天真爛漫その3
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年4月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2015/12/26 胆石発作!
2015/01/06 とりあえず年末年始の出来事
2015/01/01 とりあえず新年のご挨拶
2014/12/27 風邪気味
2014/05/07 うつ病記録の日記

直接移動: 201512 1 月  201412 5 4 2 月  20137 6 5 4 3 2 1 月  201212 10 9 8 6 5 4 2 1 月  201112 10 9 8 月  201012 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月 

2012/04/30(月) 退院しました
昨日、無事に退院いたしました。
約一年ぶりに叔母にも会えてよかったです。

歯を5本も抜きました。
左の顔がアソパソマソのようにパンパンに腫れました。
この顔の中には何が詰まっているのでしょう?状態。
愛と夢が詰まってるんやでぇ(遠い目)

詳しい入院レポートは、また後日にでも。
とか言って更新しないのはいつものことですね。

2012/04/29(日) 入院レポ5日目(最終)
退院の日。
家に帰ったらシャワー浴びて髪の毛洗うんだ(フラグ)
朝ごはんがとうとう普通の固さのごはんになる。
おかずも大きく固くなる。
少しつらい。

最後の抗生剤の点滴、よりにもよってスマプリ見てる時にこないで下さい。
これについては突っ込み入れなかった看護師さんには感謝せざるをえない。
「今日、退院ですね」と言われたのに返事を返せないほど動揺していたのは今でも悔いに残る。向こうは聞こえてないと思ったみたいですが。
それにしても大凶ひいたみゆきちゃんの顔は魚眼レンズききすぎててファンでも引くレベルだった。後日、某サイトを見たら「みんなのトラウマ」登録されてた。
先生の診察を受けて正式に退院が決まる。
家族は永平寺へ行ってる人がほとんどで迎えは無しで一人で帰る。
帰宅してフラグ回収。

夕方には永平寺から帰ってきた面々と再会。
叔母とも久しぶりに会えて良かったです。
抜いた歯と腫れた顔を見せれて満足です。

まだマフィンとかハンバーガーは無理。
数日間は一口サイズではないと食べれませんでした。
顔の腫れは5月頭にひきましたが痺れは今でも続いてます(5月13日現在)

といった所で私の親知らず抜歯レポートは終わろうと思います。

落ち?そんなのありません

2012/04/28(土) 入院レポ4日目
起きて絵を描く余裕はないが体調はぼちぼち。
母が用意しておいた着替え等を持ってきてくれた。
初めての入院なのに部屋を使いこなしていると驚かれた。
マイミクさんの「入院する時に持って行った方が良いものリスト」のおかげで助かりました。
リンク貼ってくれた魚ちゃんありがとー!
それ以降は家族の見舞いはなし。親知らずの抜歯なんて、そんなもんでしょうと思っていたので別に平気だった。

シャワー浴びれずに体を拭くだけだったのが少し不満ではあったかな。

毎日湯船に浸かりたい人間なんで。
でもホカホカのタオル気持ち良かったです。

おかずがしだいに固いものに。ごはんもお粥から少しずつごはんの固さがグレードアップ。

イナイレのトレーディングカード整理してたら点滴の時間になって看護師さん入場。
「これ何ですか?イナズマ……イレブン?ああ、知ってます。人気ですよね」看護師さんっ食いつかないでっ!(恥)
弟から「入院中にカード整理するがいい」とそそのかされて実行した結果がコレだよ!
いいネタになったよ。ありがとう。

その晩は、久しぶりに悪夢に遭遇。
通常運転の私は毎日悪夢を見る。寝つけない。変な時間に寝たり起きたりする。なので。
このところ良い夢も悪い夢も見なかったのに。というか夢見ること自体が久しぶり。入院生活に慣れてきた証拠かなと考えつつ気分転換にクーリングルームまで歩いて行って夜景見てました。
9階なので圧巻でしたよ。
関係ないけどB館9階だったので備品に「9B」と書かれてて「キュウベェ?」と思ってたのは看護師さんには秘密です。

