ノボリゾウ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2004年12月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2007/07/07 七夕
2006/12/02 寒くなりました
2006/10/16 一応
2006/09/02 移行のお知らせ
2006/08/13 移行のお知らせ

直接移動: 20077 月  200612 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2004/12/31(金) 荒天
伊豆東海岸を特急電車で南下する。海も空もどんよりと暗く、蒼い。

2004/12/30(木) マシュマロモカなんとか
午前中、亡父の墓参。雪化粧をした丹沢や富士山がくっきりと見える。

午後、用事があって駅の方へ、妻と、出る。スタバで休む。
スタバに入ると、黒板に書いてある「本日のおすすめ」を頼んでしまう。今日は「マシュマロモカ・・・(なんとか)」
そんなものに目もくれずに「ホット」と一言、の方が、かっこいいだろうに。

妻と別行動に移り、オートコードをぶらさげて茅ケ崎市東海岸の路地をぶらつくが、ずっと頭上にある雲に太陽が隠れていて日が差さない。撮影枚数が伸びない。
1月下旬より茅ケ崎市美術館では茅ケ崎に関係のある写真家の写真展をやる、という予告ポスターを読む。
島尾伸三さんの写真もそのポスターに載っていたけど、どういう「関係」なのかな?ちょっと楽しみです。

写真はむすめが作っている「きのこ」小物。

2004/12/29(水) 焼肉
HPで6×6新作8枚UPしました。ご覧ください。

茅ケ崎あたりはおおむね雨でした。都心は雪だったそうです。

家族で焼肉を食べました。最後の一切れは味噌味のミノで
息子が食べました。

(たいした写真じゃないから、いつもより小さめ)

2004/12/28(火) 仕事納め
飲んでもないのに、夜遅くに、家へ向かう道を、ひとり千鳥足でふらふらと歩く。飲んでないから、わざとの千鳥足。明日から休みだということからなのか、このはしゃぎようは。

2004/12/27(月) 飛行場
2003年に竹橋の近代美術館の「旅展」で見た飛行場の写真を思い出しました。今日は日帰り出張。

芥川龍之介は、国語の教科書だか、現国のテストだか、以来三十年も接してなかったけど、短編「蜃気楼」を読んだら、授業で作られていたイメージが覆された。洗練されて、美しく、しかも(定義はよくわからないが、たぶん)私小説(風)なのだった。

2004/12/26(日) 鵠沼散歩
 8時半に自転車で茅ケ崎を出発。海沿いに、前輪のブレーキが車輪の回転に同期してシャー、シャーって音を立てるおんぼろで、のんびりと漕いでいく。鵠沼海岸のデニーズの辺りに自転車を停め、二眼レフカメラをぶら下げて、鵠沼海岸の住宅地や商店街を、いつもの通り、きまぐれでじぐざぐと歩く。鵠沼海岸の商店街にある中古カメラが置かれたカメラ屋や古本屋はまだ開店前で、立ち寄ることができない。
 そのうち、町名が鵠沼松ヶ岡になり、静かな街には、広い敷地の邸宅が続く。
 旅館「東屋」跡。解説を読むと、芥川龍之介ほか多くの文人が滞在したとのこと。芥川の「蜃気楼」という短編はここを舞台にしている、と、ある。
 帰り、海沿いのサイクリングコースを漕いでいくと、行きよりも風が出てきたせいか、きれいな波が立っている。サイクリング道路には随分と砂が被っていた。
 夜、そんなわけで書店で芥川の「蜃気楼」が収録された短編集を買った。

2004/12/25(土) プレゼント
夜、義妹からプレゼントのつまった宅急便が届く。アリガトウ!

昼、藤沢の古久屋でタン麺餃子でビールを飲みながら、Cさんと話す。プレゼントされたCDには「四月の想い出」が収録されていて、早くも春が待ち遠しいし、この暖冬に救われているのに、そのときだけは(春待ち気分を高めたいから)、もっと寒ければよいのに、と思ったりする・・・

タワーレコードの安売りラックに入っていたChipSheltonというジャズフルート奏者のCDを買う。これにも「四月の想い出」が入っている。ちゃらら、らーららら、らーららーらー、って、これ、四月の想い出のテーマ部分です。

2004/12/24(金) ケーキを買って帰る
イブの夜に、駅ビルのケーキ屋で、クリスマスケーキを買って帰る、なんていうことって、実際には初めてのことかもしれない。

吉田健一著「金沢」やっと読了。「夜のピクニック」と比べると、一つの文章を理解するのに10倍くらい余計時間がかかった。でも自分の中で、新たな憧れとか価値観とかが生じている気がする。

2004/12/23(木) 雲の向こう、約束の場所
娘のリクエストに答え、渋谷の「ライズエックス」という映画館まで
アニメ映画「雲の向こう、約束の場所」を見に行く。
見終わったとき、いまいち、どういうことなのか、わかんない。
SFファンタジーを受け入れる感性が乏しくなっているのか。。。

2004/12/22(水) 電池が・・・
帰宅途中、写真を撮ろうと思ったけれど、電池がなかった。
何の写真を撮ろうとしたのか、すぐに忘れた。
写真ばかり撮っていると、シャッターを押すことが記憶のボタンみたいになっている。

CD屋で本田竹広(ピアノ)さんの「ふるさと」を買う。二枚組みの二枚目がいい。日本の童謡を取り上げたジャズ。月の砂漠、とか。こころにしみる。

12月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.