梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年1月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/05/31 気持ちを切り替えないと!
2020/05/30 お天気は今日まで?
2020/05/29 プチ贅沢をしたので・・・
2020/05/28 ありがたい
2020/05/27 新茶の贈り物

直接移動: 20205 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2010/01/09(土) 連日の激痛!
 朝9時過ぎから膝の状態を診てもらいに整体へ行ってきました。患部を湿布してもらって帰宅。
 明日の新倉敷公演の荷物を車に積んでから、昼食を学校へ行っている息子以外の3人で食べました。明日の落語会の電話予約が今日も数件掛かってきました。ありがたいことです。
 昼前に衣装を持ってTENGEKIへ行きました。久し振りの出番です。
 ところが、一回目の舞台で「時うどん」をやっている最中に膝の具合が悪くなってきて、昨日よりも更に悪い状態に・・・歩くどころか、立ち上がる事すら出来なくなってしまって、若手の人達に担いでもらって舞台を下りる始末、顔面蒼白、脂汗です。
 2時間経っても痛みは全くひかず、二回目の舞台は正座するどころか、歩行も不可能な状態。一旦、幕を閉めてもらって担いでもらって舞台中央の椅子へ・・・椅子に座っての舞台になってしまいました。しかも、他の出演者のみなさんが舞台の時間を延ばしてくれて私の負担を軽くしてくれました。「すみませんでした」
 舞台が終わって楽屋の畳を敷いている一角で、伸びなくなってしまった膝をゆっくりと時間を掛けて伸ばしていると、ある瞬間に激痛で伸びなかった膝がスーッと伸びました。
 すると、今までの痛みが嘘のように全くなくなってしまって普通に歩けるようになりました。
 歩けるようになったところへ、迎えに来てくれた嫁さんが到着。この状態やったら、迎えに来てもらわなくても良かったのに・・・この後に行く予定だった関西演芸協会がやっている「堀川えびす」の笹売り(十日戎)はキャンセルして、嫁さんと二人で帰って、とりあえず安静にする事に。
 しかし、あの激痛は高座に上がって正座するのが怖いです。
 整体の先生は「本来なら安静にしないといけないのですが、そういう訳にはいかないでしょうね」と言っていたんですが・・・そういう訳には、いきまへんわなぁ。明日も故郷の倉敷で大事な高座があるし・・・

◎最近走り始めた磐越西線の新型車両(昨年末撮影)◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.