梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年9月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/04/05 受験勉強のように・・・
2020/04/04 大阪の桜は満開なのに・・・
2020/04/03 家族も十人十色
2020/04/02 無観客の高座
2020/04/01 長期戦の覚悟

直接移動: 20204 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2005/09/21(水) 第74回 龍野落し語の会
何か、久しぶりの落語会のような気がします。
京都のJR山科から徒歩5分ほどのところで、旧東海道沿いにある龍野というリカーショップの2階が会場です。
もうはるか昔になりますが、龍野ご夫妻の結婚式の司会をさせてもらったのが縁です。
奇数月の年6回、夜7時の開演で、私と岐代松さんが交代でやらせてもらっています。
今回のプログラムは「牛ほめ」雀五郎・「青い瞳をした会長さん」三歩・「鬼の面」梅團治でした。
次回11月16日(水)は、岐代松さんの番で「始末の極意」佐ん吉・「ちしゃ医者」仁昇・「くっしゃみ講釈」岐代松の予定です。
この落語会の記事が写真入りで本に掲載されているそうで、本の名前を何度も聞いたのですが、カタカナで「イ・・・?」忘れてしまいました。
「今、上方落語がおもしろい」という特集が組まれていて、他にもいくつか落語会が紹介されていましたが、家族で写真に出ているのは、龍野さんだけですワ(しかも私の高座写真より大きい)。
終演後は、恒例の打ち上げ、ビールに芋焼酎を呑みながら寿司にカラアゲetc.
缶ビール・缶チューハイとおつまみをもらい、大阪駅までの電車内でも呑んでいました。
※今日は、鉄道写真を撮らなかったのか?って・・・もちろん、朝6時に家を出て撮りに行きましたヨ。
◎「龍野落し語の会」の打ち上げ会場は、客席が早や変わり。
(左から梅團治・龍野ご夫妻・三歩・雀五郎)◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.