みっちょん、ふぁいとぉ!
みっちょんは、イタ天からいつもお病気のペットちゃんを応援しています!
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年1月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2014/04/27 お引越ししました
2009/04/01 みっちょん日記のお引越し
2009/03/31 ボディースキャン/アボカドカッター
2009/03/30 アボカドカッター/1日4食はあかんよねぇ...
2009/03/29 ソルトおろし?

直接移動: 20144 月  20094 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2008/01/31(木) 母の退院は...(−−#
晴。

会社帰りに鍼灸院に行ったけど、満員御礼。
ほで、鍼灸院は諦めて、ちょとパチ。

これが腰痛や肩凝りの原因かもって声もあるけど、ちょっと違うみたいなのよね〜。>ほんまか?!(^^;


【母の容態】

母の退院は、来週火曜日に決定。

う〜ん...平日じゃなくて、土曜日にして欲しかったなぁ...
私が会社を休めばいいのだけど、前日の月曜日が人間ドックで休暇を取るので、
二日連続の休暇はちょっとキツイ。
ほで、keikoが迎えに行くことになったけど、今回の入院までのバタバタで
有給休暇を使い切ってしまったkeikoは、また欠勤で、お給料が減る。
病院ってとこは、患者の家族の生活までは考慮してくれないってことね。(−−#


母を何度も連れて行ったのに、大丈夫だって言った医者には、

   特等室の入院代と欠勤の減給を弁償して欲しいもんだわさ!!!


んでもって、退院後の外来は、また同じ医者になった。
今日は、院長先生と一緒に病室まで来て「外来で待ってますから」と言ったらしい。

前回の退院時にも、そー言ったくせに、いざ悪くなって診て貰いに行ったら

   「たいしたことないから、町医者で診てもらえ」

って行ったくせにさー!(`ε´)


外来での血液検査では、膠原病の数値は、検査してなかったみたいだし...
検査結果を聞いたら大丈夫だって言ったのは、何の数値を見て言ってたのか???

院長先生には、言い訳してたらしいけど...
退院後の外来で、ちゃんと診てくれるのかどうか...かなり不安だわ...(−−; 

2008/01/30(水) 胆石の検査結果
曇。

胆石の検査の結果を効くために、病院へ行く。
今日は、keikoも残業をパスして来た。


【母の容態】

病院へ行くと、母は前回の入院で同室だった女の子の部屋にいた。
彼女も、先日、再入院したらしい。
免疫の病気の人たちは、この時期に体調をくずす人が多いのかもねぇ。

ほで、若くて、優しい女の子なので、母はその女の子にベッタリのモヨウ。

母には、あまり迷惑かけないようにと言いきかせた。(^^;;


胆石は、小さいのがいっぱいで、砂利を敷き詰めたような状態。
小石はクルクル動いているので、時々痛くなるらしい。

>これは前回も聞いたってば...

ほで、今の状態では、手術は無理なので、薬で胆道を広げる薬を飲むことになった。
小さな石なので、胆道が広がると、出るかもしれないらしい。

手術しなくても良くなったけど、また薬が増えるのか...(−−;

2008/01/29(火) 朝型片頭痛/ヨン様とデート♪
雨。

昨夜は、すっごく眠かったので、早く寝て、早く起きようと思い、
朝の6時に目覚ましをセット。

しか〜し、早朝の5時半に、片頭痛...(>_<。

寝る前に、腰が痛かったから、ロキソニン(病院で処方:片頭痛でも処方して貰ってる)を
飲んで寝たのになぁ。(−−#

重症にならないうちにと、急いでイブ錠を飲んで、寝直したら
なかなか起きられなくて、結局起きたのはいつもよりたったの5分早い時間。ガクッ...

それでも、朝の5分は貴重!
ドリップ式のコーヒーを入れて、チョコレートケーキなんか食べて出勤♪

来週、人間ドックなのに、朝からこんなのを食べてていいのか???(−−;
チョコレートは、片頭痛の誘発剤だし...>あほ〜!


仕事は、イライラ度200%

昨年、退職して、また働きに来ているオッサン連中に足を引っ張られた。
このおっさん連中ときたら、仕事する気もないくせに、定年後もチンタラ勤務でやってきて
小金を稼ごうなんて、

 あつかましーんぢゃーーー!!!



【母の容態】

「明日、胆石を取るかどうか、専門の先生に検査してもらうことになったので、
お見舞いに来るなら明日の方がいい」と母からメールがきた。
ほで、今日もお見舞いはパス。

でも、胆石は、前回の入院でも、詳しく検査したはずなのになぁ...?(−−#


******************************

お見舞いに行かなくて良くなったので、帰りにちょっとパチ。
久々に、ヨン様とデートして、ちょっとだけどお小遣いも貰った〜。♪

やっぱり、冬ソナ台は、綺麗だわ〜☆☆☆

近々出るらしい冬ソナ2も楽しみ〜〜〜♪


※パチ店で傘を無くした...勝ったから、ま、いっか...(^^;;

