散歩道
お星さまになったルビーに捧げる
最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年3月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2024/07/02 梅雨入りしたの?
2024/06/07 しぶといものがまだまだ居座ってます
2024/05/15 坐骨神経痛
2024/05/06 五月になりました
2024/04/03 四月に入りました

直接移動: 20247 6 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 7 6 5 4 3 2 月  202110 5 4 1 月  202011 10 4 3 2 1 月  201912 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201812 11 10 8 3 2 1 月  201711 10 7 6 3 2 1 月  201611 7 6 5 4 3 2 月  201512 11 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201410 7 6 4 1 月  201311 10 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 月  20074 3 2 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2006/03/15(水) 新しい試み?
両国まで出かけてきました。
『シアターX(カイ)』にて、行われた演劇コンクールの決勝戦を観劇するためです。

【フランスのギィ・フォワシィによる作品『救急車』『動機』『関節炎』『相寄る魂』
『橋の上の男』を公開コンクール形式にて上演。
最優秀賞受賞グループによる発表はギィ・フォワシィの魅力を存分に観せてくれる】

と言う説明で短編を4本見て来ました。

感想は何とも・・・書きようがないですね。
多分こういう短編の芝居に慣れていないこと。
ショートショートストーリーでも、何らかの起承転結があれば
わかりやすいと思うのだが〜

長い芝居の中の一幕の場面を見ているような気がして
何とも消化不良気味が本音の感想ですね。

三本の短編を見て、幕間が10分取られてホールでワインを
いただいたときはほっとしました。
椅子が硬すぎて座っているのが苦痛になっていたので・・・

最後の作品にわが身内が出演。
まぁ〜身びいきもあって・・・
それと作品そのものにくすぐりがあって〜
場内にクスクスと笑い声があったときは救われた気がしましたね。

観客も投票できるというシステムだったようですが
結局本当のところはどの作品もイマイチ分からなかったので
投票せずに帰ってきました。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.