ノボリゾウ日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年3月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2007/07/07 七夕
2006/12/02 寒くなりました
2006/10/16 一応
2006/09/02 移行のお知らせ
2006/08/13 移行のお知らせ

直接移動: 20077 月  200612 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2005/03/19(土) KN君の誕生日
 大学時代に研究室が同じだったKN君の誕生日。彼とは昨年、十数年振りに飲んだけれど、そのときに誕生日の話が出たわけでもなく・・・ただ3月19日のうお座生まれということが「消えない記憶」になっていて、多分、もう二十五年くらいのあいだ、毎年この日になると思い出す。かといって、何にも(って、おめでとうって電話するとか、バースティカード送るとか)しないけれどね、勿論。するわけない。
 ほかにも7月27日は小学6年生のときのクラスメイトのA君の誕生日、というのも消えない。A君にいたっては、中学卒業以来一度も交流がない。見かけたこともない。見かけてもわかんないだろうけど。

 いい天気なので、茅ケ崎から辻堂まで歩く。途中、茅ケ崎の「楠の木」と辻堂の「洋行堂(だったか・・・)」という二軒の古本屋に立ち寄る。いっぱい、本を買ってしまう。
・三文紳士:吉田健一
・鳥と人間と植物たち:田村隆一
・硝子障子のシルエット:島尾敏雄
・漂流物:車谷長吉
・カフカの外套:新井満
・僕が愛した路地:田村隆一

 詩人田村隆一さんの「僕が愛した路地」は、石田千著「踏切趣味」によると、千さんが稲村ガ崎の踏切を訪ねるきっかけにした本で、立ち読みでその部分を読んでから買った。ほかにも鎌倉のいろんな路地のことが書かれているようで楽しみ。
 読んだら、また、「追認」というか「時の変化の確認」というか、鎌倉に行くんだろうな・・・カメラをぶらさげて。

 茅ケ崎駅前の本屋でクウネル最新号も買う。
 作家保坂和志さんの記事から読む。保坂サイトでクウネルの取材が来たことが書かれていたから、最初にそこを読んだ。

 何度も同じことを書いたような気がするけれど、操車場に機関車が「停泊」していると、とりあえず写真を撮る。
  


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.