梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年2月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
最新の絵日記ダイジェスト
2019/11/11 今月は稽古が・・・
2019/11/10 耳を疑う訃報
2019/11/09 久し振りの一人旅
2019/11/08 祝いの尾頭付きと鯛めし
2019/11/07 まさか、プロデューサーから・・・

直接移動: 201911 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2012/02/25(土) 故郷で落語会が始まった
 朝6時過ぎには目が覚めていたのですが・・・6時半に呂好君の目覚し時計がなりました。
 呂好君は繁昌亭朝席があるので、7時から朝食を食べて、7時20分少し前には「みとろ荘」を出て、JR厄神駅へ・・・私が車で駅まで送って行きました。
 私と壱之輔師、そして小梅の3人は7時半から朝食を食べて、8時から部屋で「カーネーション」を見ました。寺西さんはまだ寝ているようです。結局、彼女は朝食もキャンセルしたそうで、部屋から出た時には誰もいなかったのでビックリしたそうです。
 私と小梅は、車で壱之輔師をJR加古川駅まで送って行ってから、今度は私の故郷の倉敷へ向かいました。
 今日は倉敷芸文館で「第1回 アルスくらしき寄席」・・・上方落語協会の仕事です。
 11時半前に着いて、会場チェック・・・準備が早く終わってしまったので、美観地区を私・伯枝・紫・小梅の4人で観光しました。久し振りです。
 チケットは一月前に完売しているとの事で満席・・・14時開演で、番組は「寄合酒」紫・「片棒」歌之助・「花筏」伯枝〜中入〜「時うどん」文三・「ねずみ」梅團治でした。
 次回は6月30日(土)に開催・・・まさか、故郷の倉敷で定例の落語会が開催されるようになるとは・・・嬉しい限りです。
 帰りに岡山の病院へ寄って、母親の見舞い。検査の結果、大した事は無く、明日退院するとの事。良かったです。
 須磨辺りまでは渋滞も無くスムーズに来たのですが・・・阪神高速の生田川辺りが事故で通行止め。国道を走って六甲アイランドから湾岸線へ上がりました。小梅が会場に腕時計を忘れていると倉敷公演に来ていた協会O氏から連絡が・・・O氏宅はうちの家の近所だったので、寄ってから帰宅しました。
 用事を済ませて蒲団に入ったのは、午前0時前でした。

◎「アルスくらしき寄席」の会場、アイホール入口◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.