梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年4月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2020/08/10 野球は楽しい
2020/08/09 自宅で過ごす
2020/08/08 赤字を回避
2020/08/07 さらば福岡
2020/08/06 福岡最終日

直接移動: 20208 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2016/04/17(日) 竹林師の同級生が・・・
 いつもの時間に目が覚めてしまったんですけど、連ドラが無いのに気が付いて蒲団の中へUターン。
 小梅が8時半頃にやって来ました。どうやら、夜中に降っていた雨は止んだみたい。
 朝食はバナナとコーヒーだけ。外の天気は正に春の嵐・・・ビュービューと凄い風です。
 10時になって「三代目桂春團治を囲む会」のK氏が、やって来て6月19日(日)の「ほろ酔い寄席」のチラシを持って帰りました。
 10時半過ぎに小梅と二人で衣装を背負って最寄り駅へ・・・電車は15分〜20分ほど遅れていました。何とか鶴橋から予定していた快速急行に乗車して大和高田へ・・・三味線Sさんも同じ電車に乗っていて、改札口まで鉄瓶師が迎えに来てくれていました。この頃には、すっかり青空になっていて暑いほど。
 鉄瓶師のお母さんの車に乗せてもらって、広陵町にあるホテルへ・・・ここが会場で、5階に大きなホールがありました。
 今日は、奈良県出身の竹林師と鉄瓶師の落語会で「広陵寄席」・・・一年に2〜3回の開催で、本日が12回目になるそうです。
 会場設営をスタッフの皆さんと一緒にしてから、昼食のお弁当を頂きました。スタッフの中には竹林師の高校時代の友人が・・・文五郎君の伯父さんだそうです。
 14時開演で「転失気」小梅・「明石飛脚」鉄瓶・「切符」梅團治〜中入〜「お花・半七」竹林・『座談会』竹林&鉄瓶&梅團治でした。
 終演後は、急いで後片付けをして・・・文五郎君の伯父さんの家へ行きました。文五郎君のお母さんも来ています。
 ここの中庭はバーベキューが出来るようになっていて、最近はピザ窯まで造ったそうです。それにビールはビールサーバーで注ぐというほど全てに凝っています。
 呑み過ぎ、食べ過ぎで苦しい。車で送ってくれる方が居るのが楽チン・・・まずは竹林師宅、続いて我が家の近くまで送ってもらいました。
 車を降りて、小梅と右左・・・自宅に帰ったら、すぐに蒲団へ入りました。意識不明状態で爆睡。

◎「広陵寄席」の高座にはこんな緞帳・・・奈良ですなぁ!◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.