散歩道
お星さまになったルビーに捧げる
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年11月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2024/07/02 梅雨入りしたの?
2024/06/07 しぶといものがまだまだ居座ってます
2024/05/15 坐骨神経痛
2024/05/06 五月になりました
2024/04/03 四月に入りました

直接移動: 20247 6 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 7 6 5 4 3 2 月  202110 5 4 1 月  202011 10 4 3 2 1 月  201912 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201812 11 10 8 3 2 1 月  201711 10 7 6 3 2 1 月  201611 7 6 5 4 3 2 月  201512 11 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201410 7 6 4 1 月  201311 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 月  20074 3 2 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2005/11/30(水) 実感しました
娘が1人嫁いでいって、たまたまもう1人の娘が旅行に出かけた翌日の朝。

こういうことなのね、としみじみ感じた事があります。

お洗濯物が少ないのです。
夫婦2人だけのものなんてタカが知れています。
それに食事にしたって、二人分だけ作るか、
夫が仕事先で済ます場合は
完全に1人分だけになっているんですよね。

寂しいという気持とはまた別の感覚なんです。
なんだか張り合いと言うものが薄れてきますね。

若い頃親元を離れて自立していた頃も、1人の食事ってありましたね。
あの頃はまだ未来と言う未知の世界が待っていて
一人と言う事すらなにやら楽しい時間でも有った気がします。

今、年月が流れて自分が親の年齢に近づくにつれ
親もこんな風に娘の旅立ちを見送り
自分だけの食事を作りひっそりと食べていたのかと・・・
それを実感したのは遅すぎるのかもしれません。

もう少し親のことを気に掛けてあげていれば良かった・・・
自分がその年になってやっと分かった事のひとつです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.