梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年10月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/09/28 駐車所は満車
2020/09/27 地元の落語会
2020/09/26 そうか、土曜日や!
2020/09/25 寒いぐらい
2020/09/24 今場所は面白い

直接移動: 20209 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2006/10/01(日) 九州公演の二日目
 朝、起きたら丁度、寝台特急「あかつき」が、佐賀駅を出るところでした。
 ホテルの朝食を食べて、10時頃に蔵之助さんと二人で太宰府に向かって出発しました。
 今日は、福大落研時代同期だった女性部員の嫁ぎ先の酒屋さん「椎木酒店・梅田屋」の二階で落語会です。
 行ってみると、その酒屋さんは太宰府天満宮のすぐ近くでした。
 昼食は西鉄太宰府駅近くにある暖暮というラーメン屋さん、天満宮を散歩して、デザートには、太宰府名物の梅が枝餅を小山田茶店で食べました。
 夕方からの落語会は狭い会場ながら満席で、天満宮の宮司ご夫妻も来てくれていました。番組は「火男そば」蔵之助・「竹の水仙」梅團治〜中入〜「替り目」蔵之助・「野ざらし」梅團治でした。
 終演後は、高座を片付けて、会場で打ち上げです。
 そして嬉しい事に、好評につき、次回も開催してくれるとのことです。
 宿泊は、近くにある国民年金保養センター太宰府・天然温泉「みかさの湯」です。和室でユックリと寛げました。

◎落語会のあった今春に改築されたばかりの酒屋さん◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.