梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年10月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/24 今日から喜楽館は鉄道ウィーク
2020/02/23 山陽ひとり旅
2020/02/22 事務仕事の日
2020/02/21 遂にコロナウイルスの影響が・・・
2020/02/20 てっちりの日

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2006/10/02(月) 九州公演の三日目
 「みかさの湯」で朝風呂に入ってから、朝食を食べて出発。
 私にしては珍しく、都市高速を使って、博多の街を見ながら唐津へ走りました。午前中には落語会会場の「渚館きむら」に着いて、会場設営をしました。
 こちらで落語会を開催してもらうのは、今回が二回目です。
 入場料は、美味しい昼食付きで、2000円という良心的な料金設定ですヨ!・・・昼食だけで1500円ほどするのに。
 番組は「転失気」梅團治・「火男そば」蔵之助〜中入〜「鬼の面」梅團治・「ちりとてちん」蔵之助でした。
 終演後はお風呂に入ってから、コインランドリーへ洗濯に行きました。
 そして、また、ここ「渚館きむら」の夕食がスゴイ!
 名物のいか造りに、伊勢海老、あわび・・・どれもみんな動いています。松茸に佐賀牛・・・生きてて良かった。
 二人とも呑むのを控えて、食べることに専念したのですが、食べ切れない豪華な夕食でした。
 男二人で泊まるのは切ない、窓からは唐津城に海と・・・景色も良いし最高のお宿です。

◎「渚館きむら」の窓から見える唐津の海◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.