散歩道
お星さまになったルビーに捧げる
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年2月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/07 しぶといものがまだまだ居座ってます
2024/05/15 坐骨神経痛
2024/05/06 五月になりました
2024/04/03 四月に入りました
2024/03/04 三月に入りました

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 7 6 5 4 3 2 月  202110 5 4 1 月  202011 10 4 3 2 1 月  201912 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201812 11 10 8 3 2 1 月  201711 10 7 6 3 2 1 月  201611 7 6 5 4 3 2 月  201512 11 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201410 7 6 4 1 月  201311 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 月  20074 3 2 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2005/02/24(木) 子供を愛する心
以前「愛子様の誕生日」のビデオで紹介された「うずらのかくれんぼう」に続いて、皇太子様のお誕生日の会見でお話された詩の一節が話題になっています。

タイトルは「子ども」とされたスウェーデンの中学の社会の教科書から引用されたものでした。

その冒頭に
『批判ばかりされた子どもは
非難するすることをおぼえる
殴られて大きくなった子どもは
力にたよることをおぼえる』・・・とあります

幼児期に繰り返し行われた行為は小さくて柔らかな心を傷つけるだけでなく
それを自分自身でも繰り返す可能性を隠し持っています

世間で悲惨な事件が起こった時の背景にこれらが見え隠れするのも事実です

しつけと体罰とを履き違えた場合のものが往々に行われて
最悪の事態を招く場合があります

人として生まれてきたあの無垢で純真な真っ直ぐな瞳を誰もが持っています
『子ども』の後半には

『安心を経験した子どもは
信頼をおぼえる
可愛がられ抱きしめられた子どもは
世界中の愛情を感じ取る事をおぼえる』

多くの人がこの詩に触れてもう1度子どもを愛する心を見つめなせると良いですね


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.