2012/04/27(金) 入院レポ3日目
朝7時にようやく久しぶりのごはん。
まずは胃に膜を張らねばと牛乳から飲む。
お粥と柔らかいおかずのコンボでした。みごと完食。しかし、それが後に災厄となるのでした。

入院中に毎日診察があるのですが、診察室に向かう途中数歩あるいただけで異変が……。
気持ち悪い。無理やり歩いて診察室まで行ったのが間違いでした。
診察の途中で嘔吐。
朝ごはんのほとんどを持たされたトレイの中にぶちまけました。
大人しく寝て待ってればよかった。
看護師さんに「先生に部屋まで来て貰う?」と言われた時に大丈夫だと無理して診察室に行ったのが間違いだった。

うつ病になってから吐きやすい体質になったのを自覚すべきだったと反省。

迷惑かけたくないと思って無理して、結果もっと迷惑かけるという空回り。

それにしても車椅子で運ばれる時は超快適だった。
診察室から部屋まで車椅子で搬送されたんですよ。
歩くと吐くから仕方ないね。

病室に戻ると大人しく寝てるしか、やることがない。
その後はお昼食べて、寝て、起きて、安静にしてました。
持ってきたことをやる余裕なんて微塵もありませんでしたよ。
その後は大人しくしていたおかげか、吐くこともなく回復。
ただ歩いていける距離の飲み物を取りにいけるだけの元気がないのは辛かった。
たかが飲み物でナースコールも何なので点滴のついでとかに頼んでました。

痛み止めも我慢してた。眠れないほど痛くはないから看護師さんに言わなかったので。
痛みからは基本寝て逃げる。
あまり人に世話かけたくないの気持ちが勝ってたのかもね。

今は亡き祖母の「人様に迷惑かけたらあかん」の精神が結果的に自分を苦しめているのかなと思ったり。
飲食店でバイトしてた時に店員をコキつかうお客様の接客がストレスだったのが原因なのかいまいち判らない。ある意味トラウマ。
今でも接客業をされてる人にとって不快な客にならないよう気を遣ってます。
昔から自己主張は苦手なタイプだったからな(えぇっ!?)

自分で言うのも何だけど、基本的に我慢強いタイプだからうつ病になったんだろうなとは思う。

普段は睡眠薬を飲まないとグッスリ眠れないのですが睡眠薬を使うことなく眠れました。
入院当日まで、かなり無理してたのでぶっ倒れてただけかもしれませんが。
規則正しい生活がちゃんと出来てホクホクなのでした。

2012/04/26(木) 入院レポ2日目(手術)
2012/04/26(木)

手術当日。
昨日の夜から絶食。朝食もなし。
しかし手術は昼の13時から。
午前中はソワソワしながら待ってました。なんとか平常心を保とうとするも血圧が高い(笑)
お風呂にも入ったから体温も高かった。

手術の前に手術着に着替えたり全身麻酔なので血流を良くするソックス履いたり。
血栓の予防らしい。
大きな病院なので手術室も凄かった。
あんなに綺麗で何部屋もあるのね。
自分で台に上がり、気分はまな板の上の鯉。

眠くなる薬を酸素マスクみたいなんでかがされて、むせた後から記憶がない。
先生の呼びかけで起きたけど、返事しているはずが自分で自分の声が聞こえない。ちゃんと声が出ていないのかとも思ったけど先生と普通に意志疎通できてた。なので変な感覚でした。
病巣である膿の塊は見せて貰ったけど、よく見えなかった。
というか、もうろうとしていて記憶があやふや。
親知らずと、もう一本の歯は持ち帰りました。

