梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年12月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/04/06 6日の日記
2020/04/05 受験勉強のように・・・
2020/04/04 大阪の桜は満開なのに・・・
2020/04/03 家族も十人十色
2020/04/02 無観客の高座

直接移動: 20204 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2006/12/21(木) 新世紀落語会
 夜7時から天満天神繁昌亭で「新世紀落語会」がありました。
 番組は「福の神」(作/浪江裕史)右喬・「高宮川天狗酒盛」(脚色/小佐田定雄)文華・「長屋浪士」(作/小佐田定雄)梅團治〜中入〜「熱血学園」(作/小佐田定雄)勢朝・「ナースのお仕事」(作/笑工房・玉井史朗)松枝で、一階席はほぼ満席でした。
 小佐田先生の作品が三つもあるので、ご本人が来てくれました。
 終演後は、この落語会のお世話をしてくれている小春團治兄さんやスタッフ・出演者で、近くの居酒屋で打ち上げ・・・遅くなってしまったのですが、松枝師が帰るタクシーに便乗させてもらったので助かりました・・・「ありがとうございました」

◎出番前の松枝師とモニターを見ている右喬君◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.