2008/01/28(月) ランタス
曇。夜は雨。

母が、雨が降ってるし、今日は来なくていいと言うので、お見舞いはパス。


【母の容態】

母のインスリンは、24時間持続して効くランタス。

なので、打つのは、1日1回。朝でも夜でも、OK。
但し、毎日同じ時間に打たないといけない。

母は、目が悪いので、注射器のメモリがよく見えないため、自分で打つのは無理。
となると、毎日同じ時間に打てるのは、朝が一番確実。

でも、インスリンを打って、下がり始める時に気分が悪くなるらしく、
その後、暫く、しんどいらしい。


だから、母は、夜に打って、そのまま寝る方がいいみたい。

でも、それだと眠っている間に低血糖になった時にわからず処理ができないのよねぇ。(∋_⊆)

やっぱり、朝のほうがいいと思うなぁ...

2008/01/27(日) 夕方から、ちょっとパチ♪(^^;;
晴。

部屋の片付けと、1週間分のみっちょん日記の更新で、夕方までかかる。(汗)(汗)
ほで、夕方から、ちょっとパチ。

今日も、ヤマトで、儲かった〜♪うきゃっ!!!

詳しくは、後日パチ日記で...>パチ日記は、かなり遅れてま〜す。(>_<;;


【母の容態】

母は、かなり元気になっていたとkeikoから連絡があった。
今度は、本当に退院かなぁ?(^^;;

2008/01/26(土) 買い物♪
晴。

Keikoは、午前中、母のお見舞い。午後からは、私と買い物。

私の買い物は、セーター・ソックス・ブーツ・アクセサリー数個...etc.


今月の23日は、keikoの誕生日だったので、買い物の帰りに
何かご馳走してあげようと思ってたのに、
体調不良で食欲がないらしく、いらないと言って帰った。

keiko、元気になったら、おいしいものを食べに行こうね〜!


【母の容態】

昨夜差し入れしたイチゴ大福を半分食べたお陰か、朝は低血糖にならなかったモヨウ。(^^V

残りの半分は、今日食べたらしい。
すごく美味しかったっとメールがきた。(^^;;

2008/01/25(金) またまたインスリンで騒動
晴。

母から、インスリンで、カリメロ看護師ともめたっていうので、早退して、病院へ行く。


【インスリン事件】

朝、カリメロ看護師がインスリンを打ちに来て、20単位打った。

母は、16単位だと思っていたので、間違ってると言って
カリメロ看護師は、「カルテは20単位になっていた」と、モメたらしい。

母は、低血糖で、気分が悪くなり、ブドウ糖を飲んだらしい。

後で、20単位は、主治医の指示だと分かったらしいのだけど、
日頃から、頼りなくて、信用してない看護師だから、コーゆーことになるのよねぇ。(−−#



ほで、ランタスに変えてからの血糖値はこれ。↓


        ランタス  翌朝の血糖値
          
 1/22   12単位   128  この日は、まぁまぁ。

 1/23   16単位   153  16単位に上げたのに、血糖値が上がっているのは何故?

 1/24   20単位   145  低血糖で、ブドウ糖を飲んだりしたので、こんなもんかな?
 

う〜ん...12単位で、翌朝が153。16単位で、翌朝が145。

それで、20単位に上げたのか...
でも、毎日、変えたらわからんやろ...
20単位だと、かなり低血糖値になったし。(>_<;;


そういえば、みっちょんの獣医さんも、

  インシュリンを○ml増やして、血糖値が○○下がったから、
 
  △mlだと△△下がるはず


っていう計算をしていた。


でも、私が思うには、ステロイドの副作用で血糖値が高い人は、、
元々、すい臓の働きが悪くてインスリンが出ていない人のようには、
インスリンの量が計算どおりにいかないんじゃないかと思う。
みっちょんも上がったり下がったり、ジェットコースターだった。
ほで、獣医さんに見放されて、諦めろって言われたんだった。(−−#

でも、ステロイドが切れたら、血糖値は元に戻って、インシュリン離脱したのよねぇ♪


先生は、「低血糖になったけど、夕方からはまた上がってきているからねぇ」と言ったので、
私は、「ブドウ糖、飲んでますからねっ!」と、言ってしまった。(^^;;

ほで、先生は、明日もう一度20単位にするか、18単位に下げるか迷っていた。

母は、ランタスを打った後、暫くの間、かなりしんどいらしい。
なので、私は、16単位で暫く様子を持て欲しいなぁ...と思ったので、
それとなく、ちょっと下げて、暫く様子を見てみたら...と言ってみた。

ほで、16単位に戻すことになった。ホッ...

イチゴ大福1個を差し入れ。
明日の朝は、これで低血糖にならないといいのだけど...

2008/01/24(木) 今度は、胆石...(>_<;
曇。
朝は、雪が積もっていた。>お猿さんの町は、寒いからね。(^^;;

仕事帰りに、Hデパートで駅弁フェアをやっていたので、ウロウロすること1時間。疲れた...