母が抜いた歯を見て「こんなに抜いたの?恐ろしい」と言っていた。ちなみに手術の付き添いは父でした。これで両親ともに親知らずを確認。

夕方まで少し寝て、生まれて初めて「足が蒸れて寝づらい」のを体験しました。足が冷たくて眠れないのは毎年のことだけど逆は初めてだった。
むくみ防止ソックスの効果凄い!
「足が熱い」と言ったはずなに頭と顔を冷やされていた不思議。
「熱い」って言ったから熱があると勘違いされたのか実際に発熱してたのかは謎。

夜は弟が頼んだお使いの品を持ってお見舞いに来てくれました。
その頃から顔が腫れていたらしく「凄い顔腫れてるな」と言われて後で鏡を見たらマジで凄かった件。
弟が帰った後で、母も仕事帰りにお見舞いに来てくれました。


手術後二時間経過して水分だけ摂取できるが晩ごはんは無しなので薬だけ飲む。
そして夜中に異変が……。
トイレに起きたはいいけど気持ち悪い。
吐くものといったら水分と呑み込んでしまった血くらいしかないんですがね。
マイミクさんの「吐くものないのにオエオエなった」を理解。
気道確保の管は左鼻に入れたって言ってたなとボンヤリ考えてた。
そういや鼻血もプープー出てました。左鼻だけ。

そんなこんなで手術後の夜は更けたのでした。

2012/04/25(水) 入院レポ一日目
14時に入院。その直前まで部屋の掃除と入院準備を同時進行。
私の入院中に叔母が泊まりにくるので部屋を片付けました。
とはいえ、かなり付け焼き刃な片付け方をしました。
机の下とか見えない部分がカオス。
あと布かけて目隠ししたりね。

もっと物を減らさなければ……。
というか減らしなさいと彼氏に言われている。

しかしその彼氏から音さたないのは気になる。
会ってから一度もメール返してくれない。
とりあえず入院報告メールでも送ってみる。

とにかく入院一日目。
14時から受付したのに落ち着いたのが16時とかどんだけ。

手術前なので、これといった不自由もなく絵の練習。

そして夜は最後の晩餐に挑むのです。
次の日まる一日食事が摂れないので。
22時以降から絶食なのですが実質18時に食べてから何も食べませんでした。

22時からテレビも携帯電話も点灯も禁止なので、ひたすら寝るしかやることない!
疲れていたので案外あっさり意識落ちました。

2012/04/23(月) 入院します
最近の活動やら報告することたくさんありますが、まずは入院する話をします。
うっかり4月1日に報告したら嘘だと思われたことでしょう。


私が入院というと持病の「うつ病」かと思われそうですが違います。
今回の入院は「親知らず」です。

今週親知らずを抜く手術をします。
25日に入院して26日に手術して帰れるのは29日かと。

親知らずだけでなく病巣(歯の下に膿がたまってる)が酷くて全身麻酔での手術です。
あと親知らずは生え方が悪いので全部抜くそうです。
合計5本の抜歯。いやん。

手術の説明の時に父親に同行してもらったのですが
まさか親知らずを親に紹介されるとは思いませんでした。
これでもう「親知らず」じゃないね。
「親知られ」か「親知り」か「親知った」か
いいネーミングないですかね。
ま、全部なくなるけどwwwww

手術とか入院とか点滴すら初めてなのでアドバイスとかあればください。
あ、よかったらでいいです。

あと親知らず抜いた体験談なども聞かせていただければ幸いです。

それにしても五日は長い。
読んでない本を消化する良い機会かも。
手術後は痛くて何も手につかないだろうけどね!
もしくは痛み止めで四六時中寝てたりして。

携帯電話は病院の使用可能の所まで行けばいいみたいですね。
多分パケット代金を節約するので入院中はネットつなぎません。
メールはちょくちょく返信できるようにマメにチェックしようかと思います。

入院先の病院は近所の市民病院なので外出許可を貰って帰宅してたりして。

25日のお昼までは用事すませるためにバタバタしてます。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.