の薬、抗生剤。解熱剤はナシ。

 23:00 熱:37.7


13日

 寝る前 熱:37.4 解熱剤は飲まないまま寝る。

 深夜3時くらいから、咳がひどくなる。 
 熱:37.9 イソジンでうがい。イブ錠を飲む。
 

14日

 朝 熱:36.4 自分で牛乳を温めて飲んだらしい。熱が下がると、少し元気?


15日

 0:25 熱:37.9 イブ錠を飲む。
 咳は治まってきたけど熱がなかなか下がらない。

 08:30 やっと咳が治まって、眠る。
 10:00 熱:37.6
 12:00 熱:37.6
 15:00 熱:36.7
 19:40 熱:38.1

 熱が一向に引かないのは、何故???(−−#
 熱があるせいか、息も荒くて苦しそう。

 病院の薬(抗生剤)を飲んでから熱が高くなった。
 ベンザブロックの方が効いていたかも...
 母には、抗生剤が合わないのかも...

            >以上、Keiko談



16日

 朝 熱:37.3 
 微熱だけど、もう1週間以上も続いているのは、おかしいと思う。

 近所の内科に行く。

  レントゲンでは、ちょっと肺が白くなってきている。(>_<;
  採血2種類・痰・尿の検査をする。(結果は後日)


17日

 朝5時過ぎ 熱:38.2 頭痛。イブ錠を飲む。
 朝6時過ぎ 熱:37.1 熱は少し下がって、頭痛も治まる。
              咳は相変わらず出る

 12:00 母から、咳は大分出なくなった。熱は36〜37.8を行ったり来たり
       と、メールが来る。

       メールが打てるくらいだから、ちょっとは元気になってきたのかな?と思い電話をしたら、
       少し元気そうな声だったけど、夜、keikokが帰ってくると、熱もあり、
       かなりしんどそうだったらしい。
       
 22:00 熱:38.5 今まででMAX!(>_<;;


 熱が38度を超えるようになってきた。
 その度に、イブ錠で対処ってのは、どうなんやろ???
 病院で解熱剤がでないってのも、どおよ???(−−#
 

2007/12/16(日) ウインドーショッピング
晴。

Keikoが、クマさん加湿器が欲しいと言うので、コー○ンに行ったけど、
やっぱり売り切れ...がくり〜。

ほで、keikoに「売り切れや〜」とメールしたら、
「もう近所で買ったからいい」って...

  もっと、早く言え〜〜〜!!!(−−#

わざわざバスに乗って、コー○ンまで行ったのにさぁ...ぶちぶちぶち...

せっかくコー○ンまで出かけたので、
ついでに近所のショッピングセンターにも行ってみる。

   久しぶりに1人でブラブラとウィンドーショッピング♪♪♪

   綺麗なクリスマスツリーが飾られていた〜♪ 



帰りは、カル○ール名物?のローストチキンを買って、他にも食料を買い込んで
両手いっぱいに荷物を持って帰宅。

こんな時に限って、あんぱん旦は「道が込んでるから、外の道から帰る」って言って
迎えに来ないのよねぇ...
半分は、あんたの食料だってばさ!ブチブチブチ...(−−#

2007/12/15(土) エステとパチ(^^;;
晴。

お昼前に、スポクラのエステ。

数日前、メガネのパッドで、鼻の付け根が被れた。
真っ赤になり、プックリと腫れて、その後、皮が剥けそうなので、顔を洗うのもそ〜っと洗っている。
なので、そこだけ避けてもらう。

「無理に皮を剥いたらダメですよ!」って念を押されたけど、これって剥きたくなるよねぇ...
でも、我慢、我慢!!!(>_<;;

それにしても、なんでこんなところが被れたんやろ???
パッドが古くなって、変質したのかなぁ???とほほ。

エステ後は、トレーニング...に行きたい所だけど、腰痛治療中のためパス。
ほで、ちょっとパチへ。>いいのか???

大当たりしても5Rの甘デジ台で、粘って、粘って...10箱っ!(^_^V

パチ店のお姉さんに「あんな台で、良く出しましたねー!」と褒められた。(^^;;

2007/12/14(金) 背骨を褒められてもなぁ...
晴。

母の風邪も心配だけど、今日は自分の腰痛の心配。

この腰痛が始まったのは、今年の始めごろだったかな...?
ほで、その内に治るだろうと思ってたけど、中々治らないので整形外科に行ったのが、4月11日。

その時は、な〜んか的外れな医者で、股関節のレントゲンを撮って、異常ないと言われた。

http://diary1.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/micchonn-925/?Y=2007&M=4&D=11


今日は、せっかく行ったのに整形外科は午後は休診。がくり〜
でも、外科でいいなら、受診しますか?と言ってくれたので
また、この間の的外れの整形外科医者に診てもらうなら、
外科でもいいから、違う先生に診てもらった方がいいかもと思い受診することにした。

しかし、外科は込んでいたー!(ノ゜0゜)ノ
1時間以上待って、やっと順番が来た。やれやれ...


