梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2020年1月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/26 26日の日記
2020/01/25 楽日に岡山から来客
2020/01/24 焼肉パーティー
2020/01/23 ネットを聞きながら手作り料理
2020/01/22 時間ぎりぎりの掛け持ち

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2020/01/26(日) 26日の日記
目が覚めたら、8時半。アラームを8時57分に合わせていたので、27分ほど睡眠を損した感じです。小梅が8時50分頃にやって来ました。
 9時から「ゲゲゲの鬼太郎」を小梅は居間で、私は寝室で観てから、着替えて仕事の支度。
 梅光治はいつもより一時間早い10時にやって来て、衣装を用意した後、小梅と一緒に車に衣装や鳴物を積み込みました。
 10時20分に自宅を出て南海高野線我孫子前駅近くにある公民館へ・・・11時前から大阪市大の落研の男女が二人出た後、休憩を挟んで「動物園」小梅・「竹の水仙」梅團治。12時20頃に終わって、小梅は南海高野線に乗って堺東へ出て、タクシーで会場まで行って「おたび寄席」に出演・・・ネタは「なづけお屋(小佐田定雄作)」。
 私と梅光治は近所の住吉区民センターへ・・・春団治一門の「ほろ酔い寄席」です。12時半に会場入りをしたら、散歩をしていた伯枝師とバッタリ・・・手伝ってもらって鳴物を舞台袖へ運びました。会場設営は「三代目春団治倶楽部」の人達が9時半頃から来て、いつも通りにやってくれています。
 落語会の開演は13時半・・・番組は「動物園」瑞・「やかん」春蝶・「試し酒」伯枝〜中入〜「阿弥陀池」花団治・「鴻池の犬」小春團治。お客さんは、もう少しで150人。会場が330人も入る大きな会場なので、半分は超えたいなぁ。第一目標まで、もう少しです。
 終演後、私と梅光治は急いで鳴物を車に積み込んで、出演者にご挨拶をしてから、車で帰宅。駐車場へ車を置いて、すぐに自宅を出ました。梅光治には衣装をハンガーに掛けてから、帰るように云いました。
 電車に乗って三国ヶ丘へ・・・「おたび寄席」が終わって、バスで三国ヶ丘へ来た小梅と合流。バッチリ、タイミングが合いました。
 和歌山駅まで行って、タクシーでパーティー会場へ・・・いわみ先生の「大桑文化奨励賞」受賞、漫画家生活40周年、「和歌山さんちのハッサクくん」連載30年&出版記念のパーティーです。
 「クッキングパパ」作者の漫画家うえやまとち先生、漫画家マエオカテツヤ先生、腹話術の千田やすし師の他、噺家は、文福師、枝曾丸師、文鹿師、風喬師、呂竹師、雪鹿君、そして、私と小梅。地元の支援者や同級生で会場はいっぱい。
 着いたのは17時45分頃・・・すでに17時半からパーティーは始まっています。いわみ先生が楽しそうに長時間ギターを弾いていたのが印象的でした。
 オヒラキは20時・・・和歌山駅まで小梅と二人で歩きました。タイミング良く快速に乗車・・・帰宅したら、22時になってました。やっぱり、和歌山はちょっと遠いです。
 お風呂に入って、23時半に蒲団へ入りました。色んな事があった一日が終わりました。「おやすみなさい」

2020/01/25(土) 楽日に岡山から来客
 少し二日酔いです。これでは朝食は食べられません。
 それでも、7時12分に起きてBS「おしん」「スカーレット」を観ました。しんどくなってきたので、蒲団に横になっていると、知らぬ間に寝てました。
 結局、蒲団を出たのは11時半頃・・・昼食はお茶漬けとスジ肉と菜っ葉の炊いたん。
 13時半頃の電車に乗って一人で日本橋へ・・・今日も昨日と同じように梅光治は直接国立文楽劇場に行っています。
 国立文楽劇場の「上方演芸特選会」は今日が楽日・・・私のネタは「昭和任侠伝」。トリの幸枝若先生は、左甚五郎の「掛川の宿」。

