梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年10月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2021/04/18 家族四人でお出掛け
2021/04/17 大きな買物
2021/04/16 おかえりなさい
2021/04/15 一日だけのゲスト出演
2021/04/14 久々の散歩

直接移動: 20214 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2015/10/18(日) 小梅が一人で・・・
 小梅の運転で出発・・・湾岸線が工事中で通行止めなんで、池田ICから中国道へ・・・山陽道にある岡山県の道口Pで一時間ほど仮眠して、午前3時半頃に起きて再び出発。
 山口県の下松SAで朝食のパンを買って給油してから、福岡県の喜志Pへ・・・ここで私と運転交代。ここまで小梅が夜通し、一人で運転・・・撮影への執念は恐ろしいほど。もし、しんどかったら九州まで行かずに「SLやまぐち号」を撮ろうと言ったんですけど・・・小梅はよっぽど485系サヨナラ列車が撮りたかったんですナァ!・・・という事で、ここからは酔いが醒めた私が運転。豊前まで高速が伸びたので早いです。この間、小梅は鼾をかいて爆睡・・・疲れたんでしょうなぁ。
 お目当ての列車通過の一時間半前に到着。
 天津駅付近からロケハン・・・線路端の雑草や雑木が伸び過ぎて酷いほど。結局、柳ヶ浦駅手前まで南下して、黄色になった稲穂を入れて、485系サヨナラ列車を撮影・・・この辺りの稲刈りも間もなくです。
 道の駅「なかつ」で、炙り鱧(450円)と鱧弁当(550円)を購入・・・鱧尽くしです。
 門司港―門司間と門司小倉間で485系を撮影して計3回も撮れて満足。
 13時前に今日の撮影が終わって一段落・・・車内で鱧弁当をじっくり味わって食べました。
 国道を走って、博多へ・・・途中、小腹が空いたので「雷蔵」でラーメンをズルズル。やっぱり、ここのラーメンは好きです。
 ホテルにチェックインしたのは15時半過ぎ。
 16時50分に蔵之助師とロビーで待ち合わせをして、タクシーで大名にある本日の落語会場「松楠居」まで。
 急いで会場設営をして、日曜日なんで18時に開演・・・お客さんは8〜9割の入りでほぼ満席。お客さんが定着して、徐々に常連さんができてきています。ありがたい事です。
 番組は「始末の極意」小梅・「身投げ屋」蔵之助・「源平盛衰記」梅團治の三席で19時半前まで。
 終演後は、1階にある蕎麦屋「やぶ金」で打ち上げ。21時過ぎまで・・・福岡県内で開催する落語会のあっちこちに来てくれるU夫妻とそのご友人の方と6人でブラブラ歩いてホテル近くの「うま馬」で二次会。
 ここで名物の鶏皮串と餃子を食べながら23時過ぎまでペチャクチャ。
 ホテルに帰ってベッドで横になったら・・・その後は、分からんわ?

◎道の駅「なかつ」で買った炙り鱧と鱧弁当◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.