梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年9月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/01 もう7月です。
2020/06/30 繁昌亭で総会
2020/06/29 腰痛で会議を欠席
2020/06/28 ウイルス感染防止対策をして
2020/06/27 笑福亭のお膝元で・・・

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2014/09/02(火) 計算通りに到着
 5時半には目が覚めました。
 6時になったので、独りで散歩してみました。早朝にこうしてこの辺りを散歩するのは初めてです。旧北陸本線跡が遊歩道になっていて、その歩道をブラブラ・・・長いトンネルを抜けたら、道の駅能生が左手にありました。遊歩道から海岸沿いへ出てブラブラ・・・道の駅の駐車場には、湘南や大阪等々他府県ナンバーが数台止まってました。どうやら、ここで夜明かししたようです。
 宿泊宅に戻ったら、石松君が「私も行って来ます」と行って入れ替わりに出掛けて行きました。小梅は寝ています。
7時半になって安専寺さんへ・・・今朝も朝食をご馳走になりました。石松君が海藻が好きだと言っていたので、エゴやモズクを出してくれたのは感謝です。
 「花子とアン」を観てから出発・・・お別れです。次はいつ来られるんでしょうか?
 「北越」に485系国鉄色が入るかも?という情報が入ったので、市振へ・・・これが誤りでR編成、しかも今日も「くびき野」は国鉄色という事が分かったので親不知ですぐにUターン。交通費の無駄遣いをしてしまいました。
 柿崎ICで下りて、海を入れて取れる撮影ポイントへ・・・カンカン照りだったんですけど、国鉄色「くびき野」が来た時には丁度雲の中。悔しい。
 新井駅近辺をロケハンしてから、先日下見をさせてもらった妙高市の敬覚寺さんへ・・・今回初めて落語会を開催してくれました。
 お弁当を頂いた後、近くの「矢代」という手作り豆腐のお店で笊豆腐を食べました。濃厚な大豆の味がしました。
 さて、法話や昼食の後の13時半から落語会の始まり・・・番組は『フリートーク』全員・「平林」小梅・「動物園」石松・「宗論」梅團治。女性の方がかなり多かったので明るい落語会になりました。
 終演後も少しだけお料理をご馳走になって退席・・・ロケハンをした撮影地でエロ光(夕陽)を浴びて走る「くびき野」を撮って終了・・・ラストは最高の終わり方でした。
 高田ICから糸魚川ICまで高速・・・西性寺さんに寄って、お借りしていたグッズの釣銭を返してから頸城大野駅近くの「龍喜」へ行きました。私はブラック焼きそばの塩味、小梅はブラック焼きそばの辛子マヨネーズ味、石松君は岩海苔ラーメンを食べました。
 国道8号線を走って「境鉱泉」(500円)へ・・・お風呂に入って汗を流しました。給油をして、魚津ICから高速・・・福井県の北鯖江からは小梅が運転。少し寝かせてもらいました。
 京都の桂川Pで交代して再び運転・・・吹田ICで高速を下りたのは午前0時少し過ぎで、深夜割引の時間帯に突入。計算通り・・・3割引きは大きいですもんね。
 新御堂筋から御堂筋、大国町へ着いたのは0時半過ぎでまだ電車の動いてる時間帯でした。
 我が家に着いたのも1時少し前で、終電で帰ったのとほぼ同じ時間帯。いやぁ、早いもんですなぁ。
 半分だけ荷物を自宅へ運び入れて、寝ることにしました。小梅はすぐに帰宅。また明日、重たい荷物を運ぶことから一日が始まります。

◎初めて落語会を開催してくれた妙高市の敬覚寺山門◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.