梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年10月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/26 いわみ先生おめでとう!
2020/01/25 楽日に岡山から来客
2020/01/24 焼肉パーティー
2020/01/23 ネットを聞きながら手作り料理
2020/01/22 時間ぎりぎりの掛け持ち

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2006/10/03(火) 九州公演の四日目
 無理を言って、朝食を7時に頂いてから、北九州の小倉南区にある守恒市民センターへ向かいました。
 11時から落語会が始まるので、9時半頃には現地に着いて、会場設営をしました。会場設営では、地元の年配の女性陣が一生懸命動いてくれたので助かりました。
 今回の公演は、小倉で飲食店をいくつも経営する一椿の社長のご厚意で実現したのですが、その社長自ら、我々の昼食の弁当を持って応援に来てくれました。
 宣伝不足もあったのか?お客さんはチョッと少なかったのですが、会場設営を手伝ってくれた女性陣の笑いのパワーが凄かったので、活気のある落語会になりました。
 番組は「転失気」梅團治・「ちりとてちん」蔵之助と、二席だけでしたが、二人で一時間以上は、タップリと高座を務めました。
 そして夜は、一椿の社長にイッパイご馳走になりました・・・「感謝」又、お願いします・・・厚かましい!

◎市民センターの高座で熱演をする蔵之助師◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.