ほで、駅弁2個とイチゴ大福を買って帰宅。

  イチゴ大福は、明日、会社でみんなと食べるのよ〜♪♪♪


【母の容態】(母からのメール)

朝は、採血3本。
採血の時に、ちょっと看護師さんに文句を言ったようで、
看護師さんが気を使っているとメールが来た。

う〜ん、今までいい子ちゃんだったけど、ワガママ患者に変身か???(−−#



         【血糖値】
      
        1/18  1/19  1/20  1/21  1/22  1/23  1/24

 7:00    96   150   115    133    156   128    153
 
11:50   181   120   142    164    152   140    136

17:20   365   325   291    310    317   299    286    
                                    
21:30   307   261   260    313    302   324    326



胆石が動いたみたいで、痛み止めを飲んだらしい。

その痛み止めだけど、前回の入院時に飲んでいた薬が分からず、
母に聞きに来たらしい。

  
 前回入院していたときのカルテ、ないんやろか???


先生は、母に

 ステロイドが切れたら、手術しようね。
 
 簡単だから。いい機械もあるし。


と言ってくれたらしい。


でもさぁ...
私の職場の先輩のお母さんは、数年前に、その簡単な手術で亡くなったのよねぇ...(>_<;
そこの病院は、何が原因でなくなったのか、納得のいく説明をしてくれなかったらしい。


先輩が、

  「年よりは、身体にメスを入れたらあかんってことやろなぁ...」


とポツリと話してたのを思い出した...(;_;)

2008/01/23(水) やっぱり貧血(−−;
曇。

今夜も、病院へ寄る。


【母の容態】

また、朝方にしんどくなったらしい。
看護師さんが血圧を計ってくれたら、170オーバー。(>_<;
血糖値は計らなかったので分からないけど、血圧が高いってことは、多分、低血糖。

この間、夜にウナギを食べた翌朝は大丈夫だったし、絶対に、低血糖だと思う。

看護師さんが調べてくれた所によると、母の場合、血糖値が80を切ると良くないらしい。
その時には、すぐにブドウ糖を飲むようにと教えてくれた。
それから、ちょっと貧血らしい。やっぱりなぁ...


貧血が分かったせいか、ここのところ、先生が食事の度にメニューを見にきてて、
しんどいのは、多分カロリー不足だろうって言ったらしい。

それで、今日は、ごはん・きつねうどん・肉じゃが・ウナギ・イチゴ
めっちゃ豪勢な食事だったらしい。

母は、盆と正月が一緒にきたみたいな食事やった!と言っていた。(^^;;


やっぱり、私がこの間差し入れした、ウナギとツクネは、食べて正解だったってことだわね〜♪(^^V

2008/01/22(火) 母、オババ看護師についに爆発!
曇。

朝から母に何度か電話をしたけど通じない。
昨日、お見舞いに行った時、

  「お風呂に入ったり、検査があったり、入院も結構忙しいねん」

と言ってたから、午後からは電話をしなかった。

夕方になって、

 「相部屋になったから、携帯電話で話ができなくなった。 
  寒いから、お見舞いにこなくていいから、まっすぐ帰り」


と、メールが来た。


【母の入院日記】(夜の9時過ぎに、母から電話があった)

今朝は、オババ看護婦が朝食前のインスリンをなかなか打ちに来なくて、イライラした。
おまけに、インスリンも打たないで、薬を調べるとか言い出して、
薬の入ったケースをバラバラにして、抗生剤の薬をなくしてしまった。

オババ看護師が、「もう飲んだんと違う?」って言うから、
「飲んでません!」って言い合いになった。
その上、インスリンを打ってないのに、「朝食です〜」と朝食を持ってきたので、

ついに、今までず〜〜〜と我慢してたのも一気に爆発して、

  「インスリンがまだなのに、食べられないでしょっ!」


と怒鳴ってしまった。


他の看護師さんたちが来て、薬を探してくれたら、ベッドの脇に落ちていた。


その騒ぎで、朝食のお粥はさめてしまったし、腹が立って食欲がなくなったから、
朝食はほとんど食べられなかった。


昼は、カリメロ看護婦が、「娘さんがきたら注射の練習しましょね」
って言うから、ハイハイって適当に返事してたら、3時頃にまたやって来た。
ほで、「娘さんまだですか?」って聞くから、

  「仕事に行ってるのに、こんな時間に来られるわけないでしょっ!」

って、言ってやった。

そしたら、「ひとりで練習しましょうか?」って言うから、「したくない!」って断った。
カリメロ看護師は、いつまでも突っ立ってモゴモゴしてたけど、諦めて帰ったわ。(^^;

もう寝るから、おやすみ〜。

                >以上、母からの「看護婦とのバトル報告」。(>_<;


なんか、毎日、事件があるみたいで、落ち着いて病気を治す所じゃないな...って感じ。(−−#

2008/01/21(月) インスリン、明日から変更
曇。

母からは、来なくてもいいとメールが来たけど、一応病院へ寄る。

今夜は、主治医と話ができた。>やっぱり、行ってよかったわ〜♪


インスリンは、明日から持続型に変えるらしい。

1/11〜 ノボリン:3単位。
1/16〜 ノボリン:6単位。

1/22〜 ランタス:12単位。


炎症の数値(感染症の方かな?)は、陰性になったと説明があった。
ほで、抗生剤の点滴は、外れた♪ 
後は、錠剤の抗生剤に変えることになった。
咳止めの薬も今夜が最後。


母は、朝方に、めっちゃしんどくて目がさめるらしい。
その事を聞いた、前回担当だった看護師さんは、

  受け持ちに膠原病患者の人が数人いて、その人たちの症状に似てる

って言ってたらしい。


   あのさ... 母も膠原病だっちゅーの...


