梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年6月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2021/04/11 決まりました
2021/04/10 東京勤務
2021/04/09 対策をして再会
2021/04/08 NHK上方落語の会
2021/04/07 鉄道グッズ

直接移動: 20214 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2014/06/22(日) 二日目は掛け持ち
 7時半過ぎに自然と目が覚めました。シャワーを浴びて、8時を廻ってから、小梅を起こしました。
 干していた着物を畳んで、荷物をまとめてロビーへ下りて朝食。
9時にホテルを出て、佐賀ICから福岡ICまで高速を走って篠栗の丸見屋旅館さんへ・・・10時半前には到着。
 すぐに会場設営。落語を観る前にお蕎麦を食べるお客さんは11時からご来場・・・12時開演。番組は「犬の目」小梅・「佃島」蔵之助・「皿屋敷」梅團治でした。
 終演後、我々も美味しいお蕎麦をご馳走になってから、博多祇園にあるホテルへチェックイン。
 半時間ほど休憩してから、歩いて西中洲の「うわのそら」へ・・・ほとんど会場はできているので、少しだけ直しました。前回より広くなってます。
 今回は日曜日ということもあって開演は17時・・・番組は「平林」小梅・「お見立て」蔵之助・「切符」梅團治でした。
 この「うわのそら」は、終演後の料理とお酒がまた楽しみ。なかなか手に入らない日本酒が呑めますし、創作料理も最高。高額なだけの事は充分あります。
 帰りは仲良くなった明るいお姉さんと4人で二次会へ・・・「旭軒」が店を閉めところで断念して「うま馬」へ行って餃子と鶏皮で少し呑んで〆はラーメン。一杯のラーメンを小鉢で分けて食べました。
 お姉さんをタクシーに乗せてから、3人でホテルへ戻りました。
 部屋に入って、気が付きました・・・忘れ物です。「うわのそら」に「んなあほな」とその釣銭を預けたまま。電話をしてから、小梅が走って取りに行きました。間に合った!ぎりぎり「セーフ」。明日はお店が休みだっただけに助かりました。
 小梅が戻って来て、すぐに寝ました。
 今日一日、美味しい食事をいっぱい食べました。また太ってしまうわ。血圧に注意。

◎「うわのそら」の創作料理◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.