梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年11月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/24 今日から喜楽館は鉄道ウィーク
2020/02/23 山陽ひとり旅
2020/02/22 事務仕事の日
2020/02/21 遂にコロナウイルスの影響が・・・
2020/02/20 てっちりの日

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2007/11/24(土) 伝統ある「敦賀落語の会」
 講談の南海師と三味線の早川さんにうちに来てもらって午前中に車で家を出ました。名神高速を彦根ICで下りて長浜−虎姫間へ行きました。ここでエーデル&リゾートを撮影・・・ところが、標準レンズで撮影しようとした私は今回も普通列車と重なってしまいました。望遠レンズを使っていた小梅は大丈夫だったようです。
 ちょっと遅い昼食は来々亭長浜店のラーメン、琵琶湖湖畔をドライブしながら敦賀へ向かったのですが、湖畔にはカメラマンがいっぱい!どうやら夕日と琵琶湖の写真を撮るのに早くから三脚を立てて場所を取っているようでした。
 敦賀駅へ特急列車で来る鶴二師を迎えに行ってから「敦賀落語の会」の会場へ、着いてすぐに好物のおろし蕎麦を頂きました。
 この落語会は、私が噺家になる前からある上方落語四天王はもちろん志ん朝師匠も幾度か出演しているという伝統ある落語会です。今回は企画物で忠臣蔵特集・・・お客さんは70〜80名とほぼ満員。番組は「動物園」小梅・「七段目」鶴二・「赤穂義士伝」南海〜中入〜「長屋浪士」(小佐田定雄作)梅團治・・・中入のときに「んなあほな」(上方落語協会誌300円)を小梅が売らせてもらったのですが、持って行ったものは全て完売しました。
 落語会が終わって早川さん特急列車で帰阪しました。残ったメンバーとスタッフで打ち上げ・・・泊めて頂くスタッフT氏宅で二次会になって、私は1時過ぎに休ませてもらったのですが、エンジンの掛かった鶴二師とそれに付き合った南海師とT氏は気の毒に午前2時半になったそうです。

◎敦賀駅でもNHK連ドラ「ちりとてちん」のPR・・・小梅が記念写真◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.