梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年6月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/13 退屈な月曜日
2020/07/12 酉年生まれ同年齢の三人会
2020/07/11 小梅は連続の仕事
2020/07/10 初の一門会
2020/07/09 番組編成会議に出席

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2005/06/10(金) 15周年 浪漫笑
西明石駅から東へ、国道2号線沿いにある「ハナゾノ」という酒屋さん、そこで開催をしている落語会「浪漫笑」が15周年を迎えました。
12月を除く年11回(毎月第2金曜日)の開催で、この会場には、毎回10〜20名位のお客さんがお越しくださっています。
今回は、15周年特別公演なので、いつもの会場とは違い地下室(まるで落語の秘密倶楽部)での開催となり、70〜80名のお客さんで満席となりました。
今回のプログラムは「ぜんざい公社」春菜・「二人ぐせ」文華・「竹の水仙」梅團治・「祝いのし」春團治で、春雨夫妻が鳴物で来てくれました。
こんな狭い空間で師匠春團治の落語が見れるとは、何と贅沢な!
毎回これ位の・・・とかそんなことは言いません。せめて30名位のお客さんが来てくれたら、「ハナゾノ」の大将も赤字が出なくて助かります。
いつもは終演後に、お客さんと一緒に大将の手料理を食べながら(大将は料理を作るので落語を見れない)お酒を呑むのですが、今回はお客さんの人数が多く、部屋に入らないのと、大将本人がゆっくり落語を見たいというので会食はナシ!
近所のすし屋で出演者全員と大将夫妻を囲んでちょっとイッパイ。
これも落語会の世話人さんの役得かな!
今回が167回だったので、次は200回を目指します。
ご近所の方は是非、応援に来てください。
◎師匠春團治と「ハナゾノ」大将の藤本夫妻◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.