梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2004年10月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2021/01/23 雨降り
2021/01/22 お土産のおはぎ
2021/01/21 今日から受付開始
2021/01/20 夜席も時短
2021/01/19 結婚記念日

直接移動: 20211 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2004/10/08(金) 毎年秋は・・・
毎年秋になると、梅團治は東京の橘家蔵之助師と一緒に九州公演に出掛けている。
梅團治は福岡大学の落研出身で蔵之助師の兄(小倉で居酒屋「風太郎」TEL093-522-6110を経営。ここの豚足は絶品)の3年後輩になる。九州ツナガリの二人がお互い2席づつ東西の落語を競演し、今年で6年目を迎えた。輪が広がり当初より増えて、10月1日が佐賀の神埼、2日が熊本の川尻、3日昼は黒崎、夜は小倉、4日が佐賀の西有田、5日は福岡の行橋と公演が続いた。
今後もこの公演は、増えそうで二回に分けることも考えている。ホンマにそうなったらエエのになぁ。もし、九州の方で「落語の公演」がしてみたいという方は、梅團治事務所までご連絡ください。TEL06-6606-5632もちろん、趣味の鉄道写真も忘れていません。
豊肥本線のあそBOY(2日に掲載)と山陰本線の特急いそかぜ(4日に掲載)を撮影しました。見てネ。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.