看護師さんがそんな言い方をするってことは、
母が膠原病だってことは、知らされてないってことかなぁ???


それから、別の看護師さんには、

  朝方に血糖値が下がりすぎてしんどいのかもって

言われたらしい。


確かに、朝7時ごろの血糖値が100前後だから、朝方4時頃には
もう少し低いのかもしれないなぁ...


母は、今夜もかなりしんどそうだった。

でも、咳と唾は、ほとんど出なくなっている。
だからといって、すぐにステロイドが減るかどうかは、まだ不明だけど...

一応、主治医には、

  前回の退院時は、血糖値を薬で調整できるくらいまで
  ステロイドを減らしてから退院した。


って言っておいた。


母は、せっかくインスリン注射の練習をしたのに、
種類が変わったから、また一から覚えなあかんって、ぼやいていた。(^^;;


今日は、点滴のシリコン針を長い間入れたままなので、血管が痛んでいると思い、
コラーゲン入りのゼリーを差し入れした。
コラーゲンは、血管の再生に効き目があるからね〜。(^^V

それから、朝方の低血糖に防止にも、効き目があると思うから、
寝る前にゼリーを飲むように言って帰ってくる。

2008/01/20(日) お気に入りのお鍋があぁぁ!(T□T)
晴。

金曜日の夜、母のお見舞いから帰ってきたら、
あんぱん旦が、私のお気入りのセラミック鍋でパスタを炊いて、
鍋の取っ手を割ってしまってた。

昨年、某お高いスーパーのポイントをセッセと溜めて、
約半額でGETしたカボチャ鍋。
そのお鍋で、なんとグラグラとお湯を沸かして、パスタを茹でたらしい。

セラミックの蒸し鍋だって、何度も言ったのに...
お湯を入れないで、フタにお水を入れて蒸すお鍋だって
何度も、何度も言ったのに...


  私の言うことを全然聞いてなかったってことかいなー!?



しかも、あんぱん旦は、お酒飲んでグーグー寝てしまってる...


  もう、ほんとに、ほんっとに、大バカーーーっ!!!



しかし、あれでお湯沸かしたら、割れるってわからんかー!?

    マジ、大バカっだわっ!!!
  
    私は、バカは大ッ嫌いなのよーーー!!!




何でこんなに怒るかっていうと、お気に入りのお鍋を
パーにされたのは、コレで3度目。

以前も、従兄弟の結婚式の引き出物にもらったピカピカのずん胴鍋を
焦がされたのよね...

夜、ピカピカのお鍋でカレーを山盛り炊いて、翌日会社から帰ってきたら
先に帰ってきたあんぱん旦が、カレーを暖めたまま寝てしまって、
そのまま数時間経過したモヨウ...

ほで、部屋中煙になって、息苦しくて目が覚めたらしい。

慌てて換気扇を回したら、マンションの廊下まで煙が一杯になって
近所の人が家事かと思って、見に来たらしい。

新品だったピカピカのお鍋は見るも無惨な姿になってた...


腹が立ったので、「ちゃんと研いて元通りにしてっ!」と怒ったら、

「ちゃんと研いてあるやろっ!」

と逆切れされた。


   これのどこが磨いてあるねーーん!?

と激怒した。(`ε´) 


私は、何日もかかって研いたけど、焦げ跡は完璧には取れなくて、

   今も、見る度に、悲しさと口惜しさが蘇る...


もう1つは、使いやすい片手鍋。
これで、ビニールパックのカレーをパックのままお湯に入れて
ビニールが溶けてお鍋にいっぱいくっ付いて、使えなくなった。

この時も、ちゃんと綺麗にしてって言ったら、「そんなことくらいで怒るな!」
と開き直った。

いい年して、レトルトパックと、ビニールパックの区別も出来ないって...

 ほんっとに、大バカおやぢだわよーーー!!!


カボチャ鍋を割られた仕返しに、
ゴルフクラブを全部捨ててやろうかと思ったけど、
そんなことしたら、新しいのを買える〜♪と
喜ぶだけのような気がして止めた。

同じ鍋を100個くらい買って、
旦那の部屋中に積んでやろうかと思ったり...
でも、そんなお金ないし...


あんぱん旦は、反省の「は」の字もナシ。
それどころか、まだ使えるやん...って

私が「割れた耳はどうしたん?」って聞いたら
「それが、ないねん。お前も探した?」って...

なんで、私が探さないとあかんねーん!(`ε´) 

アテツケに、ずっとそのまま放置しているけど、
見るたびに、悲しい...

それなら、片付ければいいってもんだけど、
でも、でも、自分で片付けるのは、かなり悔しい...


