梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年9月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2020/03/28 自宅で過ごす
2020/03/27 夜の外食
2020/03/26 万が一・・・
2020/03/25 近場で鉄ちゃん
2020/03/24 ひっそりとした楽屋

直接移動: 20203 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2006/09/18(月) いょっ、大舞台!
 台風が日本海沖へ進み大阪は快晴でした・・・あぁ、良かった。
 何といっても今日は、シアター・ドラマシティ(客席数900)という大きなホールでの「第1回新鋭上方落語会」の日です。台風が直撃で公演中止てなことになっていたら・・・ゾーッ。
 最初にメンバー6人が黒紋付・袴姿で横並び、雀々兄さんの司会で最長老の仁智兄さんがご挨拶、その後「四人癖」つく枝・「七度狐」鶴二・「あみだ池」三喬・「代書」雀々〜中入〜「鋳掛け屋」梅團治・「スタディベースボール」仁智と進み、最後は舞台衣装でメンバー全員が登場で終演でした。私が言うのも可笑しいですが、演者・お客さんが共にスゴイ活気・パワーが溢れる落語会でしたヨ!
 その余韻もあって、終演後の打ち上げも5時間以上は続きました。小梅と二人で家に着いたのは・・・さて、何時頃か分かりません?

◎開演前のリハーサル◎
 


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.