◎法善寺の水掛け不動さん◎

2020/01/24(金) 焼肉パーティー
 いつもの通り、7時15分から朝ドラを観る事から一日が始まりました。
 朝食はお茶碗一杯分ほど残っていたハヤシライスです。
 梅光治には13時の開演時間前に直接国立文楽劇場へ行くように言っています。
 国立文楽劇場の「上方演芸特選会」は今日が三日目・・・私のネタは「祝い熨斗」。着替えた後、トリの幸枝若先生の浪曲を舞台袖で拝聴・・・左甚五郎の「四天王寺の眠り猫」。
 終演後、お客Uさんと会場の表で待ち合わせをして、我が家の最寄り駅近くにある焼肉店へ・・・梅光治は近鉄なんばから電車に乗って帰って行きました。
 焼肉店は17時開店なのですが、ピッタリ17時に到着。いわみ先生、小梅の4人で焼肉パーティー。娘も途中から少しだけ参加・・・お腹がイッパイになったら帰って行きました。

◎国立文楽劇場の楽屋で記念写真(左から前田憲司氏・福楽師・梅團治)◎

2020/01/23(木) ネットを聞きながら手作り料理
 国立文楽劇場の「上方演芸特選会」は二日目・・・私のネタは「佐々木裁き」。着替えた後、トリの幸枝若先生の浪曲を舞台袖で拝聴・・・左甚五郎の「千人坊主」。
 夕食は、嫁さんと一緒に小梅がネットで見付けたハッシュドビーフの作り方を参考に赤ワインをボトルの半分も使って作ってくれました。なかなか美味しいハヤシライスでした。

◎国立文楽劇場の表◎

2020/01/22(水) 時間ぎりぎりの掛け持ち
 いつもの時間に起きて、朝ドラを観ました。
 10時過ぎに掛かり付けの内科へ・・・待ち時間が長そうだったので、診察券を入れてから一旦帰宅してシャワーを浴びました。再び内科へ・・・次の次が私の番でバッチリ。
 梅光治は11時にやって来ました。衣装の用意をしてから、嫁さんが作ってくれた昼食の高菜ライスを食べて、出掛ける時間まで台所で洗い物。
 12時過ぎに自宅を出て、日本橋へ向かいました。
 日本演芸家連合に所属している大阪の四団体が合同で開催している「上方演芸特選会」に出演・・・国立文楽劇場小ホールで開催されています。大阪は「にっぽんばし」、東京は「にほんばし」で読み方が違います。
 トリは京山幸枝若先生で、私はその前に出演・・・ネタは「代書屋」。
 自分の出番が終わったら、衣装を着たまま楽屋口に呼んでもらっていたタクシーに飛び乗って、長居にある「かごの屋」へ・・・珍しく急いでいる時に梅光治は楽屋のスリッパを履いたまま楽屋口に向かうエレベーターに乗ってました。
 まだ、雨は降り出していません。
 舞台を下りたのが15時23分で「かごの屋」に着いたのは15時55分・・・仕事は16時から。小梅が先に車で来て、高座を作ってくれています。去年も同じ仕事をしているので、よく覚えてくれてました。
 最初に二人でトークをした後、「時うどん」小梅・「ねずみ」梅團治・・・約一時間ほど。
 小梅の運転で帰宅・・・梅光治は衣装をハンガーに掛けてから、帰って行きました。
 お風呂に入ってから夕食・・・今夜は、サラダとカレーうどんです。アルコールは抜き。
 夜中になって雨が降り始めたみたい・・・もう寝ます。

