梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年9月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/08/14 夏の「西明石浪漫笑」
2020/08/13 寄席は良いなぁ
2020/08/12 暑いなぁ!
2020/08/11 あっさり、チャンポン鍋
2020/08/10 野球は楽しい

直接移動: 20208 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2012/09/02(日) バカ売れ
 今日も昨日トよく似た天候。晴れていたかと思えば、急に大雨・・・でも、すぐに止むので、かえって涼しいてなもんですかな?
 小梅は相撲の準備があるとかで、我々より一足早く1人で出掛けて行きました。私と嫁さん、そして娘とその友達の4人でタクシーで生國魂神社へ向かいました。
 今日は10時から「扇納祭」があるので、9時半前に行ったのですが、すでに師匠春團治は楽屋に到着していました。師匠は扇納祭が終わるとすぐに帰宅・・・お正月の神さん参りとか、こういう神事は昔から大切にされています。
 いわみ先生は、一日に40〜50枚ほどの似顔絵マンガを描いてくれました。先生も年齢と共に描く枚数が減ってきているようです。
 鰻の串焼きがバカ売れ・・・1本500円の大阪湾天然鰻が行列が出来るほどの大盛況。私も勿論食べましたが、炎天下に鰻とビールは最高です。お昼過ぎには完売してしまった為、一旦、仕込みに帰って16時頃から販売再開・・・でも、半時間ほどで完売してしまいました。噺家仲間も何人も買いに来ました。
 私は「奉納落語会」の昼の部に出演。番組は「つる」吉の丞・「ぜんざい公社」壱之輔・「上燗屋」出丸・「寝床」梅團治〜中入〜「京の茶漬」福楽・「宇治の柴舟」雀松でした。
 私が「奉納落語会」に出ている頃、小梅は相撲に出場・・・四股名は「電車道」。1回戦は不戦勝で2回戦から出場。対戦相手は、和歌ぽん君。どうやら、あっさりと負けてしまったようです。その和歌ぽん君は準優勝だったそうですよ。優勝は太遊君、竹林・三象といった高齢者も出場・・・高齢者二人はポロリがあったそうです。
 例年よりも遅い時間のフィナーレにも関わらず、大勢のファンが残ってくれていました。鶴瓶副会長や文枝会長の挨拶、上方落語賛歌の大合唱、そして小染実行委員長の挨拶で、今年の「彦八まつり」は終わりました。また、文枝会長から来年の実行委員長は、月亭八光師という発表がありました。「みなさん来年も来てやぁ〜」
 さて、その後は軽く打ち上げ・・・居酒屋で、いわみ先生・春雨夫妻・枚方T氏(今日は相撲の土俵の運搬を手伝ってくれました)・堺Y氏・そしてうちの家族です。
 明日から娘は学校が始まるので、23時になって解散。タクシーで帰ってシャワーを浴びてから寝ました。娘は遅くまで宿題をしていたみたい。まだ、やってなかったんかいな・・・「アホッ!」

◎鰻が焼き上がるのを待つ文鹿・かい枝の両師◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.