先生は、どうやらここの院長先生。
前回の整形外科医とは違い、アチコチ抑えたり、曲げたりと詳しく診てくれた。

最後に、「正座は出来ますか」と聞かれて、正座した。
そしたら、「そのまま、前にどこまで曲がれますか?」と聞かれたので、
アラーの神にお祈りするように、ペタンとベッドに頭をつけた。

先生は、「ふ〜ん、柔らかいですね...」と言ったけど、こりって何???


その後、レントゲン。

しか〜し、急患が入ったとかで、レントゲン室の前は満員。(>_<;
30分くらい前に、帰ったと思ってた人も、レントゲンの順番待ちをしていた。

は〜、帰るまでに、何時間かかるんやろ...お腹も空いてきたぁ!


レントゲンは、前回は、たったの2枚だったけど、今回は7枚も取った。

病室に戻ると、先生は不在。隣の部屋で検診中のモヨウ。

電気の壁には、私のレントゲンが吊るされていたので、勝手にチェック。(^^;;
どこも変な所はないような...とか思いながら、熱心に見ていると、先生が入ってきた。

先生:さて、見て見ましょうか
私 :どこか変なところ、ありますか?
先生:う〜ん...姿勢が良すぎるかな...
私 :へ...???姿勢が良すぎるとダメなんですか???
先生:この背骨のカーブだけど、あまりに綺麗なカーブだから...



   はぁぁ???背骨のカーブが綺麗って???

   そりって、いいの??? 悪いの???

   それに、そんなとこ褒められてもなぁ...(−−;;



私 :カーブが反りすぎて、良くないってことですか?
先生:いえ、そうじゃなくて、いい姿勢を保つのに、背中や腰が疲れるかと...
私 :別に、そんなことはないと思います。
先生:でしょうねぇ...



前回は、股関節が硬いと驚かれ、今回は背骨のカーブが綺麗と驚かれた。


   私の骨って、一体どんなやね〜ん!q(≧_≦)p


先生は、

 骨に異常がないのに、1年近く痛みが続いてるってことは、何か原因があるはず。
 ただ、黙って検査したけど、重大な怪我はありませんから大丈夫でしょう。


と言った。

その内緒の検査が、正座してアラーの神に祈る姿勢だった。
腰に故障があると、この姿勢はできないらしい。

ふ〜ん、そうなのか...ってことは、そんなに心配しなくていいみたいね。
でも、夜、眠れないくらい痛いのは、なんで〜!?

ほで、会社のパソ机の話しをしたら、

 「あーっ!それですっ!多分それが原因でしょう!!!」

と、先生の目がキラリ〜ン!


ほで、机とパソの位置や高さを工夫してみるように言われた。
う〜ん、鍼灸院の先生にも指摘されたから、色々やってみてるんだけどねぇ...

とりあえず、1週間分の鎮痛剤・ビタミン剤(B1・B2・B6・B12)・胃薬を貰った。

鎮痛剤は、片頭痛で貰っているのと同じ「ロキソニン」
ちょうど切れてたから、ラッキ〜♪


鍼灸院の先生は、私が「ここが痛いんです〜」と言いながら腰を叩いたら、
「腰を怪我してたら、叩いたりできないから、重大な故障はない」って言ったけど、
やっぱりその通りだったみたいね〜。
んでもって、会社の机が悪いって指摘も同じだし、腰痛の原因は、やっぱり会社の机だわ!!!

  これって、業務災害じゃないのぉ!?(`ε´) 

  来週からは、仕事は、ほどほどにしよ〜っと!

