みっちょん、ふぁいとぉ!
みっちょんは、イタ天からいつもお病気のペットちゃんを応援しています!
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年6月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2014/04/27 お引越ししました
2009/04/01 みっちょん日記のお引越し
2009/03/31 ボディースキャン/アボカドカッター
2009/03/30 アボカドカッター/1日4食はあかんよねぇ...
2009/03/29 ソルトおろし?

直接移動: 20144 月  20094 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 月 

2008/06/28(土) ガレとジャポニズム
曇のち雨。

keikoと天保山のサントリー・ミュージアムで、「ガレとジャポニズム 」を見てきた。


ガレは日本絵画に影響を受けたらしく、葛飾北斎の絵をモチーフにした作品や、
抹茶茶碗のような器などがたくさん展示されていた。


ガレの作品で有名な「ひとよ茸」(キノコのランプ)は、
思っていたより大きな作品で、ちょっとビックリ。

  夜に笠を開き、一夜にして柄だけを残して溶けてしまう...
 
  その様子を3段階で表現した作品で、
  「ひとよ茸」に、自然のはかなさを表現したらしいのだけれど、
  3本のランプの明るさが、絶妙なバランスで、うっとり〜!


  こんなルームランプ、欲しいなぁ...>無理です!



他にも花や虫などをモチーフにした作品がたくさんあった。


そして、印象に残ったのが蜻蛉(トンボ)。

ヨーロッパでは、トンボは不吉な昆虫らしいのだけれど、
ガレは日本画に描かれたトンボに引かれたようで、
トンボを描いた作品がたくさんあった。


リーフレットに載っている作品は、ガレの晩年の作品で
やはりトンボが描かれている。

 
  ガレは、自分自身をトンボとして描いたのかなぁ...

と思わせるような...
トンボの作品はどれも不思議な感じがあった。


んで、説明を読むとやっぱりそんなようなことが書いてあった。(^^;

私は、美術館などでは、まず好きな作品を見て、空想にふけるタイプ。
んで、説明は後から読む。>せっかち?(^^;;



展示品は、四方から、間近で見られるようになっていた。

この間行った、神戸の「ルーブル展」のような混雑さは無く、
物静かで落ち着いた雰囲気の中で、じっくり鑑賞できて大満足。(^^V


ガラス工芸に興味のある方には、お勧めですよ〜


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.