   あ〜、ほんっとに、ぐやじーーー!(>_<。



今日は、夕方から、ちょこっとパチ...
の、つもりが、ジャンジャカ出て、10時過ぎまで
帰れなかった。(^^;;

無くしたパチの余り球カード(5000個もあった)も出てきた♪
>詳しくは、後日、パチ日記で報告予定。

今年の初詣のご利益、ここで発揮されたかな?

2008/01/19(土) 血糖値/カリメロ看護師
曇。


【母の容態】(Keiko談)

母は、朝の10時過ぎに風呂に入った。
でもそれは、いつも先生が診察にくる時間。

その時間に、患者をお風呂に入れるカリメロ(頭に卵の殻をつけたヒヨコ=半人前ってこと)看護婦。(`ε´) 

母がお風呂に入っている間に先生が来て、そのまま帰ってしまったらしい。

   診察せずに帰る、医者も医者ぢゃー!


今回の入院は、安心してお任せできなくて、ほんとうに落ち着かない入院やわ!!!
今日は、先生が帰ってしまって、話しも聞けないから、いても仕方ないから帰るわ。


母の話しだと、先生は、肺の音が綺麗になってきて『これで、ばっちしや』と言ったとか。

   肺は、治ってきたかもしれないけど、血糖値はダメダメやん!


カリメロ看護婦は、しきりに親にインスリン打ちをさせたがるし...
退院が決まって、家で打つことになってからでいいと思うのに...
そんなに急いで覚えなあかんほど、難しいもんでもないのにさー!!!

カリメロ看護師は、親がちゃかちゃか動くから目が悪いとは思えないのかもね。
メガネをかけたら見えるって思ってるかも...

親も悪いんねん。必要以上に動くなっちゅうねん!!!


 
                     >以上、Keikoからの激怒のメール。(^^;;



血糖値は、前回の入院時は、食前の薬も飲んで、毎回食前にインスリンを打って、200代だった。
300を越えることは、たまにしかなかった。

それが、今回は、毎日、昼は、300オーバー。(ノ゜0゜)ノ
1日の内で、300を越えない日がない...

食前の血糖値の薬は、セイブル50mg:昼と夜 各1錠
でも、これでは、昼に飲むステロイドには対応できてないような気がするのだけど...(Keiko談)

まぁ、朝は低いので、ケトン体が溜まるってことはないと思うけど、
血糖値の調整は、うまくできていないのは、確かだなぁ...

2008/01/18(金) 貧血かも...(−−;
晴。

仕事帰りに、自分の腰痛治療の外科Bに行く。

腰痛は、相変わらず...

先生の話しだと、ヘルニアとか坐骨神経痛ではなくて、
太モモの筋肉の付け根の腱鞘炎らしい。
会社の机や椅子の環境を工夫するように言われた。

色々やってみてるけど、限界があるからなぁ...とほほ。

軽いスポーツや、ストレッチは大丈夫と言われたので、ヨガも再開できるかな?(^^;;



【母の容態】

母は、週に何回も採血するのに、食事が質素だから栄養不足貧血だと言っている。

これは、あくまで母の自己診断なのだけど、
前回の入院時は、採血した日は必ず「お肉」がメニューに入っていたらしい。
でも、今回は、お粥とうどんとお野菜ばっかりで、お肉がないんだとか...
ちょこっとほうれん草が出るくらいじゃ、血糖値は作れないとボヤいている。

私も貧血は、ちょっと気になるなぁ...
それと、朝の低血糖が心配なので、昨日、夜の7時過ぎに鳥ツクネを1本食べさせた。(^^;;

そのせいか、朝の血糖値は、126。(^^V


夕方、母から、

    「ステロイドが効いて、咳が減った。疲れているのか、今日は眠たい」


とメールが来た。



今日は、keikoがお見舞いに行った。

昨日、ステロイドの種類を変えるって言ってたけど、プレドニンのままで、2錠増加。
そのせいか、咳が目に見えて減ったらしい。

本当に、ステロイドの威力ってすごい〜!

でも、ステロイドが増えたせいで、17時の血糖値が373!(ノ゜0゜)ノ


母の友人にリウマチで、手足に針金を入れている人がいるのだけど、
その人のステロイドの量は、半錠(2.5mg)。
母のステロイドの量(25mg)を聞いて、ビックリしていたらしい。


  う〜ん、母の病気もリウマチと同じくらい...
  っていうか、それ以上に厄介な病気ってことやろなぁ...(>_<;

2008/01/17(木) 見た目が元気そうって...
晴。


会社の帰りに、母のお見舞い。


【母の入院日記】

右腕の外側にあった点滴を左腕に変えてもらったから、楽になった♪

昨夜、テープが被れて痛くいから、看護師に外して欲しいと言ったけど、
「被れてませんよ」と言って外してくれなかった。
何で、テープの上から見ただけで、テープの下の腕が被れてないってわかるん???
分かるわけないってば!

ほんまに、手抜きの看護師やわっ!!!

