ノボリゾウ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年10月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2007/07/07 七夕
2006/12/02 寒くなりました
2006/10/16 一応
2006/09/02 移行のお知らせ
2006/08/13 移行のお知らせ

直接移動: 20077 月  200612 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2005/10/31(月) 華様年花 だったか 花様年華 だったか・・・
どっちが正解だったか判らないけれど
録画してあった香港映画を観る。三度目くらい。
最初はストーリィを追うのが大変だった。
今回はストーリィはさておき、画面の構成や色使いに
唸ってしまう。カッコイイ。

2005/10/30(日) 読書の秋?
藤沢の有燐堂まで買いたい本を探しに行ったが、見つからず。
せっかく藤沢まで来たので、その後、古本屋めぐり。
・マイク・マリガンとスチーム・ショベル 650円
・幸福な食卓 105円
・さよならアメリカ 600円
・M/Tと森のフシギの物語 100円
・アポロンの島 250円
以上は古本屋で購入。もう一冊のSOUTH TO SOUTHは定価で。

これらにとりかかる前にあと4冊、読む本が溜まっている。あれ、5冊かな?
本を買うときには、ゆっくりと読書を楽しみたいと思うが
現実にはそういう贅沢な時間はなかなか作れない。
 
アポロンの島 は大好きなので、見かけると(値段によるけど)たいてい買ってしまう。
そんなに買ってどうするんだ?

さよならアメリカ という本のことは知らなかったが
タイトルを見たとたん、はっぴぃえんど の
♪サヨナラアメリカ、サヨナラにっぽん♪というフレーズが
頭の中で流れ出してしまった。

夕方、会社の写真部のグループ展(文化祭)のための作品作りをする。
(この写真展は社内イベントで社員しか見られません)

2005/10/29(土) ボク 迎えに来たよ
竹中直人監督「無能の人」がやっとDVDになったので、早速買った。河原のバラックで誰も客の来ない石屋を営む父を迎えに来たボウズ頭の息子が「父ちゃん、ボク、迎えに来たよ」と言うところが好きで、その場面まで早送りしていったら、そこはもうラストシーンだった。

朝、車を息子を学校まで送るために運転していて、止まった赤信号で、ふと右側を見たらこんな風景だった。わたしの息子は迎えに来るどころかこっちがアッシー父であります。

昼前、部屋の中を片付けながら CAKE とTHE BAND を聞く。ムスメの方は風邪で37.5度の熱、ずーっと眠っているから、どこにも行かずに家にいる。

今日は曇り+小雨。昼間は気温が高く、これから冬に向かうというのに、春一番の日のような錯覚を覚える。

2005/10/28(金) 空き地
帰宅したら家族はテレビドラマ「花より男子」を見ている。
あまのじゃくな私は、見ない。
聞こえてくるBGMがハリーポッターみたいでイヤラシイ。

空き地の写真はよく撮ります。

2005/10/27(木) 宗方姉妹
バス転回所。

ま、それはさておき、夜、ビデオに録画してあった小津映画
「宗方姉妹」を見る。そうしたら、高峰秀子がデートのことをランデブーと言う台詞があった。1950年の映画だから、ランデブーという単語をそういう意味で使うのはアポロからではなかったんだ・・・もっとまえからだったんだ・・・

と、へえ!っと思ってから、風呂に入って寝る。

2005/10/26(水) 合唱祭
むすめの中学校のイベントを見学するために会社を休む。
茅ケ崎文化会館の緞帳は浜降祭の絵。

2005/10/25(火) 梅田小
夜、茅ケ崎市の梅田小の前を通ると
よくここで立ち止まって写真を撮るのだけれど
シャッター速度はいつも1秒で、
一生懸命ネックストラップをひっぱってカメラを安定させて
腹にぶつけたりしてさらに安定度を増して撮るけれど
やっぱりぶれてしまう。

2005/10/24(月) ランデブー
1960年代のアポロ計画のリアルタイムのニュースを見ることは、なんちゅうか、ワールドカップ期間に毎日試合を見ていくように、いや、それ以上にわくわくするものだった。地球を何周したかの記録を更新したり、月を回ってきたり、次には月に着陸したり、一般人にも目標が次々とレベルアップしていくのが判りやすかったから、スポーツ応援みたいにすぐに夢中になれた。ま、子供だったからね・・・アベックとかランデブーとかドッキングとかを、人間の恋愛行動に置き換えて使うのはそのころからで、でもいま若い人に「ランデブー」とか言っても通じないだろうな。いまでいえば「デート」もしくは「ツーショット」みたいなもんでしょうか。で、この写真は蒲田の商店街で見つけた二階の窓の絵。

ああ、でも当時、ランデブーっちゅうのは、宇宙船二隻が並んで飛行するようなことだったかしら。この絵は宇宙遊泳で・・・あー、どうでもいいや!

2005/10/23(日)
むかしはよく野球を見たけれど
もうほとんど見ない。
でも昨晩、テレビのチャンネルを回していたら、霧に包まれた幻想的な球場が映ったので、中断中なのにしばらく見ていた。
あのスタジアムにいて、大型カメラで写真を撮りたかった。

(写真は毎日新聞朝刊写真の接写。カメラマンは貝塚太一さん)

ロッテの選手は今風の若者たちで、いい感じ。

今日はよく晴れていた。
平塚の実家へ行き、帰り道に湘南海岸公園に車を止めて、杏雲堂病院の跡地に建設中の高齢者用(?)マンションの周りとか、海とか、扇松商店街とかを歩いてみた。

一昨日高校の同級生の友人K君から手紙をもらった。
あのころはお互いに買ったレコードを交換しあっていた。
そういうレコードを最近また聞いているそうです。
ああ、そうか。では彼はロンカーターの「パステルズ」を聞いたのだろうか。それともイエスだろうか。う〜んと、古井戸とか五輪真弓とかも持っていたと思うけど・・・
 
偶然とは重なるもので、つい最近会社の先輩のSさんが
アナログレコードの方が音がCDよりいいんだよなあ、やっぱり
と言っていて、しばらく、レコードのハナシをしたばかりだった。

今日の昼食を食べた茅ケ崎のインド料理店では、やっぱり高校時代の友人のSS君の書いたエッセイが載っているフリーペーパーを読んだ。70年代のロック話に盛り上がって、徹夜で飲んだ朝に、一人で海へ行った、というハナシだった。

いろんな出来事が私を高校の頃に住んでいた町へ行かせた。
あるいは
高校の頃に住んでいた町をひさびさに歩いたから、そういう出来事(古い記憶にまつわるエピソード)がその後も続いた。
どちらでもあるのだろう。

HPに「hiratsuka」の写真新作をUPしたので是非みてください。

2005/10/22(土) みちしるべ
近道は路地の中を縫って行くから
今度来たときに忘れないように
曲がり角に来るたびに写真を撮った。

10月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.