   
  いつもは、一生懸命にやっているのかって?...やってるわよぅ!!!>ほんまか?(^^;;

2007/12/13(木) 加湿器、色々...
曇。

母の熱と咳が一向に良くならない。

んで、Keikoが加湿器が欲しいと言うので、会社の帰りにヨ○バ○カメラに寄る。

しか〜し...いっぱいありすぎて、どれがいいのかわかりましぇ〜ん!(ノ゜0゜)ノ


@スチームファン式(水を沸騰させてお湯にし、湯気を出す)

 ・価格低


 ・お湯を沸かして湯気を出すので、殺菌作用があり衛生的。
 ・衛生的なので、免疫力の弱い幼児や高齢者にはお勧め。

 ・タンクにお湯を溜めるので、危険。
 ・スチームが高温なので、直接当たると危険。
 ・音が大きい。お湯の沸く音もする。
 ・部屋が暖かくなるので、冬はいいけれど、春先は暑いかも?
 ・省電力が高い。



A超音波式(水を超音波振動によって細かく破砕し、それをファンによって吹き出す)

 ・価格中


 ・霧が細かい。
 ・消費電力が低い。

 ・汚れた水でもなんでも、そのまま霧状にして吹き出してしまうので不衛生。
 ・水中のミネラル成分も吹き出すので、それらが結露したところが乾燥すると、
  ミネラルが析出し、そこらじゅうが白い粉だらけになる。
  とくにテレビのブラウン管画面などは静電気を帯びるので、真っ白になる。
  
  ※これは、フィルターで対処しているが、フィルター代がかかるし、  
   肺炎になった事例もあるらしいので、母には不向き。 
 
 ・スチームは、冷たいので安全だけど、部屋が冷える。
 ・フィルターの交換が必要。(コストがかかる)
 ・カビが繁殖するので、マメな手入れが必要。
 ・加湿能力が低い。



B気化式(フィルターに吸わせた水を蒸発させる)
 
 ・価格中


 ・水そのものが蒸発するだけなので、ミネラル分やばい菌が吹き出されることは、
  基本的にはないので、衛生的。  
  ※但し、100%、ばい菌が吹き出ないとはいえない。 

 ・湿ったフィルターを風が通るので、多少だけど花粉・部屋のほこり・タバコの煙・
  ホルムアルデヒドなどの水溶性の有害ガスなどもフィルタが除去してくれる???
  ※それだけ水が汚れるということになるので、マメな手入れが必要。

 ・フィルター自体がカビると不衛生になるので、マメな手入れが必要。
 


Cハイブリッド式(スチーム式と気化式のいいところをあわせたもの)

 ・価格高


 ・一定時間ごとにお湯をフィルターにかけるなどして殺菌するので、比較的衛生的。
  (但し、日本の大手電気メーカーのもので、外国製は疑問あり)
 ・暖かくて湿った空気が出るが、スチーム式のように熱くはないので、安全。
 ・フィルターの交換が必要。(コストがかかる)



んで、どれがいいのか分からず、買わずに帰ってきた。バタリ。

コーナンには可愛いクマさん加湿器もあるらしいのだけど、
ネット通販では、どこも売り切れ..ガクリ〜。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/asobi/kumakasitu.html

直接コーナンに行ったら、残ってるかなぁ???

2007/12/12(水) 母、病院へ行く
曇。昨日は、かなり寒かったけど、今日は、比較的、暖かかった。

keikoが朝から母を病院へ連れて行った。

主治医の診断は、風邪。

「前の咳とは違うでしょう?」と言われて、母も「はい、全然違います」と答えたらしい。
仕事を休んで連れて行ったkeikoはプンスカ!
有給休暇が来年3月までに、あと一日になったから、怒るのも無理ないか...(>_<;

処方された薬は、前回、ヤブ会病院で最初に出された薬と同じ、抗生剤と咳止めと痰を切る薬。
前回、この薬で治らず、どんどん悪くなったので、keikoはかなり不安らしい。

ほで、病院へ行って、薬を貰って飲んだにも関わらず、
夜になって咳がひどくなり、熱も上がってきて、頭痛もしてきたらしい。

   薬飲んでから、余計にひどくなってきたやん!

と、keikoは、益々激怒!!!(>_<;;


  そりゃ、解熱剤は、処方されてないから、熱は上がるやろ...

ほで、イブ錠を飲んでも大丈夫かと聞くから、大丈夫だから飲むようにと指示する。
私は、抗生剤とイブ錠で十分だと思うんだけどな...(^^;;

  だって、私の経験では、咳止めって、どれもあんまり効かないのよねぇ...

母は、先週、上あごというか、鼻の奥のところが痛いと言っていたから、
そろそろ鼻の炎症が喉に降りてきて、咳がひどくなるんじゃないかと思っていたけど
思ったとおりになったなぁ...
 
   う〜ん...咳が長びいて、体力を消耗するのが配やなぁ...

12月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.