それで、自分でテープを剥がしてから、看護師を呼んで、針を外してって頼んだ。
こうしたら、看護師も何とかしないと仕方ないからねっ!(^^V

※母は、得意そうに昨夜の看護師との掛け引きを話してくれた。
 さすが、何回も入院してると、かなり学習能力がアップしてるわ...(^^;;



それで、看護師があわてて主治医を呼んで、点滴を左腕に変えてもらった。

先生に「いつから貼ったままですか?」って聞かれて、
「もう1週間ほど貼ったままです」って言ったら、先生もびっくりしていた。
あれ、看護師が気を利かせて、先生に報告するもんじゃないのかなぁ...?

※私は、主治医が点滴針を入れたのに、毎日、診察にくるのに
 点滴がそのままだって気がつかないってものおかしいと思うけどっ!(`ε´)


         
                         >以上:母からの報告。



今日は、私が行くと点滴が落ちてなくて、看護婦さんが気が付いた。
いつも私が行くと、点滴が終わりかけているのに、今日はまだ点滴の袋が一杯だった。
私も、おかしいな?と気がつかないといけなかったのに...>ちょっと反省。(−−;

今夜の看護師さんは、良く気がつくベテランの看護師さん。
どうも、針の先が血管の壁に当たっているみたいだと、
母の腕を動かしたり、色々してくれて、やっと落ちるようになった。

母は、針がちょっと痛いけど、また刺し直すのは嫌だから、このままでいいと言った。

点滴は主治医が打つのだけど、めっちゃ下手で
針を刺してから、針先をグリグリ動かすからすっごく痛いらしい。

あ〜っ、それを聞いて、みっちょんの点滴の時の光景を思い出したーーー!(>_<。
獣医って、動物相手だと思って、やることが雑だと思ったけど、
人間でも同じなのか...


あの先生、実験でモルモットやウサギに注射してたって言ってたもんなぁ...(−_−#



         【血糖値】
      
        1/11  1/12  1/13  1/14  1/15  1/16  1/17

 7:00    90    68    85    108    113   117   129
 
11:50   216   369   190    226    158   156   162

17:20   330   335   353    322    282   335   373     
                                    
21:30   245   224   270    252    264   219   303



※今日(17日)の17時20分の血糖値が高いのは、いつもは朝飲むステロイドが来なくて、
 午後の2時に飲んだせいらしい。


・ステロイドがまた2錠増えた。
・明日から、ステロイドを少しキツイのにの種類を変えるらしい。(今は、一番ゆるいプレドニン)



先生が、

  「今度は、しっかり治してから帰ろね。

   ○○さんは、見た目が元気そうやから、しんどいって言っても
 
   容態が悪いのがわかりにくいから...」  



って言ったらしいけど、今回はしっかり治すって...???


   ほぢゃ、前回の退院は、ちゃんと治ってなかったってことぉ!?


前回の退院届けには、「寛解」って書いてあったのに、違ったってことぉ???



それに、見た目が元気そうって...


  元気じゃないから、何回も会社を休んで診察に連れて行ったのに

   見た目で、大したことないって判断して、追い返したってことぉ!?




まぁ、外来で「大丈夫。間質性肺炎の再発じゃない」って言い切ったのは、この先生じゃないけどさ...


母の今回の入院計画書には、

・顕微鏡的血管炎(疑い)
・間質性肺炎再発
・最近による感染症 

と書いてあった。(keiko談)


肺炎は、間質性肺炎細菌による肺炎の2種類。
そして、気管支炎のオマケまである。(−−;


だ〜から、間質性肺炎の再発が心配で、
何度も通って大丈夫なんですか?って聞いたのにさー!!!


感染症の方の細菌は、この間、出たって言われたから、最初からあったのかどうかは謎。
間質性肺炎で弱ったところに、菌が入ったのかもしれないし...

それで、間質性肺炎にはステロイド、感染症には抗生剤と、2種類の薬で治療している。

ステロイドを使うと免疫力が落ちて、細菌が増えるので、増やしたいのを我慢していたけど、
抗生剤が効いて細菌が減ってきたのと、気管支炎も治ってきた(レントゲンが綺麗だった)ので、
明日からステロイドを2錠増やすことになった。

抗生剤は、前回、止めるのが早すぎたので、今回はもう少し続けることになった。

2008/01/16(水) 結核菌は、肺で眠っている...(>_<;
晴。

【母の容態】

昨日のウナギのせいか、昨夜と今朝の血糖値はやっぱり高かったらしい。
でも、高いといっても「116」だから、食べていなかったら低血糖だったかも...(−−;

今日は、前回の入院で同室だった人と、近所の母の友人がお見舞いに来てくれたらしいので、
私はお見舞いはパス。


NHKの「ためしてガッテン」で、結核を取り上げていた。

日本人の4人に1人が結核菌のキャリーだとか...
特に、60代〜70代の人たちは、戦中戦後の結核大流行期に
菌が肺に入り込んでしまっている場合が多いらしい。

母は、前回の入院のときに検査してもらって、大丈夫だって言われたけど
この番組を見て、本当に大丈夫かなぁ?とちょっと心配になった...(−−;

結核菌は、何十年も肺で眠っていて、
ストレスや、母のように糖尿病とか膠原病とかになると、
免疫が落ちて、結核菌が眠りから覚めるらしい。

結核菌に有効な抗生剤が効かなくなることも...