◎国立文楽劇場小ホールの楽屋◎

2020/01/21(火) 一年半振りの出演
 いつものように7時12分のアラーム音で起床・・・BS「おしん」「スカーレット」を観た後、もう一度「スカーレット」を観ていたら、小梅がやって来たので車にカメラ機材を積み込んで二人で出発。今日は梅光治に夕方5時に直接一人でJR立花駅へ行くように言ってます。
 阪神高速は住吉浜から摩耶付近が渋滞・・・早めに出て良かったです。阪神高速から第二神明、そしてバイパスを走って相生―有年間へ行きました。ここで和田岬線を現役で頑張って走っている青い103系の試運転を撮影・・・雲が多くてハラハラしていたのですが、下りのお目当て電車が来る時にバッチリと晴れて最高でVサイン。上郡で折り返して、すぐに戻って来るのですが、車で撮影地近くの農道を走っている時に踏切が鳴り出して・・・車から飛び降りて撮影。何とか撮れました。
 撮影が終わって、すぐに帰宅したら14時過ぎでした。昼食はカップ麺です。
 16時半過ぎに衣装を持って出発・・・JR立花で電車を降りて、アーケード商店街を歩いて会場へ向かいました。
 団四郎師が永年に亘って続けている「立花亭落語会」に出演。この落語会は、新幸君、団姫さん、団四郎師がレギュラーで、毎回ゲストが一人、今回は私。前回の出演が平成30年の7月以来ですから一年半振りになります。
 18時半開演で「鉄砲勇助」新幸・「狸賽」団姫・「ねずみ」梅團治・「粗忽長屋」団四郎という番組・・・お客さんは大入で、椅子が足らなくなって、急きょ1階にあった椅子を2階の会場へ何脚も運んだぐらいです。
 終演は20時過ぎ・・・急いで後片付けをして、アーケード街にある居酒屋で打ち上げ。団四郎師が古くからお世話になっているというお客さんがご馳走してくれました。
 日本酒をかなり頂いたので・・・大丈夫かな?ウトウトしながらも、寝過ごさずに無事帰宅。
 蒲団へ入って、すぐに爆睡・・・明朝は大丈夫かな?

◎「立花亭落語会」会場入口に張られたポスター◎

2020/01/20(月) 連日の須磨
 今朝はいつも通りの朝・・・居間へ行ったら、娘が朝食を食べてました。BS「おしん」「スカーレット」を観ている間に学校へ出掛けたようです。嫁さん二人で、味噌汁と海苔だけの朝食・・・他に椎茸昆布、レモン大根、しば漬け等が5種類。
 小梅も10時頃にやって来てシャワーを浴びて朝食を食べてました。11時に梅光治がやって来た後、四人で車に乗り込んで出発・・・昨日に引き続いて須磨へ向かいました。今日は「須磨寺落語会」のポスター張り。須磨寺は「お大師さんの日」の日で賑わっていました。
 ポスター張りが終わって、須磨寺商店街にある「がんちゃ」で昼食・・・いつもチラシを張ってもらっているのに一度コーヒーを飲んだだけで、気になってました。四人がハヤシライスを注文・・・食後のコーヒー。小梅はコーヒーを飲まずに山陽電車に乗って板宿へ向かいました。団六師から15時開演の落語会の出番をもらってます。打ち上げは、あおば君の実家の鶏肉店でやったそうですよ。
 3人須磨寺駅前の時計店へ・・・腕時計が壊れてもう半年。やっぱり、この年齢の男は腕時計をしていないと何か変に思います。腕時計を購入。今の店主のお父さんの時代からチラシを張ってもらっています。そのお父さんが年明けに亡くなられたとの事。合掌。
 自宅に戻って用事をすませた後、17時を廻ってから梅光治は「セブンイレブン寄席」のお手伝いへ・・・今夜は、眞さんの日です。
 お風呂に入って夕食・・・須磨寺のお大師さんで嫁さんが買って来た赤飯、鮭、味噌汁。アルコールは抜き。録画をして見ていなかった番組を観て消去。
 小梅が21時頃に帰って来ました。明日の打ち合わせをしてから、私は自分の寝室へ移動して寝ました。

