梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年2月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/09/28 駐車所は満車
2020/09/27 地元の落語会
2020/09/26 そうか、土曜日や!
2020/09/25 寒いぐらい
2020/09/24 今場所は面白い

直接移動: 20209 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2012/02/29(水) 年齢の差なんて
 朝から「日本海」を撮りに行こうかな?と思っていたのですが・・・東北地方の大雪の為、「日本海」は営業運転を途中で取り止めて、回送列車としてやって来ていたので、詳しい時間が分からないので、撮影は止める事にしました。
 師匠春團治にお願いをしないといけない事がいくつかあったので、師匠宅へ午前中に行って来ました。
 11時半を廻って柏原へ・・・市役所で担当の方と合流して今日の会場へ行きました。昨日の小学生の子ども達とは年齢が全く違うお年寄り中心の落語会です。活気のある元気な皆さん方だったので無茶苦茶盛り上がりました。私が立ち高座で20分ほど漫談をした後・・・「平林」小梅・「時うどん」梅團治でした。
 しかし、落語って凄いですよねぇ。年齢差がこんなにあっても、同じネタで笑ってもらえるんですもんねぇ。
 帰宅してすぐ16時半から紋四郎君のお稽古。娘を塾に送って行ってから18時から壱之輔師のお稽古。稽古が終わって、門真K氏が今日の落語会場でくれたお土産の名古屋名物手羽先を肴に二人で呑みました。
 娘のお迎えは小梅が・・・娘は小梅が迎えに来たのでビックリしたそうです。かなりきつい焼酎を3時間以上も呑んだので、またヘロヘロ。
 壱之輔師が帰った後は覚えていません。筍ご飯を食べていたそうです・・・が、覚えていません。

◎落語会が開催された柏原市内の会館◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.