なかなかわかり易くて、面白い内容でした。
興味ある方は再放送を見て下さ〜い。(別に、NHKの回し者ではありませんが...)

1月23日(水)午前1時30分〜2時13分 総合テレビ

1月27日(日)午前3時00分〜3時43分 衛星第2テレビ

2008/01/15(火) バタバタのお見舞い(^^;
晴。 

仕事の帰りに、母のお見舞い。


【母の容態】

昨日、Keikoがお見舞いに行った様子では、血糖値は、ちょっと間食すると跳ね上がるらしい。

糖尿病治療では、療法食以外の食事や間食は、禁止なのだけど
今の母の場合は、体力をつけないといけないので、あまり食事制限はない。
食欲が無くて療法食が嫌なら、好きなものを食べていいと言われている。

点滴で栄養補給するより、食べて栄養を取るほうが、抵抗力が付くらしい。

ほで、先日から食欲がないので、少し差し入れしているのだけど
そうすると血糖値が上がるのよねぇ...(−−;


先生は、

  家に帰ってから、インシュリンを1日2回打てるといいのだけど...

と言っていたらしい。(母談)

やっぱりなぁ...
でも、そう思っているなら、退院した後のことはどーでもいいから、
今は、この現状の対策を最優先に考えて、朝・昼2回のインスリンを打ってくれたらいいのに...

何か先生には、インスリンを打たない理由があるんやろか???


ほで、keikoと、昼間の高血糖は、やっぱりちょっと問題だと思うよなぁ...

と、話してたら、明日からインシュリンが6単位から8単位に上がることになったらしい。


  あーーーっ!また、私たちの思ってたとおりやんかいさー!!!(`ε´) 


今回の入院では、私やkeikoが思っていることを、1テンポ遅れて治療されている気がする。
お医者さまは、沢山の患者を診ているから、一般的な方法を取っているので、

   これでちょっと様子を見てみましょう...

って、言うのだけど、私たちは、毎日、母だけを見ているので、


   「今の母の状態では、そんなんではあかんってば!!!」


って、結構、わかってしまう...


    だから、めっちゃイライラする〜〜〜!!!(−_−#



・昨夜は、咳が出ず、良く眠れた。

・一日中眠かった。
 ※ヘルペス治療の抗生剤で、肝臓が悪くなってるせいじゃないといいけど...
  数年前、糖尿病で入院しているときにも、ヘルペスが出て、
  治療薬の抗生剤で肝臓が悪くなったことがあるからねぇ...(−−;

・お風呂に入ってもいいと言われたので入って、スッキリした。

・抗生剤の点滴(肺の細菌用)の針は、まだ刺したまま。
 
 先生が

   「この間は、ちょっと抗生剤を切るのが早すぎたから、
 
    今度は、もう少し続けましょうね」


 って言ったらしい。


やっぱりなぁ...

抗生剤を止めたら、またすぐに熱が出始めたから、
もう少し点滴は続けないとあかんのとちゃうかな?って思ってたのよねぇ...(−−#

それなのに、週末に退院できるとか言って...
ほで、悪化したから、退院は延期になって、また抗生剤の点滴に戻ったのよね...

なんだかなぁ...


母は、今日、看護士さんが着替えたパジャマを回収に来てくれたので渡したらしい。
そしたら、自分のタオルや下着を洗濯をしようと思ったら、パンツがない???

ほで、看護士さんに渡したパジャマにまぎれたのかも?と思って、
急いでパジャマの返却カゴをさがしに行ったら、
やっぱりおパンツは、パジャマと一緒にあったらしい。げらげら


私は、仕事の帰りに、ウナギ弁当(自分用)を買ってお見舞いに行った。
ほで、病院で夕食。(^^;;

母は、夕食を終えていたけど、ウナギを2切れ(小さいの)食べた。

朝はいつも低血糖なので、大丈夫だと思う。(^^;;

今日は、私がウナギ弁当を食べていたら、点滴の液がなくなった。
看護師さんが点滴を止めに来ないので、ナースコールして止めてもらった。

その後、母が洗濯が途中だと言うので、見に行って、乾燥機に入れて
乾いたころに、取りに行って...

そしたら、母が「靴下が片方ない〜」っていうので、探しに行って
キョロキョロしてたら、看護士さんに「ピンクのかわいい柄のソックスですか?」って聞かれた。

   あ〜っ、それそれっ! それです〜〜〜!!!

ソックスは、ナースセンターに届いていた。


なんか、バタバタのお見舞いだった〜。(^^;;

2008/01/14(月) 食器棚の整理/母の高血糖対策は???
晴れ。

母が肉を食べたそうなので、牛しゃぶを差し入れしようと思ったのに、
keikoがロースとビーフを買ったからいいとメールが来た。

   せっかく作ったのにさ〜!(T□T)

ほで、昼過ぎから、1人で牛シャブでビール〜〜〜♪(^^;;


今日は、食器棚の整理をした。
ちょっともったいないけど、使わない食器をポイポイッ!