◎昨日顔を出した神戸元町の「フォトカフェ」で開催されている私の鉄道写真展・・・残り24.25.26日(金・土・日)の三日間◎

2020/01/19(日) 色んな事があった記念日
 アラーム音が鳴る少し前に電話が掛かってきて、目が覚めてしまいました。芸人の自宅兼事務所に8時台に電話を掛けないで欲しいものです。
 アラーム音が鳴ったのは8時55分・・・「ゲゲゲの鬼太郎」を観ました。日曜日の朝のいつものパターン。小梅も我が家にやって来て観ています。
 仕事の仕度をして、10時頃に嫁さんと小梅と3人で車へ乗り込んで出発・・・阪神高速で此花区辺りを走っていて、挟み込みのチラシを玄関に置いたままだったことに気が付いて中島出口で下りて自宅へUターン。チラシを積み込んだ後、再び阪神高速へ上がって神戸市須磨区にある須磨区民センターへ向かいました。
 予定よりも少し遅れて11時半頃に楽屋入り・・・早速、音響や照明をチェック。出演者が揃ったのは、予定通りの正午・・・チラシの挟み込みをしてから、みんなで昼食の穴子寿司を食べました。いつも「志らはま寿司」から出前をしてもらっています。
 「第11回須磨区民寄席」は14時開演・・・お客さんは開場時間の13時半の1時間前から並びだして、久々に170人を超えて大入満員。番組は「牛ほめ」呂好・「ねずみ穴」まん我〜中入〜「池田の猪買い」鯛蔵・「ねずみ」梅團治・・・今回は干支を繋ぐというテーマで企画、亥→子→丑。お客さんが大勢来てくれて良かったです。
 みんなと楽屋の前で別れた後、16時半頃に会場を出て、元町のお仏壇の浜屋の裏手にある「フォトカフェ」へ行きました。私と嫁さんと小梅と「須磨区民寄席」を手伝ってもらっている福大落研I後輩の四人です。
 17日(金)から私の鉄道写真展が開催されています。毎年1月中旬に開催をしてくれていて、今日が中日・・・残りは、24、25、26日の金土日の三日間です。一時間ほど、ゆっくりとさせてもらったんですけど、丁度、鉄ちゃん仲間の加古川Y氏が来てくれていました。
 18時にフォトカフェを出て、自宅の最寄り駅の前で車を降ろしてもらって、I氏と二人で電車に乗って堺市にある「豆心」へ・・・小梅と嫁さんは車を駐車場へ入れて衣装をハンガーに掛けて後から来ます。
 堺市駅で、漫画家いわみ先生と合流・・・いわみ先生ご夫婦とうちの結婚記念日が一緒なんです。しかも、年も一緒。一緒に結婚記念日を祝おうという事になったんですけど、いわみ先生の奥さんが都合が悪くて参加できませんでした。
 「豆心」の大将が常連さんにも声掛けをしてくれたので、2階の小さなスペースが満員御礼・・・私も一週間ほど前に出演した東京の「梶原いろは亭」の公演が終わってから駆け付けてくれた喬介君も参加。宴席は19時過ぎから開始・・・ゲストはメキシコの兄弟デュオ「AMANKAY」の二人・・・「花まつり」「コンドルが飛んで行く」etc.を披露してくれました。
 オヒラキは23時・・・電車に乗車。みんなと途中駅で別れて帰宅・・・我が家が一番近くにあります。
 帰ったら、すぐに寝ました。

◎宴席で演奏と歌を披露してくれたメキシコの兄弟デュオ「AMANKAY」の二人◎

2020/01/18(土) 2回とも立ち見の公演
 アラームを合わせていないのに6時50分に起きました。ロビーの集合時間は7時です。服を着たまま寝ていたので、ハンガーに掛けていた着物を畳んで、急いでロビーへ・・・駐車場まで治門君と二人で歩いて行きました。
 7時10分頃に駐車場を出て国道2号線を西へ・・・福山西ICから山陽道へ上がって、更に西へ向かいました。夕べは呑み過ぎたようです。ひょっとしたら、アルコール分が消化し切れていなくて、残っているかも?・・・検出されたら、えらい事です。前日でも気を付けて呑まないといけないと痛感。
 徳山西ICで下りて、周年市文化会館へ向かいました。予定通り、9時過ぎに到着して楽屋入り。
 今日は毎年恒例で開催をしている周南市文化振興財団の「新春寄席」です。10時半からの会場は、周年市文化会館3F展示室・・・番組は地元の松鶴家一若さんの漫談とゲストのギター演奏の後、「道具屋」治門・「昭和任侠伝」梅團治。
 会館のレストランで昼食を食べた後、車で移動して、14時半からは新南陽総合福祉センターで開催・・・番組は地元の松鶴家一若さんの漫談とゲストのギター演奏の後、「初天神」治門・「ねずみ」梅團治。
 ありがたいことに1回目も2回目も立ち見のお客さんが出る程の大入満員・・・最近は毎年お客さんが増え続けて、遂に立ち見客が出る程になりました。徳山駅ビルで始めた頃は、「ツ離れ」するのがやっとだったのになぁ。
 16時過ぎに会場を出て給油をしてから、徳山西ICから山陽道・・・小腹が空いたので、玖珂Pでラーメンタイム。ほぼ九州ラーメンです。それから、小谷SAで自宅のお土産として、広島菜とレモン大根という2種類の漬物を買いました。
 中国道の宝塚ICで下車・・・尼宝線を走って、JR尼崎駅付近で治門君を降ろしてから、阪神高速を途中ちょっとだけ走って、自宅に到着。もう22時頃になってました。家族3人でキムチ鍋を美味しそうに食べています。私もお風呂に入ってから、アルコールを抜いて少し食べました。
 いやぁ、疲れました。日が変わる直前に寝ました。

◎昨夜、「植おか」で食べたカワハギの半身は煮付けに・・・◎

2020/01/17(金) 意識がない
 いつもと同じ時間に起きて、朝食の代わりにお菓子とコーヒーを食べながら、朝ドラを観ました。
 8時半前に治門君がやって来て、衣装を車に積み込んで出発・・・阪神高速湾岸線で神戸へ出て、第二神明、バイパスを走って、龍野西ICから山陽道へ上がりました。瀬戸Pでコーヒータイム。岡山県の玉島ICで山陽道を下りて、倉敷市玉島乙島にあるデイサービス「福来朗」へ・・・高校時代の同級生が運営をしています。聞くと、年一回来ていて、今回が6回目だそうです。正午から昼食・・・お年寄りと同じメニューですけど、量は全て大盛。出してくれた玉子とじ生姜うどん、いなり寿司三個、天ぷら、オレンジをきれいに平らげて、13時半から落語会。
 今年の番組は『ご挨拶』梅團治&治門・「動物園」治門・「時うどん」梅團治。
 終演後、甘酒、焼き芋をご馳走になってから出発・・・地元のケーブルテレビの玉島テレビへ行って、2月9日に玉島市民交流センターで開催する落語会の告知をスタジオで収録。
 渋滞を避けて、黒崎から寄島と瀬戸内海の海岸線を走って、笠岡から広島県の福山へ・・・駅前のホテルにチェックインしたのは17時頃。
 大相撲をテレビ観戦してから、シャワーを浴びて少し寝ました。
 19時45分に治門君とロビーで待ち合わせ・・・歩いて「植おか」という小料理店へ行きました。カワハギ薄造り、ねぶと(小魚)唐揚げ、寄島牡蠣酒蒸し、お寿司、赤出し・・・と美味しい料理を次々に完食。別の集まりが終わって、21時半頃にK氏が駆けつけてくれました。K氏が大阪に居た頃から世話になっています。もう35年ほど前からです。閉店時間の23時を廻って、23時半頃まで・・・途中から私の記憶がありません。勘定の支払いはもとより、いつ店を出たのやら?、ホテルまでどうやって帰ったのやら?・・・目が覚めたら、服を着たままホテルのベッドの上に倒れてました。
 どうやら、K氏が全てご馳走してくれたみたいです。感謝。

◎「植おか」で食べたカワハギの薄造り◎

1月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.