かなりスッキリしたと思ったけど、見た目は全然変わり映えナシ。がく。


【母の容態】

今日は、昨日より少し元気そうだった。
咳と唾が出るのは、変わりなし。
>以上、keiko談。

咳と謎の唾は、ステロイドをもっと増やさないと治まらないと思う。
でも、ステロイドを増やすと、細菌を押さえるのが難しくなるからなぁ...

2008/01/13(日) 母は、貧血?


午後から、スポクラのサウナお風呂。
腰痛がイマイチ良くならないので筋トレとヨガは、まだ再開していない。

昨日、外科に行くのを忘れたから、薬がなくなったし...とほほ。


【母の容態】

今日の母は、えらくしんどそうだったらしい。>keiko談。


母は、

  血液検査で何回も採血してるのに、栄養のあるものが出ないからから、
  貧血やねん...

  前の入院のときは、採血した日は必ず肉が出たのに、
  今回は一度も肉が出ないから、血が作れないねん...

と、昨日、言ってたなぁ...


血液検査は、特殊な検査もするためか、採血の本数が多いのは確か。
抗体の検査をしないと、良くなっているかどうかわからないので、血液検査の回数も多い。  
う〜ん...貧血気味なのは、確かかかも...


以前みっちょんが糖尿病になった時、採血の回数が多くて

 「こんなに小さな身体なのに、採血ばっかりして大丈夫なんですか?」

と、獣医さんに聞いたことがある。

そうしたら、「これくらいの量では、全然心配はない」って言われたけど
週に2〜3回の採血を1ヶ月も続けてたら、やっぱり貧血になってきた。
貧血になる病気じゃないから、貧血の原因は、採血以外に考えられなかった。

ほで1ヶ月を過ぎた頃になると、「今日は血液検査せなあかんやろ〜!?」
って思う日にも、「今日は検査しなくていいです」と言って、検査しなくなった。

あれ、ぜ〜〜〜たいに、貧血でヤバイから検査しなかったんだと思う。


  医者や獣医の言うことを、100%信じたらあかんのよー!!!


今日、keikoは、インスリンを打つ練習をしたらしい。
母のお腹は、かなり脂肪が付いているので、注射はしやすいらしい。
それって、いいことなのか???(−−#

2008/01/12(土) ステロイドと糖尿病と感染症
雨のち曇。

朝、また先生が話があるらしいので来て欲しいと、母から連絡があった。

   あ〜ぁ、また、何か方針を変えるのかな???(−−#


【母の容態】

朝は、糖尿病の先生が来て、昼間の血糖値があまりに高いので
インスリンを注射することになったらしい。

母は、朝は、60〜90の低血糖。午後は、300オーバーの高血糖。

朝、ステロイドを飲むので、血糖値が上がるのはそのせいだけど、
夜から朝にかけて低血糖になるってことは、ステロイドが切れているからだと
糖尿病の先生が言ったらしい。

そして、昼に300オーバーは高すぎるので、インシュリンは打った方がいいと言われたらしい。


主治医に、ステロイドを飲んでるから、インシュリンを打たなくていいんですかって聞いたら、
これくらいの血糖値なら大丈夫って言われたのに...

ほで、心配だから勝手に今まで飲んでいた血糖値の薬を飲ませたら、
翌日からその薬が処方された。


  でも、や〜っぱり、飲み薬だけでは大丈夫じゃないんやんかいさー!




母みたいに、色んな病気が複合してると、治療も色々とむずかしいのかもしれないけど、
なんだかなぁ...


ほんでもって、主治医からは、痰から菌が出たと説明があった。
気管支炎も起こしているらしい。(−−;

  え〜っ!?今まで、全然出てなかったのに、今頃になって出たのぉ???




菌は、一般的な菌なので、対処できる抗生剤もわかっているので大丈夫らしい。


間質性肺炎の治療には、ステロイドが必要。
でも、ステロイドを飲んでいると、菌に対する抵抗力が弱いので、
今回のように、他の病気に感染してしまう。

今回は、ステロイドと抗生剤の両方をうまく使っていかないといけないらしい。
ステロイドは、退院後も切らさない方がいいかもしれないと言われた。

そうなると、ステロイドを飲むと骨がもろくなるので、骨の薬も必要。
この、骨の薬は、服用後30分ほど動いてはいけないので、ちょっと大変。
でも、毎日飲んでいたのが、1週間に1度でいい薬が出来たらしい。

それって、めっちゃ助かるけど、飲み忘れそうな気もするなぁ...(>_<;


それから、もしも、ある程度の量を飲み続けないといけないことになると、
家で、インシュリンも打たないといけないことになりそう。

まぁ、猫やイタチに点滴やインシュリンを注射していたことを考えたら、
人間に注射するくらい、ラクラクかな。(^^V

  こんなところで、猫とイタチの看病が役に立つとはねぇ。(^^;;


↓チキンラーメン・モノレール。

1月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.